投稿日:

チンポはもういい

乳首にはご主人様の

榎本先生、出さんでくださいね。この女、今日は結構危険日だ。素知らぬ顔で向井が言う。も、もっと、もっとして下さい。こ愉しまれて下さい。もっとおちんぼ様で紗友里のおまん急激にその力を失っていく男根を逃すまいとするが、それは逆効果で、手術によって改造された自分の性器は、むしろその動きによって力のないものは外へと押し出してしまうということを、この時紗友里は初めて知っ。ああ、抜かないでぇ。本心から嘆きの声が出てしまう紗友里だった。遙香のフェラに紗友里先生のおまんこのタッグの勝利ね。

うそぶ女秘書が嘯く。いやあ。もっとしてぇ。おまんこ、オマンコしてください、もっと。紗友里がお尻を震わせて言うのを見て、女秘書が大声で笑った。一一二0一0年九月三田村隼人私邸。どノーマルと言ってもいいくらい普通でしたわ。まあやたらと色々なところを舐めたがるので、あのお顔じゃありませんか、少々気持ち悪いという気もいたしましたけど、でも挿入の時は自らゴムもおつけになられました。し、特に大きくも小さくもなく、興奮なさっていたのか数分と持たずに発射されてしまわれました。

本当の奴隷女になってしまったのね……しゃがみながら高く掲げた尻は股間の奥がすっ


股間に手指を伸ばされました

もちづきあやの隼人の男根に舌をからめながら、そう報告する。女優の望月彩乃が、背中では、あの会談の時も同席していた牧野リサが、ゆるゆると円を描とがくようにローションまみれにした裸の双の乳房を押し付けている。尖った。乳首をその動作によって豊かな乳房の中に僅かに埋もれさせ、乳房全体を背中で押しつぶすようにしてくるかと思えば、少し離れてふたつの乳首のくすぐ先端だけで背中を擽るようにしてくる。それがなんとも心地よかった。女優の方ももちろん全裸である。今年の1月で四十歳になったという彩乃は、五年前にSM大河映画への主演という衝撃的な復帰以来、テレビドラマなどへの出演は全て断り、大作映画だけに、それも一部の友情出演を除いては年に1本か11本の主演だ。

下半身の状態は見えなくても

けをこなし、今や押しも押されぬ大女優の道を歩いていた。しゃがみこんで男根奉仕をする彩乃のすぐ後ろには、やはり女優で若い頃からはひと皮もふた皮も剥けて、名女優という域に入ってきていると世間では賞賛されているらしい葵依という女が、天井高くからの滑車に両足首をまとめて逆さに吊られ、マネージャーで葵依の実の弟でもある川越そらに、鞭をその背中やら乳房やらに容赦なく浴びせられていた。あおいかわごえくう赤い色の一本鞭が空を切り裂き、室全体に反響する。女優の体を激しく打ち据える音が、浴たわ鞭が当たる度にGカップあるという乳房が撓むのが、与えてくれる。隼人の目に刺激を天井の高さは三メートル近くあり、実の弟の鞭に打たれている葵依の両手は、括られることもなく、かといって床につけて自分の体重を支えることが出来るでもない状態で、鞭が身体を一閃する度に、上半身の揺れとともに、宙をつかむような動きをして苦痛に耐えていた。


調教師諸君にもたっぷりとボーナスはずむとするよ

ザーメンを待ち構える

いっせん弁護士の君塚の助言もあり、収監されていた刑務所の獄中で謎の自殺を遂げた、広域暴力団筆頭若頭だった梅田敏雄の秘密の私邸を買い取ったのは一昨年のことだった。無類のソープランド好きだったらしい、前家主の梅田敏雄自慢の浴室に、自動巻き上げ装置の付いた天井からの滑車を取り付けることを業者に指示したのは、リサだった。くつろ無論、裸の女を吊り、めにだった。ここで寛ぐ会長にこういったショーを見せるた。元はソープマットを三つ並べて敷けるようにしてあった広い空間のほぼど真ん中に、臭気防止のための天井までの仕切りの役割をしている透明なアクリルの円筒を設けており、女は全てこの中に入って用を足さねばならないというルールになっている。人が一人入れるだけの細い筒の中は、まわりの床より一段高くなっており、和式の便器を含めその全てが透明で何もかもが円筒の外の見学者に丸見えな。

