投稿日:

処女教師とやるんだ

ペニスを見たことある

イッたのにっ、あっ、あっ、あっ、また汁がどんどんっ。高坂は挿入したまま涼子を立たせると、最後に残っていた尻穴の器具に手をかけた。これから涼子の処女アナルをいただくからね。アナルビーズを徐々に抜きにかかる。五つ連なった玉がゴリゴリと穴を広げて1つずつ出てくる。肛門の入口に玉が引っ掛かるたびに涼子は大声で喘いだ。

ああっ、どうして?アナルまでがつ。まだしたことないのに、き、気持ちいいっ。高坂はビーズを抜き取ってしまうと涼子の両手を自由にし、床に這わせた。アナル欲しいか?くださいっ。処女アナルもらってくださいっ。は、早くっ。涼子は自ら尻を掲げ、尻穴に淫液を塗りたくるとグイと広げて見せた。高坂は肉棒を尻穴にあてがうと、少しずつ侵入を開始した。

射精欲求のままに


愛撫だ

肉茎が進むにつれ、穴がだんだ。んと広がってゆく。いやああつ。マンコつ、マンコと同じっ。あっ、あっ。高坂が秘裂に指を差し入れる。陰茎で尻の奥まで貫くと同時に指を根元まで入れ陰部をかきまわした。みなさんの前で処女アナルを失って喜んでる変態だね。あぁ?そうです、間違いありません。初めてのアナルセックスを見られて喜んでるど変態ですっ。

あゆみちゃんのお尻の穴からオマンコに入ってるチンポまで指に伝わってくるよ

罰を与えるよ。みなさんのものをすべてしゃぶって差し上げろ。それを聞くと、まず店員の男が硬く反り返った陰茎を涼子の顔の前に差し出した。涼子はもう躊躇うことなく一気に喉まで含み、猛然と顔を振り動かす。あっという間に最後を迎えると男は涼子の髪をつかみ、根元まで肉棒をねじこむと、口中に精液を流し込んだ。んんんんんん。こぼすんじゃないぞ。全部飲んで差し上げなさい。


痴女について

膣内を楽しんだ

口の中に男の臭いが広がってゆく。涼子にとってはもうそれすら快楽の一部となっており、すべて飲み下すと体の中まで凌辱されたような激しい興奮が襲ってきた。今までただ黙って見ていたほかの男たちもそれに続いて次々に陰茎を差し出してくる。涼子は今度は一本一本味わうように、袋を舐め、茎に舌を沿わせ、これまでだれにも見せたことのない淫猥な表情で幹を吸い上げた。もちろんその間、高坂の肉棒が尻を何度も貫き、指は陰部をほじくってくる。涼子は全身性器となってすべての攻撃を受け止めた。

尻を左右に振る


亀頭快感で生殺しにされる貢を堪能する

あぐううっ。ぜ、全部気持ちいいっ。全部ってここのことか?高坂が尻へのピッチを速める。そうっ。ア、アナルのことですっ。ここもじゃないのか?突然ヌルっと尻穴から引き抜くと今度は下の隠裂に打ち込む。あひぃぃぃっ。や、やっぱりマンコが一番です。再び抜いて尻に突き立てる。ああ、アナルもつ。処女アナルなのにびしょ濡れっ。陰茎をしゃぶられていた男が我慢できずに口内へとぶちまける。ペニスをつまみ

  • 柔らかだっ男の指先は人妻の体温を感じ取っていたが
  • 尻尾を振って女を苛めるのが飯より好きな田原なら
  • それを見て上等兵が口のなかにペニスを突きたてた
投稿日:

やがてセックスレスの状態になった

奴隷生活にもいくらか慣れた頃のことです

しかしそれだけではない。わずかに、異臭がする。なにか、腐臭に似た、煙くさい何かを、牧野の鼻腔が感じ取っていた。いったい、なんなんだ…いや、それどころじゃない。匂いなんかよりも、和花だった。家財道具は何ひとつ無くなってないが、家中のモノがなくなるよりも、空っぽになった気がした。立ち尽くす牧野を虚ろな部屋だけが取り囲む。

  • そればかりか息を乱しはじめた宮川は真奈美の手を取ってペニスに導いた
  • 私のおケツからヴァギナに挿入されたタケルのコックを舐め上げ
  • 処女を奪われながらイクんだ

