投稿日:

乳首をコリコリと転がす

調教の回を重ねるに連れ

素人くさい動きの男が脚立を堀に渡そうとしているのを見て浮かんだのはもう一度、しない?ここでやろう。終わりのはじまり哲次は軽いシェリーを持ち上げて抱きつくと、股間を触れあわせたまま、熱烈なキスをはじめたのです。恋人同士というよりも、快楽に熱中する新婚です。嫉妬します。心が痛くて、気が遠くなります。ここでしてもいいの?いいさ。わたしの回りを二人はキスしながら移動します。ぐぐう!そしてとうとう、ソファに彼女を押しつけ彼女がわたしの上に乗っかってきたのです。息ができません。そこに彼も乗ってきて、わたしなどいないかのように、二人はセックスをはじめました。
亀頭を覆っていた温もりが肉棒すべてを包みこんだ

オマンコの温かみと柔らかさを感じた

わたしに背中を押しつけた彼女。彼女の片足を上に持ち上げて挿入する彼哲次をこんな風にしてしまったのも、わたしなのでしょう。まじめで、ユーモアのセンスがあって、知性的だった彼の姿はありません。驚くほど金男に似ています。粗野で淫らで欲望を隠さない男。それが哲次の本質だったのかもしれません。彼女が体を反転させます。そのとき、クスコを掴み、体重をかけました。深夜に寝入った患者をレイプするなどということが

ミオのマムコもヌルヌルに濡れてきたこともあり俺はミオの両足を開いてティムポを挿入


がぐぐぐぐ。あら、ごめんなさい。笑っています。把手かとおもっちやった。後背位になって、哲次はさらに激しく動きます。早く終わってほしい。もう、こんなことはしないでほしい。ほうがいいぐらいです。ねえ、最後はお口で受けたいの。いいよ。こうなったら、離婚してくれた。信じられません。わたしは哲次とは体位をいくつか変えてセックスしたことはありますが、オーラルはほとんどなく、ましてそこでフィニッシュするなんて、一度もありません。
そんなものだ猛烈に激しいセックスをすればいいというモノでもない

勃起してしまった

あわてて洋子の口からペニスを抜いた
彼も要求しませんでした。シェリーはわたしに抱きつくように体を合わせてきて、頬をくっつけてきました。哲次がこれみよがしに彼女の口の中にペニスを入れていくのです。そして耳元でいやらしい音をさせます。彼女がこれほど巧みに、楽しそうにセックスするとは想像できませんでした。奔放な女性と見られがちですが、わたしの知る限り、とてもストイックでマジメな子だったのです。いくぞ。目をつぶりました。彼がシェリーの口に射精していくのが、精液の香りではっきりわかりました。
亀頭を圧迫した

愛撫されたら

彼女はすぐには口を離さず、丁寧にしゃぶりつくしています。そして、彼と離れて立ち上がると、わたしの頬を軽く叩きました。目を開けろというのです。見ると、彼女は口をクスコで開かれたわたしの股間に持っていき、笑いながらいま吸い出した精液と唾液をだらだらと、中に注ぎ込んでいました。妊娠しますよーに。クスコを揺すります。そのまま、彼のもので熱くなっている股間を、顔に押しつけてきました。陰毛をキレイに手入れしていて、柔らかな陰唇がきれいに見えるようになっている彼女が、濡れたその部分をわたしの鼻や目に押しつけてきました。
彼の股間で斜め45度以上の仰角でぷるんぷるんと揺れている欲望の器官をうやうゃこういう熟女の風俗嬢は

挿入する際に抵抗が少ないという利点があります

ペニスを抜かれた優子は指で万里の
あっ、あっ、あっ。カワイイ声をあげて、シェリーはわたしの顔でオナニーをしています。奥さん、かわいそう。縄奴隷なんて…。そして笑いながら、快楽をむさぼっています。そのぐらいでいいだろう。と哲次が言います。そうね。なわみさんの鼻が潰れたらいけないわね。やっとおりてくれました。顔中に彼女のニオイが残りました。ボールギャグがようやく外されました。

