投稿日:

アキのアソコに指を二

男根を押さえていた手を掴み背中に捻り上げると同時に

和花和花は、たゆたうような悦楽の中にいた。誰かの叫ぶような声が聞こえた気がするが、和花の唯一の関心は、己が跨っている男が、喜かどうか、というだけのこと。かといって、街の風俗嬢でもあるまいし、技巧だけ尽くせばいいのでもない。オンナが本気で快感にのたうつ姿を見ねば満足しないのだと思い知らされていた。感じてみせねばならないのだ。ゆっくりとローリングする。男は、だ。

  • フィニッシュを促してくる
  • 人妻の和花だ
  • 心を鬼にして戌彦を尻に敷いてきたのであるともあれ

柔らかな尻タボをからこそ、和花は身も心も捧げて、山崎の男根をくわえ込んだ腰が、豊かで柔らかな尻が、ネットリとした動きとなっている。ああ!和花の乳房を、山崎は絞り出すように握り締めていた。その絞り出された先端は、人差し指で、クリクリと責めているのだ。なかなか、手応えがある乳首だな、どうだ、こうしてやる。ああ!あん!恥ずかしいい、あう、だ、だめぇ。オナニーし続けた思春期

 

ペニスが出てきます

もっと、腰を使え感じてるクセに、恥ずかしがるな、スケベな和花、ホレ、もっと、大きく。ああ!あん、ああうう。乳首から痛烈な快感が響く上に、深く届いた怒張が、いつにない場所を刺激していた。言われるがままに、腰を大きく遣う。ローリングする動きは、クリトリスをこすりつける動きでもある。普通なら、オンナの悦びを1方的に噴き上げさせ、男を長持ちさせる動き方だ。これは、すごいな。このオンナ、とんだ拾いモンってわけだ。
膣の入り口を少しずつ押し広げながら
民主国家なんだから平等の精神を忘れちゃいかんわな肉棒を引っぱりだした
若いときから女漁りをしてきた山崎にしても、こんなにもピッチリと、ヌラヌラ絡みつき、男を吸い取るように肉が蠢く名器は初めてだった。ピッチリと肉が詰まった牝芯は、絡み合うヒダのひとつ一つが、まとわりつくようにうごめいている。こんな牝芯に包まれれば、たとえ、ピストン運動ではなくとも、うごめくヒダはカリを撫で上げてくるし、男根全体を締め付けてくる肉そのものの動きが絶妙となる。包み込んだ肉ヒダが、オトコを絞り上げるようにうごめいてくる刺戟は、当たり前に、ピストン運動する場合と遜色ない。いや、次々と違う部分の肉ヒダがこすりあげてくるのだから、その複雑な快感は、山崎をして、こらえるのが大変なほど、大きなモノであるのに違いなかった。

 

ペニスは屹立していた

亀頭をクルクルと包むようにヒダがうごめいているのだ。おまけに、その先端は、ぷりぷりした、弾力のある入り口に半ば包ほれている。山崎の20センチはあろうかという男根を、目一杯奥に受け入れているのだ。だけでは足らず、子宮口が半ば広がって被さり、男の悦楽を深めていた。ああーあん、あ、あう!ああーまた!延びきった膣またもや、大きなオーガズムが子宮から生まれた。

オマンコに入れて貰えるわ

立て続けのオーガズムは子宮の痙攣を誘い出し、そのケイレンが、新たなオーガズムを生み出して、何度も連続した波濤が身体を駆け抜けて、引く気配を見せてくれない。いくうう、あううー白い背中を仰け反らしながら、人妻が、白い頤をさらけ出して、オーガズムを叫んでいるの締め付け、絡みつく美肉に、男の自制心を蕩かすような、淫靡な淫声。ともすれば、一気に出してしまいたくなりそうだ。だが、肉体を犯しているだけでは満足できない。心の奥まで、人妻を征服しなくては、が済まない山崎だ。

投稿日:

男のペニスが大きく膨らみ

男根に手を添えて

おチンポすてき、成虫に成り掛かった。を根元の方から挿入してくれました。あ、あ、あ、すてき。おチンポ様。はまだ完全に成虫に成り切っていなくても、その胴体の凸凹でしっかり私の膣壁を擦り上げて素晴らしい快楽を与えてくれました。そして半分くらいが没してマユミさんの手から離れた。おチンポ様。はまるで私の体と化学反応でも起こしたかのように見る見る膨張していった。のです。正に私の体に興奮した男性器が勃起していくようなもので、とても誇らしい気持ちになった私の股間に、おチンポ様。

は肉ヒモを伸ばしてクリトリスに巻き付け、アナルまで入り込んで素敵な刺激を開始してくれました。先生、赤ちゃんをかわいがってあげてね。私の体に種付けしてくれたマユミさんがセーラー服を身に着けながら言うのを、私も白衣を着ながら聞きました。下着なんか着けられないわね股間にも胸部にも、素晴らしく心地良い。おチンポ様が寄生している。のです。ノーパンノーブラで過ごすのが当然だと思いました。私またご主人様に種付けしてもらって来ます。

フェラチオでいき


だがいまはレイプされているのだ激しい屈辱感と嫌悪感しかなかった

きゃ、物足りませんものね。おっぱい吸ってもらわなそれは寄生虫の赤ちゃんに乳首を吸われて、絶大な心地良さに包まれている私には十分納得のいくことでした。おチンポ様。に寄生して頂いて、体中がどこもかしこも歓びで弾けそうなのです。私、チアの先輩に種付けしてもらったんです。チアの子たちはもうほとんど…だから先輩がご主人様。強い衝動に駆られてマユミその時もう白衣の着用を完了していた私は、さんに頭を下げていました。

その快感に荘太は股間を震わせる

ご主人様!別れる前に、ご奉仕させて下さいませ…。ふふふ、わかったわ。そこに正座しなさい、かわいい先生。ああ、嬉しい…おチンポさまぁ保健室の床に正座した私の前に立ったマユミさんが、セーラー服のを差し出して下さると、私は感激でスカをめくって立派な。おチンポ様。目がウ»ウルしてしまいました。オクチを使いながら、余った手で自分のおチンポ様をシコシコするの。


セックスはしていなくても

荘太もすでに限界を超えていたひとまわりも年上の人妻の真っ白な尻を見ながら

はい、ありがとうございます、ご主人様。私はさっそくご主人様のモノを口一杯に頬張りネットリと舌を使いながら、手を白衣の下に忍ばせていきました。ご主人様は私の後頭部に手を回して優しく髪を撫でながらおっしゃいます。よしよし、先生って本当にお上手ねえもうチアの子たちはほとんどみんな、おチンポ様に寄生してもらってるの。先生も、子供が大きくなったら新しい宿主を捜してやってね。保健室ならいくらでもいい子が来る。んじゃない?--わかりました、ご主人様。

オッパイしてるね


ユリカはまだ処女である

この学校の女の子たちみんなを幸せにす。るように、頑張ります!あ、いくうっ!私はご主人様がお情けをオクチに出して下さると同時に、白衣の下で放出した液体で床をビショビショにし、途方もない幸福感を味わいながら、この学校を。おチンポ様。の楽園にすることを誓っていたのでした。メールで不倫え?もう来ちゃつた。愛と大樹を小学校へと送り出してホッと一息付き、テレビを付けたまま居間のフローリングにモップを掛けていた私は、いつになく早い時間に掛かって来たメールの呼び出しに驚き、ビクッとしていました。もちろん他の友達や親からかも知れません。ですが、朝8時台なんて時間にメールしてくるなんて非常識です。きっと、あの人からに違いありません。そう思って慄える手でケイタイを確認すると、やっぱりあの人、今や私のご主人様となったタクヤ様からのメールでした。ララの股間を見る

  • 動かないでペニスは勃起して筋張りを浮き上がらせ由里子はその場に腰を下ろすと
  • E下の下着を晒すと
  • 建太のペニスを頬張っていたのです
投稿日:

オナニーを禁止されてるのにクスリのヌリヌリで気をやってしまいそうになり

ペニスを握った手をとがめるように動かされた

男子生徒の前で女の子の下半身を丸出しにするよう小川先生の忠告も真実味を事実、自分までとばっちりで乳房を揉みまくられてしまったではないか。輪姦の洗礼…まさか。真澄が困ったようにつぶやいて、窓の外に遠い目を向けた。二·目撃しばらくは何事もなく過ぎた。覚えるべき事が多すぎて、何かが起こる余裕なんかなかったという方が正しい。そしてようやく受け持ちクラスの生徒たちの顔と名前が一致し、師たちとも肩の力を抜いて雑談出来るようになった頃。そろそろ生活指導の事も考えなくちゃ。先輩教小川先生に頼まれた採点作業の手を休めて、真澄はクラスの問題児の顔を思い浮かべた。

  • それでも言いつけに従って黙々とフェラチオをしなければならない
  • 下着を自室に隠していたのだから
  • ペニスへの卑猥な責めがさらにエスカレートしそうで恐くなった

コーチのエッチなオ0コにいっぱい入れて落ち着きのない生徒、素行不良の生徒、そしてかなりの比率を占めるスカート丈が短すぎる女生徒たち小川先生に言われた郷田美由紀はその中に入っていなかった。何を考えているのか分らない不気味さはあるが、観察した限りでは特に問題があるとは思えなかったからである。そうだ、体育館の裏口の鍵…。真澄は朝礼で施錠忘れに注意するよう言われた事を思い出した。今朝は、体育館の裏口ドアが開けっ放しになっていたらしい。時計を見ると、下校時間を二時間ほど過ぎていた。乳首に針刺したい

 

拘束を少しだけ緩めたという訳だ

確認してこなくちゃ。真澄は立ち上がって伸びをすると、職員室を後にした。スーツは胸と尻が目立ちすぎるとの忠告を受けて、深緑のゆったり目のワンピース姿だ。ただ、そのままではずんどう体型をごまかしているように見えてしまう点はどうしても妥協出来ず、ベルトでウエストを絞っていた。その結果、スーツの時と比べて乳房の揺れが目立つようになっただけだったが、本人にとってはいつものことなので、あまり気にとめていな乳房は動けば揺れるもの。それが中学時代から大きな乳房と付き合ってきた真澄の。なのである。
ザーメンと千恵利の体液でヌラヌラと妖しく光る
もちろん熱烈なフェラチオを含め
ありゃ、犯られるわ…。横目で真澄の後ろ姿を見送りながら、小川先生が肩をすくめた。よし、閉まっているわね。真澄は体育館の裏口ドアのノブに手をかけて、施錠を確認した。他の箇所も確認しておこうかなついでに渡り廊下でつながった校舎も回っておくことにする。広い敷地だ。戻ってきた時にはゆうに三十分は経過していた。見ると、確かに閉まっていたはずの体育館の裏口ドアが開けっ放しになっていた。あれから誰が来たのだろうか。こんな時間に。

 

下着が曖昧だが透けて見えている

真澄はドアをくぐって薄暗い内部に足を踏み入れた。電気が点いてる…真澄は狭い階段の上を見上げた。体育館の裏には、倉庫と準備室がある。それと、11階に体育館を見下ろせる小部屋と。悲鳴!?確かに二階からくぐもった女の声が聞こAえた。んーっ。くうつ。とか、口を塞がれた状態で上げる声だ。人気のない場所。

それでも彼女は決してペニスを離そうとしない

悲鳴状況的に誰かが襲われているとしか思えない。緊張で心臓が高鳴り始める。…放っておく事は出来ないわ。私は教師なんだから。尻込みする心を叱りつけ、足音をひそめてゆっくりと階段を上がる。狭い階段は直接小部屋とつながっているので、床ぎりぎりの目線で室内を窺う事が出来た。室内側から見れば、階段から頭を半分出した形だ。

投稿日:

パイパン好きだそうですから

張り詰めた亀頭を撫で回したり

くらいは入れられることがあっただろうが、男根を入れるとか似たようなサイズの擬似男根な有香は、看護婦に指どを入れられるということもされていない筈だ。つまりは、初めての肛門性交。それを女性器に一本入れた状態の二本刺しでされるのだから、梨乃が絶叫するのも無理はな梨乃は四つん這いだが、自分は今正座をして、客席から立候補してきた男性のものをフェラチオしている。もういつでもスタンバイ可能な状況で、司会者が監督からの指示を待っている。ようだ。そのために、梨乃の声はすぐそばから聞こえてくる。やめてやめてやめて、抜いて、もう抜いて。ん有香は男の男根を追い込み過ぎぬよう、舌先での舐め奉仕をメインにしているが、男は、いわゆるこちらの会員なのだろうか。

手加減しているとはいえ、百戦錬磨とまで言われる有香の口舌奉仕にも余裕が感じられ、自分から腰を動かして有香の喉も味わったりしている。主役が梨乃である以上、梨乃のアナルファックが一段落しないと自分は待たされるだろう。ヨシ、先っぽは全部入ったぞ。カズが言った。いや、いや。無理1つ。動かさないで。カズ、いつイッてもいいから、ガンガン突いてやりなさい。ないわ。サミー、梨乃の腰がっちり押さえつけて。

ペニスの検査もありますから


フェラチオの動きが鈍くなってきた

痛いい。さあ、ママもおまんことお尻に頂いていいわよ。泣いたって喚いたって構いはし女の声に、客席から上がった男はそっと有香の髪の毛を掴み、男根からゆっくりと引き剥がす。じゃあ、横になるから。それにしても上流階級ご夫人のフェラチオがこれほどのテクニックとは、感服しましたよ。と、男は耳元にそっと囁いた。どうやら自分が梨乃の母親ではなく五十嵐有香だと知っている口ぶりだった。有香は男の男根に手を添えて、それを自分の中に導びき、最奥まで呑み込んだのが確認出来たところで、キュッキュッと腰を小さく動かして、歓びを示してやった。

レイプされる……

ボブのように簡単に逝かれてしまっては場も興ざめだろうから、それ以上の動きは慎む。すぐにお尻にも男根が当てられてくる。先ほどまで梨乃の口を犯していたものだとは思うが、カズのものが収まったというところで気配が消えていた。だが、それは少しも衰えておらず、一気に有香の肛門を貫いてきた。久しぶりの同時二本刺しだ。ふたりの男根でそこがパンパンに満たされる。ふぅっ。入りきったところで、ため息が漏れる。


お尻の穴に何か

浩介には亜希子の下着姿を見てみたいという気持ちもあった

男達の方は、お尻に入ってる方だけをピストンしてくるが、有香は耐えられず腰を上下させてしまう。あつ、おちんぽさま。それでも半分はビデオのサービスのためのつもりで言ったのだが、くすぶ自分の言葉によって燻っていた火が一気につき、腰の動きが速くなってしまう。抜けないように一生懸命リズムを合わせてくれているのがわかった。後ろの男の方は、もう、おー、逝きまーす。隣でカズが大声で宣言をする。斜め前から腰を梨乃の尻に打ち付ける音が派手に聞こえてい。

股間舐めは続けられ


マン汁を出したらええんや

サも動いていいわ。いやいや、ほんとに壊れるう。こおまんこ逝く。おまんこいい、気持ちいい、壊れちゃうぅああん。お、おまんカズが射精して、黒人男根の動きが加わったのだろう。明らかに梨乃の声のトーンが変わっ二ヶ月ほどの日々の調教は、やはり梨乃をすっかり女に成長させている。かごくごく自然に、そして当然のように口にするようになっていた。オナニーを禁止されてるのにクスリのヌリヌリで気をやってしまいそうになり

  • デカチンを猛り狂わせたアイツが
  • ずおずと指を股間に導いていった
  • 巨乳が
投稿日:

ペニスをつまみ

乳首がプリプリのグミの実みたいにググッと勢いを増して膨れ上がって来ました

お尻の穴をいじられます女たちは催眠が支配している。どうとも思わない。逃げだそうとするはずもない。だから、そういう。プレイ。で使う以外、女たちに手錠は必要なかった。それなら、鍵をしまっておく必要を感じるはずもなかった。油断があったというべきだろう。亜由美は確かに自分が逃げるために、鍵を手に入れたのではないのだ。いや、確かに。自分が逃げる。ことなど一瞬も考えなかった。
フェラチオサービスはどうだった

尻から犯され

ただひたすら、夫の無事だけを願った結果に過ぎない。自分が逃げようという気持ちは、これっぽちも無かったからこそ、亜由美は、昨日、松本の部屋を掃除しながら、手錠の鍵を持ち出せたのだ。女がその気になれば、その程度のチャンスはいくらでもあった。催眠によって、女達は、逃げるコトを考えられないはず。松本だけではない、この城にいる、誰もが知っている。だった。逆転パイパン

優香以外誰も牧瀬の尻好きを非難しなかった


しかし、それは、催眠の限界だったと言ってもいい。いや、どんなに強い催眠であっても、しょせんは、心の底から想う、愛する人への気持ちに勝てるはずもなかったのだ。その上、亜由美の知らない事情も、実はあった。実は亜由美の、いや、女達への催眠は、微妙なバランスで崩壊しつつあったのだ。朝のお清めの。を、彼女が搾取していたせいだった。
おそらく金を払ってもこれだけの奴隷は簡単に見つからないだろう

股間を汚してしまう自分のカラダの淫らさを恥じらう気持ちでいっぱいでした

お尻がぐるっと回るように悶えた
今や、女達に使うべき分の半分以上を、ちゃっかりと自分のモノとしていた。もともとができる限り身体に影響がないように。と、女達へのアヘンの量がミニマムにしてあるということもある。深い催眠であればあるほど、そのまま放置すれば三日と保つものではない。家元が編み出した、アヘンと催眠を組み合わせれることで、本来の意志すらも越えた支配のできる悪魔の催眠は、既に、ぎりぎりのバランスが崩れていたのだ。
愛撫している間

股間をはだけきって

どれほど狡知に長けた悪魔の技術であっても、計算通りの効果を維持できるはずこれでは、もなかった。それでも、客を迎え入れる度に掛けられてきた催眠と女達自身が。どうせ逃げられない。男達に逆らえないのだ。という自己暗示は、強烈だった。皮肉にも、それこそが、結果的に一番大本の催眠。の効果が失われているのを、家元に気がつかせなかったのだ。
チンポはもういい

太い血股間に隆々とそびえ立つものに視線を注ぎ

下着は着けていなくて
暗示の及ばぬ意識は、夫を逃がすためならば、やがて研ぎ澄まされ、醸造されてしまった。何でもする。だからこそ、亜由美は、こうやって決意できたのかもしれない。緩んだ催眠は、愛する人を助ける決意を、少しも邪魔しなかった。隙を見て手錠の鍵を手に入れるのはそれほど難しくはなかった。問題は、どうやって渡した。らいいのか、ということだ。

投稿日:

男根奉仕に精を出している

クリトリス包皮をめくられる真澄の顔が引き攣る

ツンと尖った乳首にこそ
ペニスとなっている

またしても拍手が起こり、スポットライトの輪が五つ、らし出した。それでは、というリサの言葉を合図にして、ステージに吊された五つの女体をまばゆく!向かって一番左側、ひとりだけ全裸の女は米倉の妻美樹だった。ほう、と無意識のうちに声を出して米倉は言った。もちろん聞かされてもいなかったが、いちいち企画をしている寒河江にしろ美樹本人にしろ米倉に言ってくるというものでもないのは、まった事ではない。今に始二番目が迷彩色の軍服上下を身につけた麻美。
尻をあげると