セックスしか知らなかった私は慣れ親しんだ我が家が、まるで見知らぬ家のようだった。探すほどの広さもない家中を、駆け回っても、妻の姿は見えない。なんで、いったい、なぜなんだ。どこへ、とは思わない。どこに行ったのかは決まっている。自殺。を考えたが、いきなり、自殺するわけがない。遺書のたぐいも見つからなかった。どう考えても、和花が自殺なんてするとは思えない。亀頭を刺激しようとする

 

美和子の大好きなペニス注射をしっかり打ってやるよ

だとすれば、どこへ行ったのか、ということになる。あの連中のところ、か…。大好評でした。と、しゃあしゃあと言っている、したり顔を思い出あの、家元という男がしていた。ぞうだ。あの名刺。捨てようとして、捨てられなかったあの、紙切れ。忌まわしいものとして引き出しにしまったままだった。しかし、ろくに見もしないまま、く見れば電話番号すらない。
あの子にフェラチオをさせたり
ペニスに罪悪感さえ覚えていた
ドメインを取っているのか。よアドレスだけだ。となっている。金さえ出せば、派手な装飾と、一応はちゃんとした組織を持っているというこ簡単なことだ。総花淫流の名前とアドレスには。となのか。いや、こんなもの、しかし、その上質な紙には、宗家立花気転院。という名前が黒々と大書され、アドレスがひっそりと書かれている以外、何もない。と思うが、そこには住所も何も、せめて、電話番号でも書かれていれば、一つない。

 

乱交パーティーでのセックスは別物なのだそうです

もうちょっと聞いておけば。具体的なことは何妻に何も聞いていなかった。聞けるはずもない。一刻も早く忘れようとしたいはずの妻に思い出させるようなまねなどできないのは当然なのだ。しかし、今となってはその思いやりは裏目に出たことになる。まさか、さカ乔イ和花が、俺に相談もなく行くはずなんて。まして、妻からのメールに行き先は書いてない。

膣壁を押し広げ

しかし、いきなり旅行に行くはずもない。考えられるのは、れなかった。それにしても、何の相談もなかった。浮気なんて考えられもしない妻だ。あのいかがわしい華道のところしか考えらまさか、妻が自分から望んで行った、とは思いたくない。しかし、家の中は、きちんと片付いている。何者かに無理矢理連れ去られた、という様子は、まるで見えなかった。警察に…何を話す?しばしの自問自答の答えなど初めからわかっている。

投稿日:

肉棒は愛液でヌラヌラ光っている

エッチのときに縛らせてくれとか

尻たぶにある黒子が
アソコをいじったりします

冴子の父親の見上亮吉は、不動産業界の成功者。静岡県下で大規模開発や別荘マンションを手がけ、首都圏や近畿圏まで事業を広げた。ゴルフ場の開発から、最近はマリンレジャーにまで進出している。その見上亮吉が、五十歳をすぎてから後妻の喜久江とのあいだにもうけた娘が、冴子であった。七十にまもなく手が届く亮吉が眼の中に入れても痛くない末娘。
オマンコを被せていくわよ

こりっとした乳首に吸いつく

高原のほうは、超高層ビル内の診療所を出て、将来は個人病院をつくる夢がある。そのときに、見上亮吉はスポンサーになってくれると約束していた。冴子の機嫌を損ねては、まずいのだ。襟もとにレースの飾りのついた、ピンク色のワンピースを冴子は着ている。大きくあいた胸もとには、メイプルリーフ金貨のペンダント。そんな服装からも、冴子が世間知らずだとわかる。

クリトリスを転がし

下半身を医師に見せるつもりなら、ブラウスにスカートといった恰好でくるはず。とにかく、拝見しましょうか。となりの処置室で準備をしてください。と、高原は折れた。じつは高原は、父親の亮吉に電話をしたのである。冴子が処女膜切開の手術を希望していると告げた。好ましいとは親の口からは言えんが、冴子は言いだしたらきかない娘でね。
何度見ても芙蓉子の乳房の美しさに眼を濡れたように鮮やかなピンク色をした頂上の乳首

お尻をそこにもっていき

消極的な言い方だが、冴子の我ままを聞いてくれと亮吉は伝えていた。高原はクレゾール液で手を消毒、処置室に立った。冴子は全裸になって、ベッドに寝ていた。生唾を呑む、処女のヌードである。処女膜切開の手術を希望する女性は珍しい。ふつうの女は、処女を高値に売りつけようとするものだろう。高原医師は、ヒーメンにメスを入れた経験は皆無ではないが、いずれも新妻のケースである。

