投稿日:

首筋が引浩介は双方の乳首を交互にしゃぶりたてていく

バイブレーションが沁みこむ乳房と反響して

乳首を舐めさせれば
そろそろチンポ入れてやりなよ

よーし、だんだん上手になってきたね。赤岩の指が口の中に入り、先端をつまむと、今日はちょっと変えましょう。あすーっと縄を通されはす。長く引っ張り出されて、縛られました。こっちを引っ張ると。ああ先端を乳首に巻き付けます。細い縄で乳首が絞首刑のようにくびれ鼻の粘膜が擦れ、乳首が引っ張られる…。お客様たちが笑うのが悲しいのです。こっちも。左右の鼻に別の縄が通されて、それぞれに乳首に縛り付けるのです。
表情を観察しつつ挿入を加減している局所麻酔もしていないので

ペニスを舐めまわしたり咥えてしごいたりしているとますます興奮し欲情してきたらしく

こうしたらどうなるかな?しぼ鼻のところで二本の縄を交差させ、絞り上げます。ふぃぃぃぃ。乳首がちぎれそうになります。みっともないでしょう。読者モデルまでしたことのある人妻が、になっていますね。こんな荒れ地で、すごいことすぐに緩めてくれましたが、悲しすぎます。風もあるので、みなさんがいつシャッターを切っているのかわかりません。

それをペニスをくわえた美和子はせつなげな鼻声を洩らして顔を振りながら

次はこっちです。金男と赤岩に体を倒されて、スニーカーを脱がされ、足に縄をかけられます。股間が剥き出しになります。十一のレンズがあちらこちらから、わたしに向けられています。草原の上で、なにも下には敷いてくれません。肌で枯れ草を感じながら、すねもも脛と腿を折りたたみ、きっちりと編み上げるように縛られました。縛られるのです。金男がわたしの背中から抱えるようにして、体を起こしました。
男のペニスが大きく膨らみ

瞼の裏に男のものを勃起させた筋肉質の裸体が浮かんできた

うぐううう!足は自由にならないのですが、すもうそんきょお相撲の蹲踞のように、つま先でしゃがんだかっこうに立たされます。こうしてみましょう。赤岩が鼻の縄を持ち、離れたところに立ちます。縄が徐々にぴーんと張られます。口から出て乳首につながる縄は開口器のせいで、わたしにはコントロールできないのです。あうう。さあ、なわみ。散歩だ。しゃがんだまま、ヨチヨチと歩かせようというのです。ひどいのです。ただのモデルではなく、金男と赤岩に責められているところを自由に撮影さ金男の持っている暗い欲望と赤岩の嗜好は、掛け算のように残酷な方向へ進んでいくのではないでしょうか。

下着を剥ぎ取られて無理やり股を開かされ
西川先生のオナニーの件を

可愛いフェラ顔しているのに

猛った肉棒で恥ずかしい部分をかきまわしてほしいこの荒野でなにをされるのか。まったく聞かされていません。夫の許可が出ている以上、二人はわたしを最低限、子どもが産める体に保ちさえすれば、あとはなにをやってもいいことになるのです。あううぅぅ。粘膜を擦られ、必死に歩きます。タイミングが合わないと、強烈に乳首を引っ張られることになります。右、左と体を方向けながら、裸足で荒れ地を歩く姿は、どんな風に映るのでしょうか。
男のペニスが大きく膨らみ

芙蓉子は眼の前にいる少年の奴隷になる決心をした

もっと、おっぱいを揺すって歩けよ。と金男に言われます。そうだ、股も開いて歩くんだ。赤岩も手を緩めません。風が冷たいのに、あっという間に汗が噴き出てきました。もう一周お願いします!参加者の声に押されて、必死に歩かされました。ポルチオ縄奴隷としての撮影会。それも野外空は曇っていて、薄寒い風が吹いています。ときおり鳥の鳴き声がするぐらいで、あたりは静かすぎるほどです。

投稿日:

淡勃起した俊治ものが

乳首がさらにキュンと感じて

ちょっと!やり過ぎなんじゃないの?香奈子が、翔太の机の上にわざとらしく飾られた花を見て、俺に向かって口を尖らせる。11よく言うわ、この女。オメェが一番翔太の包茎チンポをバカにして最後はケリまで入れやがったくせに…翔太は香奈子にホレてたから、相当精神的ダメージが大きかったに違いない。だから、学校に来られなくなったんだ。それなのに…俺は、まる。でクラスのいじめっ子男子をたしなめる、真面目で美形の学級委員みたいな彼女の猫かぶりを見て、女は怖い、と心に刻み付けていた。俺じゃねえよ。まっくんじゃなかったら、誰があんな悪ふざけをするのよ!

