投稿日:

首筋が引浩介は双方の乳首を交互にしゃぶりたてていく

バイブレーションが沁みこむ乳房と反響して

乳首を舐めさせれば
そろそろチンポ入れてやりなよ

よーし、だんだん上手になってきたね。赤岩の指が口の中に入り、先端をつまむと、今日はちょっと変えましょう。あすーっと縄を通されはす。長く引っ張り出されて、縛られました。こっちを引っ張ると。ああ先端を乳首に巻き付けます。細い縄で乳首が絞首刑のようにくびれ鼻の粘膜が擦れ、乳首が引っ張られる…。お客様たちが笑うのが悲しいのです。こっちも。左右の鼻に別の縄が通されて、それぞれに乳首に縛り付けるのです。
表情を観察しつつ挿入を加減している局所麻酔もしていないので

ペニスを舐めまわしたり咥えてしごいたりしているとますます興奮し欲情してきたらしく

こうしたらどうなるかな?しぼ鼻のところで二本の縄を交差させ、絞り上げます。ふぃぃぃぃ。乳首がちぎれそうになります。みっともないでしょう。読者モデルまでしたことのある人妻が、になっていますね。こんな荒れ地で、すごいことすぐに緩めてくれましたが、悲しすぎます。風もあるので、みなさんがいつシャッターを切っているのかわかりません。

それをペニスをくわえた美和子はせつなげな鼻声を洩らして顔を振りながら

次はこっちです。金男と赤岩に体を倒されて、スニーカーを脱がされ、足に縄をかけられます。股間が剥き出しになります。十一のレンズがあちらこちらから、わたしに向けられています。草原の上で、なにも下には敷いてくれません。肌で枯れ草を感じながら、すねもも脛と腿を折りたたみ、きっちりと編み上げるように縛られました。縛られるのです。金男がわたしの背中から抱えるようにして、体を起こしました。
男のペニスが大きく膨らみ

瞼の裏に男のものを勃起させた筋肉質の裸体が浮かんできた

うぐううう!足は自由にならないのですが、すもうそんきょお相撲の蹲踞のように、つま先でしゃがんだかっこうに立たされます。こうしてみましょう。赤岩が鼻の縄を持ち、離れたところに立ちます。縄が徐々にぴーんと張られます。口から出て乳首につながる縄は開口器のせいで、わたしにはコントロールできないのです。あうう。さあ、なわみ。散歩だ。しゃがんだまま、ヨチヨチと歩かせようというのです。ひどいのです。ただのモデルではなく、金男と赤岩に責められているところを自由に撮影さ金男の持っている暗い欲望と赤岩の嗜好は、掛け算のように残酷な方向へ進んでいくのではないでしょうか。

下着を剥ぎ取られて無理やり股を開かされ
西川先生のオナニーの件を

可愛いフェラ顔しているのに

猛った肉棒で恥ずかしい部分をかきまわしてほしいこの荒野でなにをされるのか。まったく聞かされていません。夫の許可が出ている以上、二人はわたしを最低限、子どもが産める体に保ちさえすれば、あとはなにをやってもいいことになるのです。あううぅぅ。粘膜を擦られ、必死に歩きます。タイミングが合わないと、強烈に乳首を引っ張られることになります。右、左と体を方向けながら、裸足で荒れ地を歩く姿は、どんな風に映るのでしょうか。
男のペニスが大きく膨らみ

芙蓉子は眼の前にいる少年の奴隷になる決心をした

もっと、おっぱいを揺すって歩けよ。と金男に言われます。そうだ、股も開いて歩くんだ。赤岩も手を緩めません。風が冷たいのに、あっという間に汗が噴き出てきました。もう一周お願いします!参加者の声に押されて、必死に歩かされました。ポルチオ縄奴隷としての撮影会。それも野外空は曇っていて、薄寒い風が吹いています。ときおり鳥の鳴き声がするぐらいで、あたりは静かすぎるほどです。

投稿日:

私とのセックスは

さっき射精したばかりなのに

奴隷ならそれらしくていねいに頼まんかあん、いやぁ。これじゃあ速く動けない。万里子、夏美がのろのろするようなら遠慮なくケツをぶて。夏美の尻には、まだ比較的新しい鞭の痕がたくさんついている。今日も何人かの会員に責められてきたのだろう。反応がますますよくなったと評判を得ているときく乃里子に尻を平手で何度も叩かれて、腰を動かしはじめると、夏美、加奈の両方から淫らな声が漏れた。あん、私までヘンな気になっちやう。ださいい。
股間の付け根や太ももなど

調教してみようか

先生、乃里にも乃里にも何かしてく米倉は、初めてこの娘を見たときの事を思い出して苦笑いをした。あれからまだ数年、こんな十代の子供でも女はその快楽を知るととことん貪欲になるものだ。あら、いいことしてるわね。どれどれ乃里子には私が何してあげようかな。鞭、蝋燭、それとも乃里子もそのかわいいお尻の穴にバイヴ欲しい。ともお浣腸がいいかしら。それ先程のスーツ姿のままの美樹が降りてきた。ついさっきのオーガズムは

着衣のままのセックス


あん、美樹さん。美樹さんならキスしてくれるだけでも乃里子いっちゃうかもしれません。乃里に美樹さんのお口吸わせて、お唾たくさん飲ませて。歩み寄った美樹が乃里子の唇にチュッとキスを与えてやっている。この美樹にしろ、瑞花にしろ元々マゾだったのに、いつの間にか女を責めることにも悦びを見いだすようになっている。そして今日を見る限りは、夏美にも乃里子にもそれは伝わっているよう元々の資質なのか、自分が受けたことからの学習によるものなのかはわからないが、まあ見ている分にはこんな淫らでそそられる光景も滅多とあるものではないだろう、いくらかの釈然としない思いを持ちながらも、米倉は、美樹が両手に持ってきて横のテーブルに置いたグラスを手にした。
尻をあげると

大竹は急いで芙蓉子の肛門を犯す愚はしなかった

セックスのすごさを思い知らされる裂けそうなほどひろがったアヌスを見ていると
おまんこイク-イキます!と、加奈が声を上げると私もお尻でいっちゃいます、もう駄目!と夏美も感極まった声を出す。ほらほら、乃里子はご主人様退屈そうだからご奉仕してらっしゃい。言った美樹は既に全裸にやはり疑似男根付きの腰べト。万里子のより太いわよ、お尻の穴拡張されて、ますます太いうんちが出る。ようになると楽しいわね、夏美。美樹の女王様ぶりよりも、加奈以外全員が腰に疑似男根を有している光景を見ると、案外、この稀にみるマゾヒストの女たちにとって、自分たちが交代で責め役をする事を覚えていくと、その結果、男なんて不要になる。
それにこんなに硬いわ藤岡のペニスがなかなか硬くならなかったこと

肉棒を口に含んだ高坂の

のではないのかとさえ思える。今日とて、昼間さんざん淫らな事を強いられてきている筈の女たちが体についた鞭痕や縄目の痕以外には、何らその苦痛への疲労も快楽の記憶も留めていない。ただ、ひたすら新たな淫らな遊びに心を躍らせていた。先生、ご奉仕させて頂きます。乃里、先生にするご奉仕が一番好き。もっともっといつも乃里を呼んでお仕えさせてください。私はやっぱり虐める。役より、虐められたりご奉仕の命令が好き。
パイパン好きだそうですから

チンポに支配されちやうのね…うああ

処女を失うときに
あと、ママのようにもっと鞭とかしていただける体になりたい。パパはいつまでもお尻を手でぶってくれるだけだし。つかバスローブの中に顔を入れて、含んだ瞬間に数回舌を先端で回転させて、それを挨拶替わりというかのように一気に喉まで飲み込むしばらく喉の最奥の感触を楽しませつつ、微妙に舌を動かすなどという技術をいつの間にか娘は身につけていて、米倉を驚かせた。先生、私手使わずに、それからご主人様たちに腰を使っていただくこともなしに、ちゃんとイカせられるようになったんですよ。一度口からそれを出して、だからもっと時々呼んで…と、上目使いに言今度は裏筋を舐め降りて行きながら。

投稿日:

亀頭を覆っていた温もりが肉棒すべてを包みこんだ

それは希望が勝ちすぎている気がする一日目はオナニーを強要された

その間も彼のペニスは
アナル棒に過ぎないということもだ

眉の色は反対に薄く貢の横に立ち、頭を貢はショートパンツが食い込んだお尻の割れ目を見られているようで、気になって腰をひねろうとした。尻溝に指を差し込まれた。あうっ。アナ»から固い尾骨のあたりまでなぞり上げられた。貢は一瞬つま先立ってお尻を引っ込めた。志摩子ほどではないが、ナースの野川沙貴にもS女的な貫禄のようなものがあって、貢は抵抗できなかった。沙貴の白衣は初診のとき着ていたものではなく、生地がもっと薄い真新しいものに変わっていた。ポケットで生地が二重になっているところ以外は、下着が曖昧だが透けて見えている。
アナルストッパーが

尻から太腿にかけて大量のお汁と精液でドロドロだ

腰骨のピンと張ったところではショーツラインが明瞭に現れていた。前回のアダトナース服とはまたひと味違うエロを感じさせる。貢は羞恥と緊張を強いられる状況にもかかわらず、薄い白衣を身に付けたナースの悩殺ボディに戸惑いを隠せなかった。さあ、その可愛いショートパンツを脱ぎなさい。豪華な肘掛け椅子に座っている志摩子が、貢の顔を見上げて命じた。

亀頭に真っ赤な唇を被せた

貢はひっと息を呑む。今穿いているのは恥ずかしいシースルーブリーフだ。白衣に身を固めた三人の美女の前で、おずおずとジッパーを下ろしショートパ。ツを脱いだ。まあ、こんなもの穿いてきて!オチンチンが透けて見えてるじゃない。やらしい子ねぇ。志摩子がオレ。ジ色のシースルーブリーフに眼を見張った。表面にパンツの線が出ないのは、このトランクス型のしかなかったんで貢は咄嗟に誤魔化した。
クリトリスが熱を持っているようで

しかもニットの編目から素肌も下着-白いブラジャーのカップも透けて見える

すると、志摩子の貢を見る眼がその誤魔化しを嗤う意地悪でいやらしい眼つきになった。クス型のすそはゴムが入っていないため、確かにそのラインが出ないが、男の子でそんなことを気にするのも奇異だし、スケスケを穿いてきた言い訳にはならない。貢が穿いているブリーフはポリウレタンを多く含む生地でフィット感にすぐれている。しかも中心に縫い目が入ってそこが尻たぶの間に深く挟まるため、お尻の丸い輪郭がはっきりと現れていた。志摩子は化繊の生地を通して心地良い手触りを味わうように、貢の尻たぶを手の平で何度も撫で回した。この丸いカーブ、ゴム毬みたい。こんなまん丸いお尻の男の子はまずいないわね。

もう指はやめて早くチンポを入れてくださいってことだろ
オーガズムの締め付けに

調教をお受けするのが良いのか

乳首が現れるそれにしてもおちんぼもお尻の割れ目も丸見えのパ。ッってエッチねえいか、触診して調べますよ。さーて、こういうブリーフが身体の、特に泌尿器に影響がな志摩子の貢を見る眼も、喋り方も淫らになってくる。すでに抵抗する意志を失っていた貢は何も言えないまま、脚を少し開かされて、股間に手を入れられた。細い指先で陰嚢からペニスまで撫で上げられて危うく勃起しそうになった。
表情を観察しつつ挿入を加減している局所麻酔もしていないので

下半身に届かないもどかしさ

ああう。そんな、何度も撫でられると…ひい!執拗にペニスと陰嚢を指先で撫で回されていく。貢は弱々しく声を漏らし、肩をビクッと震えさせた。沙貴さん、貴女は貢ク。のペニスが何か大きなものに当たったときどうなるか、お尻で触診してみなさい。志摩子は正当な検査であるかのように装うが、お尻で触診など到底まともな検査とは思えない。

投稿日:

美乳だが

アナルです

ああもう、どうにでもして!早く犯してちょうだいそれはやはり恐ろしい薬の作用だったでしょう。自分の指でくつろげてしまった恥ずかしい部分からはまるで失禁したかのようにジュクジュクととめどなく熱湯のような液体が溢れ、何度でもぶり返してしまう猛烈な欲情がますます苛烈に私を責め苛んでいたのです。今度はビデオ撮影してやるからな。カメラに向かってオナニーして見せ。そんなの絶対嫌ですっ!ああんっし。女の嫌よ嫌よは好きのうちとは良く言ったもんだな。口声が出てんじゃねえか、笑わせるな。乳を触っただけでエ自由が利かず自分のものでなくなったような手指は、すぐさま胸と股間に当てがわれて嫌らしく動き始めてしまいました。

  • 下半身丸出しで
  • バイブの刺激が凄まじく
  • この好色淫乱女子高生が

男根を根本から軽く乳首に触れただけで甘美な電流に撃たれたような心地良い戦慄が迸り、声も我慢出来ません。せんせぇ、親指でクリちゃんムキムキしてみようよ。ウヒイッツ!!人差し指と中指はオマンコに入れてくちゅくちゅするの。ああつつ。小指はお尻に入れちゃえ。ハオウツツー!せんせえ、すっご-い!ホントに処女なの?澄ました顔してたくせに、一皮剥いたらこのザマかよ。尻も動いているところを見ると

 

お尻の穴がめくれあがっていくような感じ

イク時は大声でそう言えよ!ビデオカメラを向けられた事で強い抵抗を覚え、絶対恥ずかしい姿を晒してはならぬと思った私の決意は、石のように屹立した乳首を摘み欲情でパンパンに張りつめた乳房を掴んだ途端にアッサリ砕け散りました。エッチな声が次々にせくりしげ、菜穂さんに教えられるままにお尻の穴まで弄ってしまう嫌らしいオナニーを始めてしまうと、もう無我夢中でした。ビデオを撮られていると言う意識はあるのですが、それはむしろ私の興奮を増すばかりのスパイスに過ぎません。あっと言う間に昇り詰めた私ははずかしい液体をくじらのように吹き上げて。とわめいていました。こりゃスゲェ。Aっ女優も真っ青、千寿先生の潮吹きオナニーショウだぜ。
エッチを楽しもうな
それが射精だと分かる前に
もっと近くから撮ってやるから、後2回イッテ見せな。そしたらいよいよ本番だ。千寿せんせぇ、イキ顔最高!ホント、かわいいんだぁ。からかわれ、カメラを持ってやって来た町田先生に覗き込むようにレズを近付けられても、私は狂ったようなオナニーをやめる事が出来ません。操られる手は勝手に動き、ドロドロに白熱した体は素直に浅ましく反応して、大声で絶頂を叫んではカメラのレンズまで汚してしまう有様でした。よし、おしまいだ。両手を頭の後ろで組め。さっきと正反対で、オナニーをやめたくなくて。と口走ってしまいそうでしたが、私の手は町田先生に言われた通り動きます。

 

ペニスをひくつかせる

先生はカメラを菜穂さんに渡して言いました。千寿先生のロストバージンを撮影してくれ。せんせえが女の子になるトコ、撮ってあげますね。…やめて…ひど過ぎます。オナニーショウで壮絶な絶頂を3回も晒してしまった直後の私は、かす。れる声でそう呟くのがやっとでした。でも男の人を迎え入れる態勢は少しも崩せず、床にはもう大きな水たまりが出来ています。体の方はそう言ってねえみたいだぜ。ほうら。

お尻の中をキレイに掃除して差し上げましょう

ああっ!あ、あふうんっっ!!町田先生が男性自身を手で握り締め、開いたキノコの傘の部分で剥け上がった股間の肉豆をグリグリと擦って来ると、嫌らし過ぎる鼻声が洩れてしまう私の体は強烈な興奮でざわめいて、淫らな血が沸騰するような思いになりました。もう降参です。私はまだ処女なのに、狂ってしまった体が猛烈に町田先生を欲しがってしまっているのでした。正ちゃんにあげるつもりだったのに。もう、死んでしまいたい。彼の顔を思い浮かべて自制しようとしても無駄でした。ビデオカメラの前だと言うのに、私は町田先生に進んで体を開き、バージンを捧げてしまうんです。