投稿日:

処女喪失の感慨よりも

股間を両手で抑えていたので

人妻に聞かせないと言うアピールで
肉棒をつまんで前を向かせた

スカートとパンティの布越しに、何度も尻が跳ねた。ううっ!尻肉を強くねじられ、ビク。ビクンとああっ、痛い!ひぎぃっし尻の痛みは感じる。痛いものは痛い。でも尻たぶに痛みが走るたびに、ローターの快感がより深くなる。KEに指先が突きたてられるごとに、乳房から濡れた音が響く気がする。ああのときと、同じだわ…胸責めの快楽と尻責めの苦痛を同時に与えられる理紗の脳内で、前の駅前トイレでの、処女強奪の記憶がフラッシュバックした。
膣痙攣よ

ペニスにすりつけるようにしてせつなげな鼻声を洩らす

痛いのに…今も、痛いのに…。よし、次の車両へ行くぞ!一週間尻に、強く平手打ちを受けた。はひぃぃぃぃっ!摩擦音を鳴らせた。衝撃で呆然とす。理紗は頬をガラスにこすりつけて、るまま、また右腕を引かれて、次の車両の前へ引きずられる。あっ、お願い、待って、わたしはまだ。非情な自動ドアが開いた。おおおあ、理紗の言葉を無視して、指か理紗へとよがり声を呑みこむ。

チンポキリオトシタ

そのポーズが、あわてて左手で口をふさぎ、らはみでる赤く染まった頬が、また111両目の乗客たちの視線を、誘った。ああ、集まってくる視線が、うう、痛いわ…。尻打ちの直接の痛みと変わらない、精神的苦痛が全身の肌を貫いた。胸で蠢くローターの存在は、外見ではわからないと知っていても、乳首に集中する視線の束を感じてしまう。んっ、ううう…うむ。左手を離した唇から、熱い吐息があふれる。
チンポは少し固く

調教師だから

誰が見ても、わたしはおかしく映っているはずだわ…。それでも誰一人として声をかけてこないのは、日本人の特質だろうか。理紗は好奇の目を集めながら、通路を歩みつづけ、またドアから連結部へ出た。背後でドアが閉まるのと、理紗が床に両脚を折り、両手を床に着けてうずくまるのは同時だった。もう、もう無理だわ、はああ、これ以上は、我慢できない、うんんっ!

広げたタオルで股間を隠した
オマンコは奥までハマッた極太ディルドゥをくわえたまま離そうとしませんでした

膣上壁を巧みにえぐられた睦美さんは

芙蓉子にはこのような子供がセックスを求めること自体が理解できなかったのだ我慢できないというのは、理紗先生はまた乳首を責められただけで、あさましくイクということかな小刻みに震える丸い背中に、喜四郎の下卑た笑いをはらんだ声が降ってくる。ぼくの巧みな痴漢の指の技じゃなくて、ただ震えているだけの機械に責められて、イッてしまうんだ。ら、違うわーはああっ、んつぅぅ。理紗は首を背後にひねり、言い返そうとする。だが胸から湧き上がる快楽の大波に呑まれて、まともな言葉を失った。恥知らずな乳房絶頂へと駆け昇る肉体を、押しとどめることで精いっぱいだ。
たちまち乳首がツンと尖ってきます妻が本格的に感じてきた合図です

これによりまた石黒の勃起は復活

すばらしい。真面目で意志が強いくせに、ものすごく淫乱な身体の理紗先生が、ますます大好きになるな。本当に、ぼくの理想の女教師だ。称賛の言葉が、理紗の様々な負の感情をかきたてる。それすらも燃料にして、胸が駆け足で熱量を増やしていく。残念ながら、全車両を縦断するのは、無理のようだな。しかたがない。そろそろ最初の停車駅だ。次の一両を通り抜けたら、駅へ降りるから、感謝するんだな恩着せがましい不条理な言葉を聞かされて、理紗は安堵するしかなかっそれでも自分から立ち上がれない。