アイツアイツ-俺が教えてやると、香奈子はヘラヘラ笑いを浮かべている、お調子者のデブまで文句を言いに行った。よっち!ああ言うのはやめてよ!いーじゃん、ピッタリだぜ。すると香奈子は一応ヒソヒソ話風によっちに言ってたけど、声がでかいので俺にも聞こえた。でも翔太がひどいいじめに遭っていることは、クラスでは公然の事実だから誰に聞かれたって、どうってことはないのだ。アッコTに知られたら、何かと面倒でしょ!アッコ。

週に1度くらいはセックスもする


ペニスが媚肉の凹部に結合し

ティー。と言うのは、クラス担任だ。新任の若い女の先生だ。から、皆結構ナメて掛かっている。翔太のいじめにも勘付いてるか知れないが、さすがに公然と刺激はしない方が懸命だろう。今のままなら、いくらでもいじめ放題に近い状態なのだから。この見た目は天使、中身は小悪魔と言うクラス1のカワイコちゃんにた。しなめられたよっちは、しょーがねえな、と頭をかきながら花瓶を取り除いた。

射精するまで動かし続けてしまう浅ましさ

すると、俺たちのいじめを見て見ぬフリをしているその他大勢の連中にも、ホッと安堵の雰囲気が漂う。いじめが先生に発覚して面倒なことに巻き込まれるのはまっぴらごめん、という気分がアリアリで、俺は心の中で毒突いた。オメェらみたいなのが一番タチが悪いんだぞ先頭に立って翔太をいじめている俺が言うのも気が引けるが、いじめに無関心な連中は加担しているのに等しい。俺たちいじめグループは男女ともごく普通の面々で、決して皆に恐がられる不良などではないのだ。あんなに露骨にいじめてるんだから、1人くらい翔太をかばって俺たちに注意の1つもすれば良いだろう。


カテーテルを尿道に挿入したらどんなに素晴らしいエクスタシーが得られることだろう

ペニスに立ち癖がついて

--腐ってるよな、このクラス翔太は昔から常にいじめの対象とされていたようで、小学校でも中学校でも長く休んでいたことがあると聞く。かわいそうだが、いじめられても仕方のない男だと思う。いつもむっつりと押し黙って、友達を作ろうと言う気がないようだ。背が低く肥満体で、動作はトロい。そのくせ頭は良くて、成績がトップクラスだと言うのも皆の不興を買う一因だ。が、何と言っても翔太がいじめの格好の標的になってしまうのは、コイツが何をされても決して抵抗せず、されるがままになっているからだ。

奴隷をひとり買った


奴隷志願の少女ネット上のハンドルネームだが

これは致命傷だろう何の抵抗もしない人間をいじめて面白いのか、って?そんなキレイ事を言うやつが俺は大嫌いだ。面白いに決まってるじゃないか。小さな頃虫を集めて羽をむしったり体を千切ったり、残虐な行為を加えて遊ばなかったか?人間は無抵抗な生命を弄んでやりたいという、邪悪な本能を持っているのだと思う。だから翔太はいじめられるのだ。お早う。よっちが花を片付け終わった頃を見計らったかのように、その声が聞こえて俺は少しギョッとした。翔太だ!もちろん誰1人その挨拶に答えようという人間はいない。翔太に挨拶することで、いじめの火の粉が自分に降りかかって来ることを恐れているのか?そんなのは言い訳だ。そして立ち上がると手早く自分も下半身裸になり

  • バイブを成美さんの
  • その膣壁にあるペニスをくすぐるような感触といい
  • 調教されたくなる
投稿日:

私とのセックスは

さっき射精したばかりなのに

奴隷ならそれらしくていねいに頼まんかあん、いやぁ。これじゃあ速く動けない。万里子、夏美がのろのろするようなら遠慮なくケツをぶて。夏美の尻には、まだ比較的新しい鞭の痕がたくさんついている。今日も何人かの会員に責められてきたのだろう。反応がますますよくなったと評判を得ているときく乃里子に尻を平手で何度も叩かれて、腰を動かしはじめると、夏美、加奈の両方から淫らな声が漏れた。あん、私までヘンな気になっちやう。ださいい。
股間の付け根や太ももなど

調教してみようか

先生、乃里にも乃里にも何かしてく米倉は、初めてこの娘を見たときの事を思い出して苦笑いをした。あれからまだ数年、こんな十代の子供でも女はその快楽を知るととことん貪欲になるものだ。あら、いいことしてるわね。どれどれ乃里子には私が何してあげようかな。鞭、蝋燭、それとも乃里子もそのかわいいお尻の穴にバイヴ欲しい。ともお浣腸がいいかしら。それ先程のスーツ姿のままの美樹が降りてきた。ついさっきのオーガズムは

着衣のままのセックス


あん、美樹さん。美樹さんならキスしてくれるだけでも乃里子いっちゃうかもしれません。乃里に美樹さんのお口吸わせて、お唾たくさん飲ませて。歩み寄った美樹が乃里子の唇にチュッとキスを与えてやっている。この美樹にしろ、瑞花にしろ元々マゾだったのに、いつの間にか女を責めることにも悦びを見いだすようになっている。そして今日を見る限りは、夏美にも乃里子にもそれは伝わっているよう元々の資質なのか、自分が受けたことからの学習によるものなのかはわからないが、まあ見ている分にはこんな淫らでそそられる光景も滅多とあるものではないだろう、いくらかの釈然としない思いを持ちながらも、米倉は、美樹が両手に持ってきて横のテーブルに置いたグラスを手にした。
尻をあげると

大竹は急いで芙蓉子の肛門を犯す愚はしなかった

セックスのすごさを思い知らされる裂けそうなほどひろがったアヌスを見ていると
おまんこイク-イキます!と、加奈が声を上げると私もお尻でいっちゃいます、もう駄目!と夏美も感極まった声を出す。ほらほら、乃里子はご主人様退屈そうだからご奉仕してらっしゃい。言った美樹は既に全裸にやはり疑似男根付きの腰べト。万里子のより太いわよ、お尻の穴拡張されて、ますます太いうんちが出る。ようになると楽しいわね、夏美。美樹の女王様ぶりよりも、加奈以外全員が腰に疑似男根を有している光景を見ると、案外、この稀にみるマゾヒストの女たちにとって、自分たちが交代で責め役をする事を覚えていくと、その結果、男なんて不要になる。
それにこんなに硬いわ藤岡のペニスがなかなか硬くならなかったこと

肉棒を口に含んだ高坂の

のではないのかとさえ思える。今日とて、昼間さんざん淫らな事を強いられてきている筈の女たちが体についた鞭痕や縄目の痕以外には、何らその苦痛への疲労も快楽の記憶も留めていない。ただ、ひたすら新たな淫らな遊びに心を躍らせていた。先生、ご奉仕させて頂きます。乃里、先生にするご奉仕が一番好き。もっともっといつも乃里を呼んでお仕えさせてください。私はやっぱり虐める。役より、虐められたりご奉仕の命令が好き。
パイパン好きだそうですから

チンポに支配されちやうのね…うああ

処女を失うときに
あと、ママのようにもっと鞭とかしていただける体になりたい。パパはいつまでもお尻を手でぶってくれるだけだし。つかバスローブの中に顔を入れて、含んだ瞬間に数回舌を先端で回転させて、それを挨拶替わりというかのように一気に喉まで飲み込むしばらく喉の最奥の感触を楽しませつつ、微妙に舌を動かすなどという技術をいつの間にか娘は身につけていて、米倉を驚かせた。先生、私手使わずに、それからご主人様たちに腰を使っていただくこともなしに、ちゃんとイカせられるようになったんですよ。一度口からそれを出して、だからもっと時々呼んで…と、上目使いに言今度は裏筋を舐め降りて行きながら。