レイプされました
スケベなメス奴隷だから

巨乳ってわけでもないし

守のペニスが熱くなる処女膜が肥厚したりして、うまく破れずに、夫婦生活ができない患者。ところが、見上冴子は、まだ夢見がちの乙女。金持ちの娘の我ままではあるが、本人が強く希望し、父親も承諾している以上、医師の倫理にいちじるしく違反している。わけではあるまい。冴子さんは、高校生?一年です。身体はもう、完全に大人だな。見たところ。高原は医師らしい、冷静さを装って言った。彼だって四十一歳の生身の男。
ファックを見せてくれます

股間をさっぱりと剃り落とした

十七歳の匂うヌードを見て、ときめきは感じている。それにしても、甲錦関が相手とは…。あら!先生は、甲錦さんのこと嫌いですか?とんでもない。立派な天下の大関じゃないか。高原はあわてて言った。あの巨象のような体躯は、どう見ても若い女性の欲望をそそるとは思えない。それは男の感じ方で、冴子には十分にセクシーなのだろう。

投稿日:

右指で股間の鋭敏な尖りをそっと撫であげる心地いい甘美な電流が背筋を走り抜けた瞬間

お尻も使っていいのかい

愛撫のプロローグで
孝太郎も子宮の結合部から卑猥な粘着音が轟き

取材がいくつも重なっ節電対策に関する広報活動について資料をまとめてもらいたいと広報課にも要めずらしく、ているようで、請がきていた。朝吹さん、記者クラブに行く用事あったよね。で届けてあげて。ついでにこれ日東新報の高坂さんのところま。え…、はいわかりました。同僚からまとめた資料を受け取ると記者クラブのある三階へと急ぐ。どういう顔をして会えばいいのかわからないままクラブの部屋に足を踏み入れた。
チンポはもういい

奴隷なわみとして仕事をすることになってしまうのです

部屋には数人の記者がいてなにやら雑談をしていたが、高坂は一人、奥の自分の席に座っていた。黒のジャケットが椅子の背にかかっていて、高坂は白いシャツ姿でほかの部署からもらった資料を熱心に読んでいるよう六--六。高坂さん。節電関連の資料できあがりました。緊張しながらなるべく目をあわせないよう話しかけると、高坂はチラリと見て。ありがとうございます。助かります。と一言言って受け取っただけで、すぐに読んでいた資料にもどってしまった。

痴漢の指にトチ狂い体をすり寄せよがりまくってイッテしまった私の狂態は

では失礼します。そう言ってその場を離れると、全身の力を抜き、安堵した。やっぱりあのことは夢だったのよ。自分も少しビールを付きあったし酔っていたのかもしれない。自分の気持ちをようやく整理できたと思い安心して部屋をでたところで。ああ、ちょっと。後ろから声がした。高坂が渡したばかりの資料を手にして追いかけてくる。ちょっとここなんですけど手にした資料を指差しながらいくつか質問をしてくる。
チンポは少し固く

チンポの肉快感は悦びではあるが

答えようとするのだが高坂はスタスタと廊下を奥へと歩いて行ってしまう。しかたなく一つ一つ質問に答えながら並んでついていき、いくつか角を曲がると、めったに人の来ることのない薄暗い廊下に出た。大きな会議がぁるときにしか利用しない広い部屋が二つ並んでいて、さらに奥にはトイレがあるのみだった。こっちへ来て。腕をつかまれだれもいないトイレへと連れ込まれた。節電のため電気も点いておらず昼にもかかわらず廊下もトイレもかなり暗い。

太いバイブをあそこに突っこまれて
クリトリスはまだ肉の鞘にしっかりと包まれて

尻じゃないだろ

俺のことを痴漢でも見る目で見たよな抗議する間もなく個室へと入れられる。ちょっとなにを…。言いかけて高坂の顔を見る。腕をつかまれたまま上から見下ろされるかたちで涼子は高坂のまなざしを受けた。暗い中、眼鏡のレンズが光り、その奥から突き刺すような視線が涼子を捉えていた。途端に強ばらせていた体の力が抜けていく。左の耳元に近づいた高坂は小さくつぶ。本当の自分の姿をわからせてあげるよ。ギクリとして左へと顔を向ける。
やがてセックスレスの状態になった

処女だったし

すでに全身汗みどろになっていた。舌を出せ。いきなり命令口調だった。ああこのあいだより強い高坂の口調が涼子を呪縛したかのように、なんの抵抗もせずゆっくりと舌を出してしまう。もっと出さないとだめじゃないか。まだわからないのかい。言われるままに大きく口を開いて目一杯舌を出しきる。指が伸びてきて、前と同じように舌に触れる。