投稿日:

亀頭を覆っていた温もりが肉棒すべてを包みこんだ

それは希望が勝ちすぎている気がする一日目はオナニーを強要された

その間も彼のペニスは
アナル棒に過ぎないということもだ

眉の色は反対に薄く貢の横に立ち、頭を貢はショートパンツが食い込んだお尻の割れ目を見られているようで、気になって腰をひねろうとした。尻溝に指を差し込まれた。あうっ。アナ»から固い尾骨のあたりまでなぞり上げられた。貢は一瞬つま先立ってお尻を引っ込めた。志摩子ほどではないが、ナースの野川沙貴にもS女的な貫禄のようなものがあって、貢は抵抗できなかった。沙貴の白衣は初診のとき着ていたものではなく、生地がもっと薄い真新しいものに変わっていた。ポケットで生地が二重になっているところ以外は、下着が曖昧だが透けて見えている。
アナルストッパーが

尻から太腿にかけて大量のお汁と精液でドロドロだ

腰骨のピンと張ったところではショーツラインが明瞭に現れていた。前回のアダトナース服とはまたひと味違うエロを感じさせる。貢は羞恥と緊張を強いられる状況にもかかわらず、薄い白衣を身に付けたナースの悩殺ボディに戸惑いを隠せなかった。さあ、その可愛いショートパンツを脱ぎなさい。豪華な肘掛け椅子に座っている志摩子が、貢の顔を見上げて命じた。

亀頭に真っ赤な唇を被せた

貢はひっと息を呑む。今穿いているのは恥ずかしいシースルーブリーフだ。白衣に身を固めた三人の美女の前で、おずおずとジッパーを下ろしショートパ。ツを脱いだ。まあ、こんなもの穿いてきて!オチンチンが透けて見えてるじゃない。やらしい子ねぇ。志摩子がオレ。ジ色のシースルーブリーフに眼を見張った。表面にパンツの線が出ないのは、このトランクス型のしかなかったんで貢は咄嗟に誤魔化した。
クリトリスが熱を持っているようで

しかもニットの編目から素肌も下着-白いブラジャーのカップも透けて見える

すると、志摩子の貢を見る眼がその誤魔化しを嗤う意地悪でいやらしい眼つきになった。クス型のすそはゴムが入っていないため、確かにそのラインが出ないが、男の子でそんなことを気にするのも奇異だし、スケスケを穿いてきた言い訳にはならない。貢が穿いているブリーフはポリウレタンを多く含む生地でフィット感にすぐれている。しかも中心に縫い目が入ってそこが尻たぶの間に深く挟まるため、お尻の丸い輪郭がはっきりと現れていた。志摩子は化繊の生地を通して心地良い手触りを味わうように、貢の尻たぶを手の平で何度も撫で回した。この丸いカーブ、ゴム毬みたい。こんなまん丸いお尻の男の子はまずいないわね。

もう指はやめて早くチンポを入れてくださいってことだろ
オーガズムの締め付けに

調教をお受けするのが良いのか

乳首が現れるそれにしてもおちんぼもお尻の割れ目も丸見えのパ。ッってエッチねえいか、触診して調べますよ。さーて、こういうブリーフが身体の、特に泌尿器に影響がな志摩子の貢を見る眼も、喋り方も淫らになってくる。すでに抵抗する意志を失っていた貢は何も言えないまま、脚を少し開かされて、股間に手を入れられた。細い指先で陰嚢からペニスまで撫で上げられて危うく勃起しそうになった。
表情を観察しつつ挿入を加減している局所麻酔もしていないので

下半身に届かないもどかしさ

ああう。そんな、何度も撫でられると…ひい!執拗にペニスと陰嚢を指先で撫で回されていく。貢は弱々しく声を漏らし、肩をビクッと震えさせた。沙貴さん、貴女は貢ク。のペニスが何か大きなものに当たったときどうなるか、お尻で触診してみなさい。志摩子は正当な検査であるかのように装うが、お尻で触診など到底まともな検査とは思えない。