投稿日:

処女教師とやるんだ

ペニスを見たことある

イッたのにっ、あっ、あっ、あっ、また汁がどんどんっ。高坂は挿入したまま涼子を立たせると、最後に残っていた尻穴の器具に手をかけた。これから涼子の処女アナルをいただくからね。アナルビーズを徐々に抜きにかかる。五つ連なった玉がゴリゴリと穴を広げて1つずつ出てくる。肛門の入口に玉が引っ掛かるたびに涼子は大声で喘いだ。

ああっ、どうして?アナルまでがつ。まだしたことないのに、き、気持ちいいっ。高坂はビーズを抜き取ってしまうと涼子の両手を自由にし、床に這わせた。アナル欲しいか?くださいっ。処女アナルもらってくださいっ。は、早くっ。涼子は自ら尻を掲げ、尻穴に淫液を塗りたくるとグイと広げて見せた。高坂は肉棒を尻穴にあてがうと、少しずつ侵入を開始した。

射精欲求のままに


愛撫だ

肉茎が進むにつれ、穴がだんだ。んと広がってゆく。いやああつ。マンコつ、マンコと同じっ。あっ、あっ。高坂が秘裂に指を差し入れる。陰茎で尻の奥まで貫くと同時に指を根元まで入れ陰部をかきまわした。みなさんの前で処女アナルを失って喜んでる変態だね。あぁ?そうです、間違いありません。初めてのアナルセックスを見られて喜んでるど変態ですっ。

あゆみちゃんのお尻の穴からオマンコに入ってるチンポまで指に伝わってくるよ

罰を与えるよ。みなさんのものをすべてしゃぶって差し上げろ。それを聞くと、まず店員の男が硬く反り返った陰茎を涼子の顔の前に差し出した。涼子はもう躊躇うことなく一気に喉まで含み、猛然と顔を振り動かす。あっという間に最後を迎えると男は涼子の髪をつかみ、根元まで肉棒をねじこむと、口中に精液を流し込んだ。んんんんんん。こぼすんじゃないぞ。全部飲んで差し上げなさい。


痴女について

膣内を楽しんだ

口の中に男の臭いが広がってゆく。涼子にとってはもうそれすら快楽の一部となっており、すべて飲み下すと体の中まで凌辱されたような激しい興奮が襲ってきた。今までただ黙って見ていたほかの男たちもそれに続いて次々に陰茎を差し出してくる。涼子は今度は一本一本味わうように、袋を舐め、茎に舌を沿わせ、これまでだれにも見せたことのない淫猥な表情で幹を吸い上げた。もちろんその間、高坂の肉棒が尻を何度も貫き、指は陰部をほじくってくる。涼子は全身性器となってすべての攻撃を受け止めた。

尻を左右に振る


亀頭快感で生殺しにされる貢を堪能する

あぐううっ。ぜ、全部気持ちいいっ。全部ってここのことか?高坂が尻へのピッチを速める。そうっ。ア、アナルのことですっ。ここもじゃないのか?突然ヌルっと尻穴から引き抜くと今度は下の隠裂に打ち込む。あひぃぃぃっ。や、やっぱりマンコが一番です。再び抜いて尻に突き立てる。ああ、アナルもつ。処女アナルなのにびしょ濡れっ。陰茎をしゃぶられていた男が我慢できずに口内へとぶちまける。ペニスをつまみ

  • 柔らかだっ男の指先は人妻の体温を感じ取っていたが
  • 尻尾を振って女を苛めるのが飯より好きな田原なら
  • それを見て上等兵が口のなかにペニスを突きたてた
投稿日:

尻をあげると

乱交で思う存分するセックスが一番気持ちいい

股間の肌に当たる刃物の冷たい感触が恐ろしくて動くに動けず
ペニスをくわえ込んだ歓びをあからさまに表現する

へえ、こんな所に出られたんだ。スゲえだろ。俺もこないだ初めて知ったんだ。背後から聞こえて来た声に私は愕然とし、凍り付いてしまいました。中山君ではありません。ああ、男子2人のもっと低い声です。おしまいだわもう、さんざん考えてしまった怖ろしい可能性が現実になってしまったのです。彼らはSM道具で目と口を塞がれ首輪を繋がれている大柄な女子を見て、どう反応するでしょう?その後の惨めなシナリオを、私は何通りも想像してしまっていました。
フェラチオサービスはどうだった