股間をさらけ出している


股間にある赤い花びらの縁取りスリット

奴隷用トイレ。事実、女が和式トイレで排泄するポーズそのものに、いやそれよりはさらに脚を開いた状態になってしまうのだが、足首と膝を固定する枷もついており、しゃがんだ状態で手首も万歳の形に固定することも出来る。かせやはりリサが、ソープマット三つ分というあまりに広いスペースが勿体無いと、提案して設置させたものだ。ただし、これが完成した際、そこで浣腸排便を見せるこけら落しの役割を会長の見ている前で命じられたのは、ほかならぬそのリサで、自分自身が指示したこの円筒型という形状が、透明で外から同じように丸見えであっても、何故か四角いスペースよりもさらに羞恥を感じることを自らの身をもつて確認している。また、この場所では隼人の元妻である美樹が、十代の頃に今隼人が座っているのと同じような、女が身体をその下に入れて、座っている男の玉や尻の穴を舐めることが出来る。くぐり椅子。と呼ばれる椅子に、実際に入って梅田に奉仕していたこともある、とリサが教えてくれた。調教師稼業で培ったテクニックを駆使し

  • エッチには貪欲な恭子さんは
  • 処女喪失時の血が残っていた奈々の陰部は
  • オッパイと顔だけか
投稿日:

オナニーを禁止されてるのにクスリのヌリヌリで気をやってしまいそうになり

ペニスを握った手をとがめるように動かされた

男子生徒の前で女の子の下半身を丸出しにするよう小川先生の忠告も真実味を事実、自分までとばっちりで乳房を揉みまくられてしまったではないか。輪姦の洗礼…まさか。真澄が困ったようにつぶやいて、窓の外に遠い目を向けた。二·目撃しばらくは何事もなく過ぎた。覚えるべき事が多すぎて、何かが起こる余裕なんかなかったという方が正しい。そしてようやく受け持ちクラスの生徒たちの顔と名前が一致し、師たちとも肩の力を抜いて雑談出来るようになった頃。そろそろ生活指導の事も考えなくちゃ。先輩教小川先生に頼まれた採点作業の手を休めて、真澄はクラスの問題児の顔を思い浮かべた。

  • それでも言いつけに従って黙々とフェラチオをしなければならない
  • 下着を自室に隠していたのだから
  • ペニスへの卑猥な責めがさらにエスカレートしそうで恐くなった

コーチのエッチなオ0コにいっぱい入れて落ち着きのない生徒、素行不良の生徒、そしてかなりの比率を占めるスカート丈が短すぎる女生徒たち小川先生に言われた郷田美由紀はその中に入っていなかった。何を考えているのか分らない不気味さはあるが、観察した限りでは特に問題があるとは思えなかったからである。そうだ、体育館の裏口の鍵…。真澄は朝礼で施錠忘れに注意するよう言われた事を思い出した。今朝は、体育館の裏口ドアが開けっ放しになっていたらしい。時計を見ると、下校時間を二時間ほど過ぎていた。乳首に針刺したい

 

拘束を少しだけ緩めたという訳だ

確認してこなくちゃ。真澄は立ち上がって伸びをすると、職員室を後にした。スーツは胸と尻が目立ちすぎるとの忠告を受けて、深緑のゆったり目のワンピース姿だ。ただ、そのままではずんどう体型をごまかしているように見えてしまう点はどうしても妥協出来ず、ベルトでウエストを絞っていた。その結果、スーツの時と比べて乳房の揺れが目立つようになっただけだったが、本人にとってはいつものことなので、あまり気にとめていな乳房は動けば揺れるもの。それが中学時代から大きな乳房と付き合ってきた真澄の。なのである。
ザーメンと千恵利の体液でヌラヌラと妖しく光る
もちろん熱烈なフェラチオを含め
ありゃ、犯られるわ…。横目で真澄の後ろ姿を見送りながら、小川先生が肩をすくめた。よし、閉まっているわね。真澄は体育館の裏口ドアのノブに手をかけて、施錠を確認した。他の箇所も確認しておこうかなついでに渡り廊下でつながった校舎も回っておくことにする。広い敷地だ。戻ってきた時にはゆうに三十分は経過していた。見ると、確かに閉まっていたはずの体育館の裏口ドアが開けっ放しになっていた。あれから誰が来たのだろうか。こんな時間に。

 