オーガズムを求めてうねる

三番目の娘は入って間もない娘で若手のハンターが連れて来たまだ十七だかの現役高校生。米倉はまだヌードも見ていないのでこれも楽しみだ。スポットライトの中で多分学校の制服そのまま、濃紺のブレザーに襞スカートという清楚な服装、それに五人の中で唯一赤色の布で目隠しをされていた。四番目が白のセーラー服に紺色のリボンとスカートをつけた乃里子、最後が上半身裸で股間につけさせられている赤いふんどしがライトアップでやたらと目立つ、例の元人妻加奈だった。くく全員同じように両手を頭上高く括られ、ていた。

淫楽の熱波が子宮の奥へ螺旋状に注ぎ込まれていく

ほとんど爪先立ち状態で吊され数分間の後、スポットライトは突然に消えてステージは暗転し、またリサの声だけが聞こえてくる。それでは最初に入札までの流れをご説明します。これからひとりずつ奴隷たちをみなさまに検分していただくわけですが、女の体は、若いお嬢ちゃんは特にですが、こういった刺激的な環境におりますと変化の激しいものです。ひとりずつ、身長体重はもとより、スリーサイズ、特にバストはトップとアンダーも計ってブラジャーをつけさせた場合にどんなサイズになるのかという計測をして本日の生のプロフィールを、その他の経歴や経験値などとともに皆様にお知らせいたします。その後、ひとりずつ性器検査台にて性器と肛門をお見せします。
ペニスをつまみ

奴隷としての適当な罪が押しつけられ

お見せしますと申しますか、ご希望される方はステージ上で指などで検分していただくことも可能です。もちろんおっぱいの弾力などを調べたりしていただいても結構ですが、時間の都合もございますので、ステージに上がれるのはおひとり1回までとさせていただきます。なお、当クラブを普段ご利用いただく時と同様、奴隷全員の身分証明書もお見せいたしますし、デジタルカメラであれば写真も撮っていただいてかまいません。ただ、その場合必ずお帰りになる前に撮影されたデータのコピーを頂戴いたします。万一撮影された写真が一枚でも流出した場合は、会員資格は即抹消、かつ違約金を頂戴することはご入会時の契約だも書いてある通りですのでご留意下さい。

亀頭が子宮口に揺さぶりをかけていた
真菜の股間にしゃがみ込み

膣に中指を全て入れて第二関節を曲げてあたる膣のE部周辺に存在するコイン程度の範囲

ローションの意味がなくなる程でしたさら奴隷たちは、会員には本名はもとよりあらゆるデータを晒され、フラッシュを焚かれ目をそらす事さえ許されない状況であらゆる恥ずかしくて参めな記録をも残される。ただしそういった本人情報やその撮影された写真が会員から漏れた時にはリサが今言ったような、違約金程度で済まないことは言うをまたないが、現在までのところこういったショーや普段のプレーの時に会員が撮影した写真が外部に漏れたという事実はない。デジタルカメラが急速に普及してきたおかげで、簡単に撮影したデータそのものをパソコンのハードディスクにコピーしてデータベース化することができるようになり、万一流出があった時にはその元データを誰が撮影して持ち帰ったのかはすぐにわかる。またこういったデータベースや会員の個人情報などは、USB指紋認証装置のついたスタ。ドアローンのワークステーショ。で管理しており、組織の側からの機密漏洩の危険性もない。
乳首ギリギ切なさと

ペニスをギュッと握りしめた

五名の生の体を充分検査していただいたところで、最後に競りにかけるわけですが、ひとりずつ競っていくわけではなく、後ほどお配りする用紙に奴隷全員の金額を入れて提出していただきます。食指が動かない子にはゼロ円で出していただいて構いませんし、参加される意志のない方は全員にゼロと書いて出していただいて構いません。なお参考までに後ほど過去二回の落札価格などもお知らせいたします。それでは早速はじめさせていた。だきます。リサの言葉を合図にステージ全体に灯りがいきわたり、吊された五人の前ど真ん中にリサが性器検査台と呼んだ赤い開脚椅子、右はじの加奈の横には身長と体重を計るための台が置かれ、その前にメジャーを持った赤いチャイナドレスのリサが進み出る。ステージ上は赤い色をアクセントとして統一しているといえる。