亀頭の先端にくっつけた

が、その危機一髪の瞬間でした。何してんの?甲高い女の子みたいな男の子の声です。いや、何でもない。こんな場所があるんだな、って調べてただけだよ。すっかり作ったような展開でしたが、私の危機を救ってくれた王子様がアイマスクを外してくれました。危ない所だったね、お姉さん。そうニコニコ無邪気そうに笑うコナン君が、本当に白馬の王子様のように見えてしまいました。僕が声を掛けたらすぐ。さっきの人達、逃げて行ったよ。

子宮の奥すら男根への渇望に蕩けさせられてしまっていた

タバコを吸いに来てたみたいで、涙でけぶる目を見られるのはとても羞ずかしかったけど、と。王子様。を見つめます。私はしっかり。SMごっこ、スリルがあって楽しかったでしょ、まさみお姉さん。彼が忌まわしい口枷を吐き出させてくれながら、私の顔を覗き込んで来ます。私はさっき味わったのとは違うドキドキで胸をときめかしてしまいました。ねえ、ホントの名前教えてよ、お姉さん。日浦、麻衣…。まいお姉さんって、言うんだね。
人妻かどうかは別にして

シャーッとオマンコから潮が噴いた

僕は中山大地。大地君って呼んでよ。えっちな大地君が、私のハーフパンツの中に無遠慮に手を突っ込んで来ても、拗ねて甘えるような声しか出ませんでした。まいお姉さん、ビショビショだよ。もしかして、おしっこしちゃっ。ち、違うよ…。じゃあやっぱり、SMごっこが気に入ってくれたんだね。ああ…。信じられませんでした。私はえっちの経験はまだありませんし、怖くて1人えっちもした事もなかったんです。もちろん女の子が気持ち良くなる。と濡れてしまう、と言う知識くらいはありましたけど。

奴隷らしいマゾヒスチックな歓びに溺れていき
尻の持ち主で

オマンコイキ出来る女性は

それはフェラチオというより麻衣お姉さん、天地君…キスしよ。私は1人っ子ですけど、黒縁眼鏡のコナン君みたいな大地君が唇を尖らせて迫って来ると、まるでかわいい弟とイケない事をするような感じがして、異常に興奮してわけがわからなくなり、目をつむって彼に唇を与えてしまったのです。キスの間も、大地君の手は私の濡らしてしまったアソコを弄っていました。こうして初めてのキスとえっちを同時に経験してしまった私は、身も心もトロトロに蕩けるような心地良さに浸っていました。大地君が唇を外し、手を抜こうとした時、私は無意識に。行かないで。という感じで太股で彼の手を挟み付けるという、羞ずかしい反応をしてしまいました。
亀頭を覆っていた温もりが肉棒すべてを包みこんだ

愛撫されるだけで

麻衣お姉さんが歓んでくれた証だよ。舐めてみて。大地君の濡れて光る指を1本舐めると、すっぱいのと苦いのが混じった。味がしまった。これが私のラブジュースの味でしょうか。パンツを見せてよ。濡れてるのに。でも大地君がハーフパンツを脱がせて来ると、私は腰を浮かせて協力してしまいました。手が邪魔だよ。後ろに組み直して。大地君が前で掛けていた手錠を外して来ると、私は言われる通り両手を背中に回してそこで手錠を掛け直されました。

投稿日:

尻も動いているところを見ると

女の股間へ向女の喉から切なげな声がもれる

それに婦長の百戦錬磨のような唇と舌が、縦横無尽に責め立てて来るのだ。実は俺は仮性包茎なのだが婦長の舌が器用に包皮をどけてしまい、カリ首と胴体の間に溜まった恥垢を舐めとるようにしゃぶられた時には、余りの気持ち良さに、ああと女の子みたいな情けない声が出てしまった。そしてそれまでデリケートな口使いで俺を快感で夢中にさせていた婦長が、激しくジュバッジュバッと口をストロークして、とどめとばかりチューッと強烈に吸い上げられた俺は、5分と持たずドバッと劣情の証を放出してしまったのである。ずいぶんとイキがいいじゃないの、守君。こんな濃いザーメンを溜め込んでちゃカラダに毒だよ。これからはアタシがアンタの下の世話をしてぁげるからね。