下着が曖昧だが透けて見えている

真澄はドアをくぐって薄暗い内部に足を踏み入れた。電気が点いてる…真澄は狭い階段の上を見上げた。体育館の裏には、倉庫と準備室がある。それと、11階に体育館を見下ろせる小部屋と。悲鳴!?確かに二階からくぐもった女の声が聞こAえた。んーっ。くうつ。とか、口を塞がれた状態で上げる声だ。人気のない場所。

それでも彼女は決してペニスを離そうとしない

悲鳴状況的に誰かが襲われているとしか思えない。緊張で心臓が高鳴り始める。…放っておく事は出来ないわ。私は教師なんだから。尻込みする心を叱りつけ、足音をひそめてゆっくりと階段を上がる。狭い階段は直接小部屋とつながっているので、床ぎりぎりの目線で室内を窺う事が出来た。室内側から見れば、階段から頭を半分出した形だ。

投稿日:

パイパン好きだそうですから

張り詰めた亀頭を撫で回したり

くらいは入れられることがあっただろうが、男根を入れるとか似たようなサイズの擬似男根な有香は、看護婦に指どを入れられるということもされていない筈だ。つまりは、初めての肛門性交。それを女性器に一本入れた状態の二本刺しでされるのだから、梨乃が絶叫するのも無理はな梨乃は四つん這いだが、自分は今正座をして、客席から立候補してきた男性のものをフェラチオしている。もういつでもスタンバイ可能な状況で、司会者が監督からの指示を待っている。ようだ。そのために、梨乃の声はすぐそばから聞こえてくる。やめてやめてやめて、抜いて、もう抜いて。ん有香は男の男根を追い込み過ぎぬよう、舌先での舐め奉仕をメインにしているが、男は、いわゆるこちらの会員なのだろうか。

手加減しているとはいえ、百戦錬磨とまで言われる有香の口舌奉仕にも余裕が感じられ、自分から腰を動かして有香の喉も味わったりしている。主役が梨乃である以上、梨乃のアナルファックが一段落しないと自分は待たされるだろう。ヨシ、先っぽは全部入ったぞ。カズが言った。いや、いや。無理1つ。動かさないで。カズ、いつイッてもいいから、ガンガン突いてやりなさい。ないわ。サミー、梨乃の腰がっちり押さえつけて。

ペニスの検査もありますから


フェラチオの動きが鈍くなってきた

痛いい。さあ、ママもおまんことお尻に頂いていいわよ。泣いたって喚いたって構いはし女の声に、客席から上がった男はそっと有香の髪の毛を掴み、男根からゆっくりと引き剥がす。じゃあ、横になるから。それにしても上流階級ご夫人のフェラチオがこれほどのテクニックとは、感服しましたよ。と、男は耳元にそっと囁いた。どうやら自分が梨乃の母親ではなく五十嵐有香だと知っている口ぶりだった。有香は男の男根に手を添えて、それを自分の中に導びき、最奥まで呑み込んだのが確認出来たところで、キュッキュッと腰を小さく動かして、歓びを示してやった。

レイプされる……

ボブのように簡単に逝かれてしまっては場も興ざめだろうから、それ以上の動きは慎む。すぐにお尻にも男根が当てられてくる。先ほどまで梨乃の口を犯していたものだとは思うが、カズのものが収まったというところで気配が消えていた。だが、それは少しも衰えておらず、一気に有香の肛門を貫いてきた。久しぶりの同時二本刺しだ。ふたりの男根でそこがパンパンに満たされる。ふぅっ。入りきったところで、ため息が漏れる。


お尻の穴に何か

浩介には亜希子の下着姿を見てみたいという気持ちもあった

男達の方は、お尻に入ってる方だけをピストンしてくるが、有香は耐えられず腰を上下させてしまう。あつ、おちんぽさま。それでも半分はビデオのサービスのためのつもりで言ったのだが、くすぶ自分の言葉によって燻っていた火が一気につき、腰の動きが速くなってしまう。抜けないように一生懸命リズムを合わせてくれているのがわかった。後ろの男の方は、もう、おー、逝きまーす。隣でカズが大声で宣言をする。斜め前から腰を梨乃の尻に打ち付ける音が派手に聞こえてい。

股間舐めは続けられ


マン汁を出したらええんや

サも動いていいわ。いやいや、ほんとに壊れるう。こおまんこ逝く。おまんこいい、気持ちいい、壊れちゃうぅああん。お、おまんカズが射精して、黒人男根の動きが加わったのだろう。明らかに梨乃の声のトーンが変わっ二ヶ月ほどの日々の調教は、やはり梨乃をすっかり女に成長させている。かごくごく自然に、そして当然のように口にするようになっていた。オナニーを禁止されてるのにクスリのヌリヌリで気をやってしまいそうになり

