投稿日:

ララの股間を見る

美冴緒は微笑しながらフェラチオに集中した

しかも、全く似ていな。いや、兄弟で、腕を組んだりするものか、あれは男の恋人に違いない。ヤクザもビビらす男になびく女がいるとは思えん。ひょっとして、男が女を脅しているんじゃないのか。はたまた、よほどのブスなのか。オレは見た。この間、一日署長に来たあのアイドル歌手が、チビ·デブ·ブスに見えるほど可愛かったぞ。

  • いきリ勃っているペニスに
  • 何か解からないものに遊ばれる自分のクリトリスを感じていた
  • 股間は完全に猛り狂い臨戦態勢となっていた

再び草むらの中で己の肉棒をしこしこと擦りはじめるあれは懲役三十年ものの犯罪に違いない。所属する警視庁F署に、そんな面白、おかしい噂が流れた初夏のこと。それを本人に確かめようとしたお調子者は、片手で胸ぐらを捕まれて、つかの間の空中遊泳の栄に浴した。もちろん、リキはその時もその後も、一言も噂について語ろうとはしなかった。それから三年の時が流れ、受け取った、誰もが驚く、きまじめな結婚の挨拶状が来た。あの黒目がちのクリンとした瞳を持った少女は、真面目に大学生活を送り、真面目な交通指導員に就職を決め、ついでに真面目に結婚を決め、男亜由美となったのだ。淡勃起した俊治ものが

 

奴隷メイドとして

長い長い春だった。それ以来、4年間。子どもができないこと以外、仲睦まじいとはこのことだ、という見本のような結婚生活だった。いや、子どもができないこともあって、いつまでも続く甘い新婚生活と言っても良い。ささやかだが、最大の幸せの中にいたリキは、ある日、人生の2度目の絶望に出会うことになる。亜由美が失踪した。男の目の前で、いかにも素人くさい動きの男が脚立を堀に渡そうとしているのを見て浮かんだのは、感心とか、仲間を見つけた喜びでは決してない。コソ泥にしちゃ、大胆過ぎるよな。こんなに警戒の厳しいヤサは、組事務所にもねーぜ。
肉棒がビクビクと脈動を激しくして
乳首だけならわからんだろう美帆の乳房への鞭責めの後
錦鯉を浮かべてはみても、堀は堀だ。やはり、昔ながらの。という仕掛けは、侵入者を防ぐには絶好なのだ。おまけに。近所の子ども達が堀に落ちないように。とご丁寧にフェンスと鉄条網でそれを囲っている。おそらくは、警備員が、塀の内側を巡回しているはずだった。ヤクザの事務所を何度も手入れした経験から、リキは、この種の屋敷の警戒の仕方は知り尽くしていた。

 

女子高生のように見えてしまうのだ

その目の前で、ヨタヨタと侵入を企てている男が目の前にいた。堀を越えるにはああやって、をかけるのは理にはかなっていても、大げさすぎるし、警備する側の予想の範囲なのだが、男は、そんなことには気が回らないのだろう。トーシロが、あんなに大胆なことをして、見つからねーわけがねえだろがよぉ。リキが心配するそばから、案の定、塀の内側で、気配が動いた。気がついてねえんだろうな、やっぱし。目の前の男は、軽そうな脚立一つ渡すのに手間取っている。

お尻に手を置き嫌らしく撫で回して来ました

堀の中の剣呑な雰囲気にちっとも気が回らない様子で、ようやくかけた。を、今や渡り始めていた。鈍いヤツだ。赤外線に気がついているらしいのは、なかなかどうしてと、思えた。だが、苦労してその仕肝心のフェンス一つよじ登るのに苦労しているのだから掛けを破る工夫を重ねているのに、噴飯モノだった。このまま放っておけば、リキから見れば、しかし、もなく、警察に連絡してくれれば、おそらく塀の向こうで警備が待ち構えているはずだし、間外にも出てきて万事休すだろう。一番だがな、それはねーだろうよ。こういう時の常套手段である、警察への通報を、中の連中は、おそらく、選ばない気がした。

投稿日:

淡勃起した俊治ものが

乳首がさらにキュンと感じて

ちょっと!やり過ぎなんじゃないの?香奈子が、翔太の机の上にわざとらしく飾られた花を見て、俺に向かって口を尖らせる。11よく言うわ、この女。オメェが一番翔太の包茎チンポをバカにして最後はケリまで入れやがったくせに…翔太は香奈子にホレてたから、相当精神的ダメージが大きかったに違いない。だから、学校に来られなくなったんだ。それなのに…俺は、まる。でクラスのいじめっ子男子をたしなめる、真面目で美形の学級委員みたいな彼女の猫かぶりを見て、女は怖い、と心に刻み付けていた。俺じゃねえよ。まっくんじゃなかったら、誰があんな悪ふざけをするのよ!