  • 奴隷という存在が重いということがわかったような気がした
  • アソコが中から熱くなっていく美穂の花唇は男の指が花弁を擦り返すたびに物欲しげに痙
  • 股間を指でつまんで少し引っ張り

乳首を捻りあげてきた婦長のフェラチオテクニックの凄さに抵抗を諦めて目を閉じ、恭子ちゃんにされているのだと想像していた俺は、婦長の低いダミ声が耳障りで、目を開けると醜く太った婦長の姿に現実に引き戻されゾッとした。が、婦長は相変わらず俺のペニスをくわえ込むとクチュクチュ口を動かして精液を一滴も残さず搾り取って来る。それが又イッタばかりの俺には刺激になってしまい、おぞましい快感が込み上げて来てペニスが萎えてくれなかった。それどころか一発抜いてますます硬度が増してしまったような感さえあった。だから俺が情けなく慄える小声で。下の世話。人妻かどうかは別にして

 

下着等を売ってくれる女の子の確保が難しくなり

を断ろうとしても豪快に笑い飛ばされてしまった。まだまだ元気なままじゃないか…。と婦長の。ははは、何言ってるんだい。そして婦長は今度は肉厚の手でペニスを握り締めると、ゆっくりシゴき始めたのだが、相撲取りみたいな肉付きのよい手の感触が又絶妙なのだった。さらに婦長は巨体を丸めて再び俺の股間に顔を埋めると、ペニスをシコッコとしごきながら、睾丸を口に含んだり、舌を竿の下部に這わせたりと性テクニックの限りを尽くして来た。これではたまらないが、何と言つても婦長にアナルを舐められた時の衝撃と言ったらなかった。
ザーメンを出してしまうのは
下半身のすべてもが露わになる
スルスルと滑らかに婦長の舌がアナルを出入りする度に異次元のアブナイ快感が突き抜けて、俺はあっと言う間に2発目の射精に導かれてしまったのである。アナルが感じるとはイケない子だね。この薄汚い豚野郎!豚はお前の方だろうと一瞬思ったが、射精したザーメ。を手に絡めてなおもペニスをシゴきながら罵声を浴びせて来る婦長の猛攻の前に俺はもう完全にKOされていた。そして2回射精してなお萎えないペニスを掴まれてビクビクさせている俺の顔の前に、婦長はピンクの白衣をはだけてパソツを脱ぎ捨て、むせるような剛毛の股間を押しつけて来た。こうしてバラ色だった俺の入院生活は、担当を替わってしまった婦長との、強烈な性プレイで塗りつぶされていった。

 

乳首を弄りながら豊かになった乳房を揉み濡れパンツの下に潜らせた手で彼女の好きな包

脚の怪我は解放に向かっていたが、俺はギブスが取れるのが怖かった。毎日2、3発精液を搾り取られていた婦長にセックスの約束をさせられていたからである。自分の母親より年上で相撲取りのように太った醜い婦長に今でも猛烈な嫌悪感は覚えるのだが、俺のカラダは彼女の肉のタップリついた手と軟体動物のように蠢く口唇や舌にならされて、どうしたってペニスが反応してしまう。今婦長からは、退院したら一緒に暮らさないかと誘われている。離婚して独り身の婦長は、俺に就職なんかしないでいいと言うのだ。

お尻を手で触りながらダメージを確認している

カらいそれも1つの生き方かも知れない。婦長のヒモになり、何不自由のない安楽な生活を送りながら、彼女の。性奴隷。として、素晴らしい性の快感まで味わわせてもらえるのだから。俺はたまに申し訳のように姿を現す恭子ちゃんより、醜く太った初老の女性に激しく欲情し、婦長が近付いて来ただけで痛いくらいに勃起してしまうペニスを感じながら、そう思うのだった。不感症私はキョーコ。高校2年生。今私、タカシ君って言う同じ高校で1学年上の先輩と付き合ってるんだ。タカシ君と私はブラスバ。ド部の先輩後輩で私が1年の時先輩からコクられてお付き合いが始まり、もう半年以上続いてるの。