  • デカチンを猛り狂わせたアイツが
  • ずおずと指を股間に導いていった
  • 巨乳が
投稿日:

アナルストッパーが

エレクトしているペニスを疼かせた

亀頭から逃れようと身体をよじるオトコは誠実そうな態度のまま、硬い表情になった。あ、申し遅れました。私、ラブ·マタニティ·クリニックの検査技師、木です。桜自分の通うクリニックの名前を出されて、のだ。あら、病院の方だったの。ごめんなさい。香奈は、あっけなく了解した。自宅にいつの間にか、人が入っている。それなりに不安を感じていた香奈も、一気に安心だ。
右指で股間の鋭敏な尖りをそっと撫であげる心地いい甘美な電流が背筋を走り抜けた瞬間

下半身には目もくれず

だって、悪い人じゃなさそうだったけど、病院の人なら、安心よね、安心?あれ?何で病院の人が?ひげ面でもなければ、バールのようなモノも持ってない。おまけに黒い鞄は持っていても、唐草模様の風呂敷も持ってないんだかそれなりに不安はあっら、泥棒さんじゃない、たのだ。と決めつけていた香奈も、ところが相手がかかりつけの病院の人だってこと。それならもう安心だ。と香奈は思ったのだ。言われてみれば、いかにも医者が持っていそうな大きなバッグだ。膣口表面に覗けてギザギザして見える

ペニスも睾丸もね


あら?でも、今日はいったい何か?定期検診なら昨日行ったはずだったのに。ひょっとして、忘れ物でも届けてくれたのかと、自分がしてそうな忘れ物を、思い出そうとしてしまう。あら?でも、この人、事務の人じゃないし。改めて男を見ると、見覚えがない。香奈は、のんびり屋ではあるが、こう見えても、記憶力は確かなのだ。しかし、この男を見た記憶がなかった。ひとつ、首をかしげる香奈。
アナルストッパーが

さらに武志はバストを口で愛撫しながら

お尻の穴が
あれ?お医者様じゃないし、事務の人でも見たことないし…。医師でもなく、桜木と名乗る男は。ケンサギシ。ケンサギシ。と名乗っていた。香奈が、自問を続ける前に、桜木は、ひょいっと、言葉を出してくる。先日、来院なさいましたよね。え、ええ。そちらで、お小水を検査なさいましたね。何で、そんなことを知っているのか、と一瞬思ったが、ここで、ケンサなんとか。と名乗ったことを思い出したのだ。ああ、ケ。
いまにも達しそうな声をあげて身悶える須賀は片方の手で乳房を揉むと同時に指先で硬く

ローションを取り上げます

サなんとかって、あの、検査する人のコトね。相手が相手がさっき言ったこともハッキリ覚えていられないボケようであるが頭は悪くないのである。ケンサという言葉が、ようやく頭の中で。と変換された。大変申し訳ないのですが、その時の手落ちがございまして。桜木が頭を下げつつ、すまなそうに切り出してきた。
子宮がしきりに訴えていたのだ

イラマチオで口を塞いでやっているのだが

セックスしてますよ
え?な、なにか?!えぇっと、その時、お小水のことは医師から何も?順調ですって。やっぱり。相手が深刻そうな顔をするから、何かあったんですか。思わず、香奈は引き込まれた。検診で異常を言われたことはない。いくら香奈でも、自分のことならともかく、お腹の子どものことは、なによりも心配して当然だった。いえね、実は、インフルエンザがですね。あら、怖い。インフルエンザが、どうしたんですか?えっと、お小水を調べた結果、奥様は、と言うか、お子さんがインフルエンザに感染している疑いがあるのを、見逃しておりまして。今度の、フルエンザは、特異的に妊婦の死亡リスクがハイである。

投稿日:

男根奉仕に精を出している

クリトリス包皮をめくられる真澄の顔が引き攣る

ツンと尖った乳首にこそ
ペニスとなっている

またしても拍手が起こり、スポットライトの輪が五つ、らし出した。それでは、というリサの言葉を合図にして、ステージに吊された五つの女体をまばゆく!向かって一番左側、ひとりだけ全裸の女は米倉の妻美樹だった。ほう、と無意識のうちに声を出して米倉は言った。もちろん聞かされてもいなかったが、いちいち企画をしている寒河江にしろ美樹本人にしろ米倉に言ってくるというものでもないのは、まった事ではない。今に始二番目が迷彩色の軍服上下を身につけた麻美。
尻をあげると