投稿日:

オマンコを被せていくわよ

下着に包まれた淫らで豊満なカラダを隠していようとは

太い腕が、見事なパワーを発揮していた。電流に合わせてケイレンする不気味な振動が、手にした姿見越しに伝わってくる。ほら、よっ。どさりと、家元の身体が転がる。家元の手から、黒ずんだ血が噴き出している。もちろん、リキが知るはずもないが、家元が着ているのは辻が花だ。その、超高級な着物の袖を、遠慮無く破くと、血まみれの両にグルリと巻き付けてやった。

  • 同時にまるで男の愛撫を受け入れるかのような色っぽい反応を示す
  • ペニスの快感が研ぎすまされていく
  • 下着も脱げ

それよりも何かの弾みでクリが刺激されて気持ちいい事を発見してオナニーするようになおそらくは、世界で最も高価な。を巻き付けられた、家元は、感謝をするどころか、苦痛にのたうつだけだった。さてと、どうせ、客のリストは、オマエしか持ってないんだろ。出してもらおうか。…あら、やだ、私が、リストなんてものを管理するわけ無いじゃない。総ちゃんがやっているわ。いや、それはウソだ。オマエは、自分しか信用してないはずだ。ホームページの写真なら部下にやらせるかも知れないが、客の情報は、オマエにとって大事らしいからな。アキのアソコに指を二

 

人差し指と中指の付け根で乳首をつまむようにしながら

知らないわ。ふん、あの釘、まだ、電気が流れているみたいだな。え、きゃ、やめなさいよ、ちょっと。さ、あそこに投げ落とされたいか?それとも、足を持って、顔から落としてやろうか?ちょっと、あんた、刑事でしょ。刑事が拷問をするつもりなの。刑事?なんのことだ?女房を、散々オモチャにされた、哀れな亭主なら、ここにいるがね。さ次は、電流が流れ放題だ。オマエが死ぬか、電源がショートしていかれるか。
白い下着を扱き降ろすと
三人は同時に芙蓉子の下半身をのぞきこんだ
ま、設備がチャチだと良いな。きゃあ!いやーやめて、話すから!話せばいいでしょ!いや、話してくれない方がおもしろいぞ。どうせ、ブツはここにあるんだ。オカマに電気とは相性が良い。オマエが電気ガマになっている間、ゆっくりと探させてもらうよ。リキは、軽々と、家元の背中と腰を支えて、頭の上に持ち上げている。ヘタに身をよじれば絨毯の上に落ちてしまう恐怖が、家元の身体を硬直させている。

 

M字開脚に緊縛されて愛液を垂れ流し

やめて、お願い。お願いよ、話します、話させてくださいね、女達の催眠を解く、キーワドも話しますから、お願い!催眠を解く?そう、女達には、催眠を施してあるの、ね、それを解くから。ね、だから、降ろしてよね、お願い、女達の催眠を解きますから。鼻で拒絶したリキではあるが、しかし、家元を頭上に持ち上げたまま、その腕は、ピタリと止まったまま、思案の顔になる。天守閣の窓から見える、塀の向こうの世界。リキにとっては見慣れた赤色灯の点滅が、見たこともないほど無数に、門の外を埋め尽くしているのが目に入っていたのだ。山鹿逮捕カンカンに怒った山鹿が、次々と連れ出される男達をかき分けるように入ってきた。

クリトリスから生まれる愉悦だけでなく

実は、次々と。から連れ出される男達を見て、一瞬、山鹿もひるんだのだのだ。だが、内心ビクビクしながら、しばらく見つめていたが、家元も、緒方も、松本も、誰一人知った顔は出てこない。なるほど。さすがだな。ちゃんと、上の連中は逃げたと見える。ということは、証拠は、ちゃんと隠してあるに違いない。ま、今からでも、握りつぶしてやれば、また、連中に顔が利くぞ。