投稿日:

美乳だが

アナルです

ああもう、どうにでもして!早く犯してちょうだいそれはやはり恐ろしい薬の作用だったでしょう。自分の指でくつろげてしまった恥ずかしい部分からはまるで失禁したかのようにジュクジュクととめどなく熱湯のような液体が溢れ、何度でもぶり返してしまう猛烈な欲情がますます苛烈に私を責め苛んでいたのです。今度はビデオ撮影してやるからな。カメラに向かってオナニーして見せ。そんなの絶対嫌ですっ!ああんっし。女の嫌よ嫌よは好きのうちとは良く言ったもんだな。口声が出てんじゃねえか、笑わせるな。乳を触っただけでエ自由が利かず自分のものでなくなったような手指は、すぐさま胸と股間に当てがわれて嫌らしく動き始めてしまいました。

  • 下半身丸出しで
  • バイブの刺激が凄まじく
  • この好色淫乱女子高生が

男根を根本から軽く乳首に触れただけで甘美な電流に撃たれたような心地良い戦慄が迸り、声も我慢出来ません。せんせぇ、親指でクリちゃんムキムキしてみようよ。ウヒイッツ!!人差し指と中指はオマンコに入れてくちゅくちゅするの。ああつつ。小指はお尻に入れちゃえ。ハオウツツー!せんせえ、すっご-い!ホントに処女なの?澄ました顔してたくせに、一皮剥いたらこのザマかよ。尻も動いているところを見ると

 

お尻の穴がめくれあがっていくような感じ

イク時は大声でそう言えよ!ビデオカメラを向けられた事で強い抵抗を覚え、絶対恥ずかしい姿を晒してはならぬと思った私の決意は、石のように屹立した乳首を摘み欲情でパンパンに張りつめた乳房を掴んだ途端にアッサリ砕け散りました。エッチな声が次々にせくりしげ、菜穂さんに教えられるままにお尻の穴まで弄ってしまう嫌らしいオナニーを始めてしまうと、もう無我夢中でした。ビデオを撮られていると言う意識はあるのですが、それはむしろ私の興奮を増すばかりのスパイスに過ぎません。あっと言う間に昇り詰めた私ははずかしい液体をくじらのように吹き上げて。とわめいていました。こりゃスゲェ。Aっ女優も真っ青、千寿先生の潮吹きオナニーショウだぜ。
エッチを楽しもうな
それが射精だと分かる前に
もっと近くから撮ってやるから、後2回イッテ見せな。そしたらいよいよ本番だ。千寿せんせぇ、イキ顔最高!ホント、かわいいんだぁ。からかわれ、カメラを持ってやって来た町田先生に覗き込むようにレズを近付けられても、私は狂ったようなオナニーをやめる事が出来ません。操られる手は勝手に動き、ドロドロに白熱した体は素直に浅ましく反応して、大声で絶頂を叫んではカメラのレンズまで汚してしまう有様でした。よし、おしまいだ。両手を頭の後ろで組め。さっきと正反対で、オナニーをやめたくなくて。と口走ってしまいそうでしたが、私の手は町田先生に言われた通り動きます。

 

ペニスをひくつかせる

先生はカメラを菜穂さんに渡して言いました。千寿先生のロストバージンを撮影してくれ。せんせえが女の子になるトコ、撮ってあげますね。…やめて…ひど過ぎます。オナニーショウで壮絶な絶頂を3回も晒してしまった直後の私は、かす。れる声でそう呟くのがやっとでした。でも男の人を迎え入れる態勢は少しも崩せず、床にはもう大きな水たまりが出来ています。体の方はそう言ってねえみたいだぜ。ほうら。