アイツアイツ-俺が教えてやると、香奈子はヘラヘラ笑いを浮かべている、お調子者のデブまで文句を言いに行った。よっち!ああ言うのはやめてよ!いーじゃん、ピッタリだぜ。すると香奈子は一応ヒソヒソ話風によっちに言ってたけど、声がでかいので俺にも聞こえた。でも翔太がひどいいじめに遭っていることは、クラスでは公然の事実だから誰に聞かれたって、どうってことはないのだ。アッコTに知られたら、何かと面倒でしょ!アッコ。

週に1度くらいはセックスもする


ペニスが媚肉の凹部に結合し

ティー。と言うのは、クラス担任だ。新任の若い女の先生だ。から、皆結構ナメて掛かっている。翔太のいじめにも勘付いてるか知れないが、さすがに公然と刺激はしない方が懸命だろう。今のままなら、いくらでもいじめ放題に近い状態なのだから。この見た目は天使、中身は小悪魔と言うクラス1のカワイコちゃんにた。しなめられたよっちは、しょーがねえな、と頭をかきながら花瓶を取り除いた。

射精するまで動かし続けてしまう浅ましさ

すると、俺たちのいじめを見て見ぬフリをしているその他大勢の連中にも、ホッと安堵の雰囲気が漂う。いじめが先生に発覚して面倒なことに巻き込まれるのはまっぴらごめん、という気分がアリアリで、俺は心の中で毒突いた。オメェらみたいなのが一番タチが悪いんだぞ先頭に立って翔太をいじめている俺が言うのも気が引けるが、いじめに無関心な連中は加担しているのに等しい。俺たちいじめグループは男女ともごく普通の面々で、決して皆に恐がられる不良などではないのだ。あんなに露骨にいじめてるんだから、1人くらい翔太をかばって俺たちに注意の1つもすれば良いだろう。


カテーテルを尿道に挿入したらどんなに素晴らしいエクスタシーが得られることだろう

ペニスに立ち癖がついて

--腐ってるよな、このクラス翔太は昔から常にいじめの対象とされていたようで、小学校でも中学校でも長く休んでいたことがあると聞く。かわいそうだが、いじめられても仕方のない男だと思う。いつもむっつりと押し黙って、友達を作ろうと言う気がないようだ。背が低く肥満体で、動作はトロい。そのくせ頭は良くて、成績がトップクラスだと言うのも皆の不興を買う一因だ。が、何と言っても翔太がいじめの格好の標的になってしまうのは、コイツが何をされても決して抵抗せず、されるがままになっているからだ。

奴隷をひとり買った


奴隷志願の少女ネット上のハンドルネームだが

これは致命傷だろう何の抵抗もしない人間をいじめて面白いのか、って?そんなキレイ事を言うやつが俺は大嫌いだ。面白いに決まってるじゃないか。小さな頃虫を集めて羽をむしったり体を千切ったり、残虐な行為を加えて遊ばなかったか?人間は無抵抗な生命を弄んでやりたいという、邪悪な本能を持っているのだと思う。だから翔太はいじめられるのだ。お早う。よっちが花を片付け終わった頃を見計らったかのように、その声が聞こえて俺は少しギョッとした。翔太だ!もちろん誰1人その挨拶に答えようという人間はいない。翔太に挨拶することで、いじめの火の粉が自分に降りかかって来ることを恐れているのか?そんなのは言い訳だ。そして立ち上がると手早く自分も下半身裸になり

  • バイブを成美さんの
  • その膣壁にあるペニスをくすぐるような感触といい
  • 調教されたくなる
投稿日:

尻をあげると

乱交で思う存分するセックスが一番気持ちいい

股間の肌に当たる刃物の冷たい感触が恐ろしくて動くに動けず
ペニスをくわえ込んだ歓びをあからさまに表現する

へえ、こんな所に出られたんだ。スゲえだろ。俺もこないだ初めて知ったんだ。背後から聞こえて来た声に私は愕然とし、凍り付いてしまいました。中山君ではありません。ああ、男子2人のもっと低い声です。おしまいだわもう、さんざん考えてしまった怖ろしい可能性が現実になってしまったのです。彼らはSM道具で目と口を塞がれ首輪を繋がれている大柄な女子を見て、どう反応するでしょう?その後の惨めなシナリオを、私は何通りも想像してしまっていました。
フェラチオサービスはどうだった

亀頭の先端にくっつけた

が、その危機一髪の瞬間でした。何してんの?甲高い女の子みたいな男の子の声です。いや、何でもない。こんな場所があるんだな、って調べてただけだよ。すっかり作ったような展開でしたが、私の危機を救ってくれた王子様がアイマスクを外してくれました。危ない所だったね、お姉さん。そうニコニコ無邪気そうに笑うコナン君が、本当に白馬の王子様のように見えてしまいました。僕が声を掛けたらすぐ。さっきの人達、逃げて行ったよ。

子宮の奥すら男根への渇望に蕩けさせられてしまっていた

タバコを吸いに来てたみたいで、涙でけぶる目を見られるのはとても羞ずかしかったけど、と。王子様。を見つめます。私はしっかり。SMごっこ、スリルがあって楽しかったでしょ、まさみお姉さん。彼が忌まわしい口枷を吐き出させてくれながら、私の顔を覗き込んで来ます。私はさっき味わったのとは違うドキドキで胸をときめかしてしまいました。ねえ、ホントの名前教えてよ、お姉さん。日浦、麻衣…。まいお姉さんって、言うんだね。
人妻かどうかは別にして

シャーッとオマンコから潮が噴いた

僕は中山大地。大地君って呼んでよ。えっちな大地君が、私のハーフパンツの中に無遠慮に手を突っ込んで来ても、拗ねて甘えるような声しか出ませんでした。まいお姉さん、ビショビショだよ。もしかして、おしっこしちゃっ。ち、違うよ…。じゃあやっぱり、SMごっこが気に入ってくれたんだね。ああ…。信じられませんでした。私はえっちの経験はまだありませんし、怖くて1人えっちもした事もなかったんです。もちろん女の子が気持ち良くなる。と濡れてしまう、と言う知識くらいはありましたけど。

奴隷らしいマゾヒスチックな歓びに溺れていき
尻の持ち主で

オマンコイキ出来る女性は

それはフェラチオというより麻衣お姉さん、天地君…キスしよ。私は1人っ子ですけど、黒縁眼鏡のコナン君みたいな大地君が唇を尖らせて迫って来ると、まるでかわいい弟とイケない事をするような感じがして、異常に興奮してわけがわからなくなり、目をつむって彼に唇を与えてしまったのです。キスの間も、大地君の手は私の濡らしてしまったアソコを弄っていました。こうして初めてのキスとえっちを同時に経験してしまった私は、身も心もトロトロに蕩けるような心地良さに浸っていました。大地君が唇を外し、手を抜こうとした時、私は無意識に。行かないで。という感じで太股で彼の手を挟み付けるという、羞ずかしい反応をしてしまいました。
亀頭を覆っていた温もりが肉棒すべてを包みこんだ

愛撫されるだけで

麻衣お姉さんが歓んでくれた証だよ。舐めてみて。大地君の濡れて光る指を1本舐めると、すっぱいのと苦いのが混じった。味がしまった。これが私のラブジュースの味でしょうか。パンツを見せてよ。濡れてるのに。でも大地君がハーフパンツを脱がせて来ると、私は腰を浮かせて協力してしまいました。手が邪魔だよ。後ろに組み直して。大地君が前で掛けていた手錠を外して来ると、私は言われる通り両手を背中に回してそこで手錠を掛け直されました。

投稿日:

乳首の陰影が浮かんでいることに気付いた

乳首を掘り起こすようにつつく

バイブが壊れるくらいきつくただ施錠された扉や窓を開けると、警報が契約している警備会社にとどくはずだ。しかし喜四郎はどうやったのか、平気な顔で校舎の裏口の鍵をはずして理紗と泉美を中へ入れて、セクシーランジェリーに着替えさせたのだ。裏口は細長い校舎の一方の端にあり、三人はすぐに階段を上がって、階の廊下の端へ出た。そこから廊下を歩きつづけている。無人だとわかっていても感じる、変態的な露出姿を誰かに見られるかもしれないという恐怖以上に、理紗と泉美を悩ませているものがあった。やむことのない、肉体の疼きだ。理紗と泉美は最初に絶頂を迎えて、知らない駅に降りてから、また別の喜四郎が二人の身体に手列車に乗り、互いを愛撫することを強制された。
オナニーし続けた思春期

浩介のものは彼女の柔らかな乳房やブラそれはブラジャーをしたままパイズリをやってい

を出してくることもあった。しかし、一度も果てることはできなかった。二人がそろってイキそうになると、喜四郎に止められた。その後は、普通に鉄道旅行を楽しむようにふるまわされた。そして理紗と泉美の身体が落ち着くと、再び電車内で昂らされる。そのくりかえしだった。そしてある駅前の駐車場に、喜四郎のワゴン車が用意してあった。膣鏡の嘴は

肉棒でのけ反っている


と泉美は窓のない後部シートに乗せられ、外が見えないまま運ばれ、したのは夜の樫山学園だったのだ。理紗到着理紗も、泉美も、せられるばかりで、午前中に一度絶頂を迎えた後は、解放されることがない。快感を体内に蓄積さ今も死ぬほど恥ずかしい格好で、自分たちの重要な生活の場である学園内を歩かされているのに、意識を占めているのは、溜まりに溜まった疼きを癒やしたくてたまらないという欲求だ。一歩前へ進むたびに、裸足の裏を廊下の硬い床に押しつけるかすかな振動が、両脚の中心に大きく響いた。まるで下腹部の中にグツグツと沸騰した女蜜のタンクがあり、足を動かすたびに、大きく揺れているようだ。
ペニスをつまみ

オーガズムにまで逝けそうで逝けない中途半端な快楽の渦は苦痛を生み出す

ペニスをキュ
全身が痺れ波打つ熱い愛蜜は、膣やクリトリスを内側から執拗に叩き、る疼きを発して、出口を破ろうとする。しかし、直接の刺激を受けなくては、絶頂という出口は開かれない。逆に少しずつ疼きがひどくなり、体内の蜜液がじっとりと重くなっていく。下半身だけでなく、真紅のハーフカップに収まった理紗と泉美の、合計四つの美乳は、パンに張りつめている。ブラジャーにぎりぎり隠れている乳首は、痛いほどにしこっていながら、自身の乳肉とカップの間で圧迫されて、折り曲げられていた。
あの 先生のおいしいチンポを

乳首に触れただけで甘美な電流に撃たれたような心地良い戦慄が迸り

乳房がたぷんと揺れて、乳首がよじられ、そのために歩くたびに、電流の火花が散る。快感ブラジャーとパ。ティの真紅の色が体熱で溶けだしたかのように、女教師と女生徒の色白の肌は淡い朱に色づいた。夜風が涼しい時期なのに、全身がしっとりと汗に濡れている。じりじりとした焦燥感に苛まれながら二階の廊下の半分を渡ると、から命令が飛んできた。その扉から、教室へ入るんだ。背後理紗と泉美は同時に足を止め、教室のネームプレートを見上げた。
クリトリスが熱を持っているようで

股間を直撃する

老人なりに勃起しているのだろう
ながらも、間違いなく。一年四組担任白木理紗教諭。と記してある。わたしたちの教室に、この格好で入れと言うの!絶対にいやです!暗いたいせつな自分の教室に、卑猥な姿で足を踏み入れるのは、他の生徒たちの生活そのものを、冒涜することだった。これでも、いやなのか。自分自身や理紗の内腿の間に、喜四郎の右手が潜りこんだ。丘を、指で前後になぞられる。ひっ!はうううん!真紅の布が喰い入る恥泉美の股間も、左手がくぐり、パンティ越しに指で肉唇を強くつままれ。