オーガズムを求めてうねる

三番目の娘は入って間もない娘で若手のハンターが連れて来たまだ十七だかの現役高校生。米倉はまだヌードも見ていないのでこれも楽しみだ。スポットライトの中で多分学校の制服そのまま、濃紺のブレザーに襞スカートという清楚な服装、それに五人の中で唯一赤色の布で目隠しをされていた。四番目が白のセーラー服に紺色のリボンとスカートをつけた乃里子、最後が上半身裸で股間につけさせられている赤いふんどしがライトアップでやたらと目立つ、例の元人妻加奈だった。くく全員同じように両手を頭上高く括られ、ていた。

淫楽の熱波が子宮の奥へ螺旋状に注ぎ込まれていく

ほとんど爪先立ち状態で吊され数分間の後、スポットライトは突然に消えてステージは暗転し、またリサの声だけが聞こえてくる。それでは最初に入札までの流れをご説明します。これからひとりずつ奴隷たちをみなさまに検分していただくわけですが、女の体は、若いお嬢ちゃんは特にですが、こういった刺激的な環境におりますと変化の激しいものです。ひとりずつ、身長体重はもとより、スリーサイズ、特にバストはトップとアンダーも計ってブラジャーをつけさせた場合にどんなサイズになるのかという計測をして本日の生のプロフィールを、その他の経歴や経験値などとともに皆様にお知らせいたします。その後、ひとりずつ性器検査台にて性器と肛門をお見せします。
ペニスをつまみ

奴隷としての適当な罪が押しつけられ

お見せしますと申しますか、ご希望される方はステージ上で指などで検分していただくことも可能です。もちろんおっぱいの弾力などを調べたりしていただいても結構ですが、時間の都合もございますので、ステージに上がれるのはおひとり1回までとさせていただきます。なお、当クラブを普段ご利用いただく時と同様、奴隷全員の身分証明書もお見せいたしますし、デジタルカメラであれば写真も撮っていただいてかまいません。ただ、その場合必ずお帰りになる前に撮影されたデータのコピーを頂戴いたします。万一撮影された写真が一枚でも流出した場合は、会員資格は即抹消、かつ違約金を頂戴することはご入会時の契約だも書いてある通りですのでご留意下さい。

亀頭が子宮口に揺さぶりをかけていた
真菜の股間にしゃがみ込み

膣に中指を全て入れて第二関節を曲げてあたる膣のE部周辺に存在するコイン程度の範囲

ローションの意味がなくなる程でしたさら奴隷たちは、会員には本名はもとよりあらゆるデータを晒され、フラッシュを焚かれ目をそらす事さえ許されない状況であらゆる恥ずかしくて参めな記録をも残される。ただしそういった本人情報やその撮影された写真が会員から漏れた時にはリサが今言ったような、違約金程度で済まないことは言うをまたないが、現在までのところこういったショーや普段のプレーの時に会員が撮影した写真が外部に漏れたという事実はない。デジタルカメラが急速に普及してきたおかげで、簡単に撮影したデータそのものをパソコンのハードディスクにコピーしてデータベース化することができるようになり、万一流出があった時にはその元データを誰が撮影して持ち帰ったのかはすぐにわかる。またこういったデータベースや会員の個人情報などは、USB指紋認証装置のついたスタ。ドアローンのワークステーショ。で管理しており、組織の側からの機密漏洩の危険性もない。
乳首ギリギ切なさと

ペニスをギュッと握りしめた

五名の生の体を充分検査していただいたところで、最後に競りにかけるわけですが、ひとりずつ競っていくわけではなく、後ほどお配りする用紙に奴隷全員の金額を入れて提出していただきます。食指が動かない子にはゼロ円で出していただいて構いませんし、参加される意志のない方は全員にゼロと書いて出していただいて構いません。なお参考までに後ほど過去二回の落札価格などもお知らせいたします。それでは早速はじめさせていた。だきます。リサの言葉を合図にステージ全体に灯りがいきわたり、吊された五人の前ど真ん中にリサが性器検査台と呼んだ赤い開脚椅子、右はじの加奈の横には身長と体重を計るための台が置かれ、その前にメジャーを持った赤いチャイナドレスのリサが進み出る。ステージ上は赤い色をアクセントとして統一しているといえる。