お尻の中をキレイに掃除して差し上げましょう

ああっ!あ、あふうんっっ!!町田先生が男性自身を手で握り締め、開いたキノコの傘の部分で剥け上がった股間の肉豆をグリグリと擦って来ると、嫌らし過ぎる鼻声が洩れてしまう私の体は強烈な興奮でざわめいて、淫らな血が沸騰するような思いになりました。もう降参です。私はまだ処女なのに、狂ってしまった体が猛烈に町田先生を欲しがってしまっているのでした。正ちゃんにあげるつもりだったのに。もう、死んでしまいたい。彼の顔を思い浮かべて自制しようとしても無駄でした。ビデオカメラの前だと言うのに、私は町田先生に進んで体を開き、バージンを捧げてしまうんです。

投稿日:

右指で股間の鋭敏な尖りをそっと撫であげる心地いい甘美な電流が背筋を走り抜けた瞬間

お尻も使っていいのかい

愛撫のプロローグで
孝太郎も子宮の結合部から卑猥な粘着音が轟き

取材がいくつも重なっ節電対策に関する広報活動について資料をまとめてもらいたいと広報課にも要めずらしく、ているようで、請がきていた。朝吹さん、記者クラブに行く用事あったよね。で届けてあげて。ついでにこれ日東新報の高坂さんのところま。え…、はいわかりました。同僚からまとめた資料を受け取ると記者クラブのある三階へと急ぐ。どういう顔をして会えばいいのかわからないままクラブの部屋に足を踏み入れた。
チンポはもういい

奴隷なわみとして仕事をすることになってしまうのです

部屋には数人の記者がいてなにやら雑談をしていたが、高坂は一人、奥の自分の席に座っていた。黒のジャケットが椅子の背にかかっていて、高坂は白いシャツ姿でほかの部署からもらった資料を熱心に読んでいるよう六--六。高坂さん。節電関連の資料できあがりました。緊張しながらなるべく目をあわせないよう話しかけると、高坂はチラリと見て。ありがとうございます。助かります。と一言言って受け取っただけで、すぐに読んでいた資料にもどってしまった。

痴漢の指にトチ狂い体をすり寄せよがりまくってイッテしまった私の狂態は

では失礼します。そう言ってその場を離れると、全身の力を抜き、安堵した。やっぱりあのことは夢だったのよ。自分も少しビールを付きあったし酔っていたのかもしれない。自分の気持ちをようやく整理できたと思い安心して部屋をでたところで。ああ、ちょっと。後ろから声がした。高坂が渡したばかりの資料を手にして追いかけてくる。ちょっとここなんですけど手にした資料を指差しながらいくつか質問をしてくる。
チンポは少し固く

チンポの肉快感は悦びではあるが

答えようとするのだが高坂はスタスタと廊下を奥へと歩いて行ってしまう。しかたなく一つ一つ質問に答えながら並んでついていき、いくつか角を曲がると、めったに人の来ることのない薄暗い廊下に出た。大きな会議がぁるときにしか利用しない広い部屋が二つ並んでいて、さらに奥にはトイレがあるのみだった。こっちへ来て。腕をつかまれだれもいないトイレへと連れ込まれた。節電のため電気も点いておらず昼にもかかわらず廊下もトイレもかなり暗い。

太いバイブをあそこに突っこまれて
クリトリスはまだ肉の鞘にしっかりと包まれて

尻じゃないだろ

俺のことを痴漢でも見る目で見たよな抗議する間もなく個室へと入れられる。ちょっとなにを…。言いかけて高坂の顔を見る。腕をつかまれたまま上から見下ろされるかたちで涼子は高坂のまなざしを受けた。暗い中、眼鏡のレンズが光り、その奥から突き刺すような視線が涼子を捉えていた。途端に強ばらせていた体の力が抜けていく。左の耳元に近づいた高坂は小さくつぶ。本当の自分の姿をわからせてあげるよ。ギクリとして左へと顔を向ける。
やがてセックスレスの状態になった

処女だったし

すでに全身汗みどろになっていた。舌を出せ。いきなり命令口調だった。ああこのあいだより強い高坂の口調が涼子を呪縛したかのように、なんの抵抗もせずゆっくりと舌を出してしまう。もっと出さないとだめじゃないか。まだわからないのかい。言われるままに大きく口を開いて目一杯舌を出しきる。指が伸びてきて、前と同じように舌に触れる。