投稿日:

チンポはもういい

乳首にはご主人様の

榎本先生、出さんでくださいね。この女、今日は結構危険日だ。素知らぬ顔で向井が言う。も、もっと、もっとして下さい。こ愉しまれて下さい。もっとおちんぼ様で紗友里のおまん急激にその力を失っていく男根を逃すまいとするが、それは逆効果で、手術によって改造された自分の性器は、むしろその動きによって力のないものは外へと押し出してしまうということを、この時紗友里は初めて知っ。ああ、抜かないでぇ。本心から嘆きの声が出てしまう紗友里だった。遙香のフェラに紗友里先生のおまんこのタッグの勝利ね。

うそぶ女秘書が嘯く。いやあ。もっとしてぇ。おまんこ、オマンコしてください、もっと。紗友里がお尻を震わせて言うのを見て、女秘書が大声で笑った。一一二0一0年九月三田村隼人私邸。どノーマルと言ってもいいくらい普通でしたわ。まあやたらと色々なところを舐めたがるので、あのお顔じゃありませんか、少々気持ち悪いという気もいたしましたけど、でも挿入の時は自らゴムもおつけになられました。し、特に大きくも小さくもなく、興奮なさっていたのか数分と持たずに発射されてしまわれました。

本当の奴隷女になってしまったのね……しゃがみながら高く掲げた尻は股間の奥がすっ


股間に手指を伸ばされました

もちづきあやの隼人の男根に舌をからめながら、そう報告する。女優の望月彩乃が、背中では、あの会談の時も同席していた牧野リサが、ゆるゆると円を描とがくようにローションまみれにした裸の双の乳房を押し付けている。尖った。乳首をその動作によって豊かな乳房の中に僅かに埋もれさせ、乳房全体を背中で押しつぶすようにしてくるかと思えば、少し離れてふたつの乳首のくすぐ先端だけで背中を擽るようにしてくる。それがなんとも心地よかった。女優の方ももちろん全裸である。今年の1月で四十歳になったという彩乃は、五年前にSM大河映画への主演という衝撃的な復帰以来、テレビドラマなどへの出演は全て断り、大作映画だけに、それも一部の友情出演を除いては年に1本か11本の主演だ。

下半身の状態は見えなくても

けをこなし、今や押しも押されぬ大女優の道を歩いていた。しゃがみこんで男根奉仕をする彩乃のすぐ後ろには、やはり女優で若い頃からはひと皮もふた皮も剥けて、名女優という域に入ってきていると世間では賞賛されているらしい葵依という女が、天井高くからの滑車に両足首をまとめて逆さに吊られ、マネージャーで葵依の実の弟でもある川越そらに、鞭をその背中やら乳房やらに容赦なく浴びせられていた。あおいかわごえくう赤い色の一本鞭が空を切り裂き、室全体に反響する。女優の体を激しく打ち据える音が、浴たわ鞭が当たる度にGカップあるという乳房が撓むのが、与えてくれる。隼人の目に刺激を天井の高さは三メートル近くあり、実の弟の鞭に打たれている葵依の両手は、括られることもなく、かといって床につけて自分の体重を支えることが出来るでもない状態で、鞭が身体を一閃する度に、上半身の揺れとともに、宙をつかむような動きをして苦痛に耐えていた。


調教師諸君にもたっぷりとボーナスはずむとするよ

ザーメンを待ち構える

いっせん弁護士の君塚の助言もあり、収監されていた刑務所の獄中で謎の自殺を遂げた、広域暴力団筆頭若頭だった梅田敏雄の秘密の私邸を買い取ったのは一昨年のことだった。無類のソープランド好きだったらしい、前家主の梅田敏雄自慢の浴室に、自動巻き上げ装置の付いた天井からの滑車を取り付けることを業者に指示したのは、リサだった。くつろ無論、裸の女を吊り、めにだった。ここで寛ぐ会長にこういったショーを見せるた。元はソープマットを三つ並べて敷けるようにしてあった広い空間のほぼど真ん中に、臭気防止のための天井までの仕切りの役割をしている透明なアクリルの円筒を設けており、女は全てこの中に入って用を足さねばならないというルールになっている。人が一人入れるだけの細い筒の中は、まわりの床より一段高くなっており、和式の便器を含めその全てが透明で何もかもが円筒の外の見学者に丸見えな。

股間をさらけ出している


股間にある赤い花びらの縁取りスリット

奴隷用トイレ。事実、女が和式トイレで排泄するポーズそのものに、いやそれよりはさらに脚を開いた状態になってしまうのだが、足首と膝を固定する枷もついており、しゃがんだ状態で手首も万歳の形に固定することも出来る。かせやはりリサが、ソープマット三つ分というあまりに広いスペースが勿体無いと、提案して設置させたものだ。ただし、これが完成した際、そこで浣腸排便を見せるこけら落しの役割を会長の見ている前で命じられたのは、ほかならぬそのリサで、自分自身が指示したこの円筒型という形状が、透明で外から同じように丸見えであっても、何故か四角いスペースよりもさらに羞恥を感じることを自らの身をもつて確認している。また、この場所では隼人の元妻である美樹が、十代の頃に今隼人が座っているのと同じような、女が身体をその下に入れて、座っている男の玉や尻の穴を舐めることが出来る。くぐり椅子。と呼ばれる椅子に、実際に入って梅田に奉仕していたこともある、とリサが教えてくれた。調教師稼業で培ったテクニックを駆使し

  • エッチには貪欲な恭子さんは
  • 処女喪失時の血が残っていた奈々の陰部は
  • オッパイと顔だけか