投稿日:

乳首をコリコリと転がす

調教の回を重ねるに連れ

素人くさい動きの男が脚立を堀に渡そうとしているのを見て浮かんだのはもう一度、しない?ここでやろう。終わりのはじまり哲次は軽いシェリーを持ち上げて抱きつくと、股間を触れあわせたまま、熱烈なキスをはじめたのです。恋人同士というよりも、快楽に熱中する新婚です。嫉妬します。心が痛くて、気が遠くなります。ここでしてもいいの?いいさ。わたしの回りを二人はキスしながら移動します。ぐぐう!そしてとうとう、ソファに彼女を押しつけ彼女がわたしの上に乗っかってきたのです。息ができません。そこに彼も乗ってきて、わたしなどいないかのように、二人はセックスをはじめました。
亀頭を覆っていた温もりが肉棒すべてを包みこんだ

オマンコの温かみと柔らかさを感じた

わたしに背中を押しつけた彼女。彼女の片足を上に持ち上げて挿入する彼哲次をこんな風にしてしまったのも、わたしなのでしょう。まじめで、ユーモアのセンスがあって、知性的だった彼の姿はありません。驚くほど金男に似ています。粗野で淫らで欲望を隠さない男。それが哲次の本質だったのかもしれません。彼女が体を反転させます。そのとき、クスコを掴み、体重をかけました。深夜に寝入った患者をレイプするなどということが

ミオのマムコもヌルヌルに濡れてきたこともあり俺はミオの両足を開いてティムポを挿入


がぐぐぐぐ。あら、ごめんなさい。笑っています。把手かとおもっちやった。後背位になって、哲次はさらに激しく動きます。早く終わってほしい。もう、こんなことはしないでほしい。ほうがいいぐらいです。ねえ、最後はお口で受けたいの。いいよ。こうなったら、離婚してくれた。信じられません。わたしは哲次とは体位をいくつか変えてセックスしたことはありますが、オーラルはほとんどなく、ましてそこでフィニッシュするなんて、一度もありません。
そんなものだ猛烈に激しいセックスをすればいいというモノでもない

勃起してしまった

あわてて洋子の口からペニスを抜いた
彼も要求しませんでした。シェリーはわたしに抱きつくように体を合わせてきて、頬をくっつけてきました。哲次がこれみよがしに彼女の口の中にペニスを入れていくのです。そして耳元でいやらしい音をさせます。彼女がこれほど巧みに、楽しそうにセックスするとは想像できませんでした。奔放な女性と見られがちですが、わたしの知る限り、とてもストイックでマジメな子だったのです。いくぞ。目をつぶりました。彼がシェリーの口に射精していくのが、精液の香りではっきりわかりました。
亀頭を圧迫した

愛撫されたら

彼女はすぐには口を離さず、丁寧にしゃぶりつくしています。そして、彼と離れて立ち上がると、わたしの頬を軽く叩きました。目を開けろというのです。見ると、彼女は口をクスコで開かれたわたしの股間に持っていき、笑いながらいま吸い出した精液と唾液をだらだらと、中に注ぎ込んでいました。妊娠しますよーに。クスコを揺すります。そのまま、彼のもので熱くなっている股間を、顔に押しつけてきました。陰毛をキレイに手入れしていて、柔らかな陰唇がきれいに見えるようになっている彼女が、濡れたその部分をわたしの鼻や目に押しつけてきました。
彼の股間で斜め45度以上の仰角でぷるんぷるんと揺れている欲望の器官をうやうゃこういう熟女の風俗嬢は

挿入する際に抵抗が少ないという利点があります

ペニスを抜かれた優子は指で万里の
あっ、あっ、あっ。カワイイ声をあげて、シェリーはわたしの顔でオナニーをしています。奥さん、かわいそう。縄奴隷なんて…。そして笑いながら、快楽をむさぼっています。そのぐらいでいいだろう。と哲次が言います。そうね。なわみさんの鼻が潰れたらいけないわね。やっとおりてくれました。顔中に彼女のニオイが残りました。ボールギャグがようやく外されました。

投稿日:

処女喪失の感慨よりも

股間を両手で抑えていたので

人妻に聞かせないと言うアピールで
肉棒をつまんで前を向かせた

スカートとパンティの布越しに、何度も尻が跳ねた。ううっ!尻肉を強くねじられ、ビク。ビクンとああっ、痛い!ひぎぃっし尻の痛みは感じる。痛いものは痛い。でも尻たぶに痛みが走るたびに、ローターの快感がより深くなる。KEに指先が突きたてられるごとに、乳房から濡れた音が響く気がする。ああのときと、同じだわ…胸責めの快楽と尻責めの苦痛を同時に与えられる理紗の脳内で、前の駅前トイレでの、処女強奪の記憶がフラッシュバックした。
膣痙攣よ

ペニスにすりつけるようにしてせつなげな鼻声を洩らす

痛いのに…今も、痛いのに…。よし、次の車両へ行くぞ!一週間尻に、強く平手打ちを受けた。はひぃぃぃぃっ!摩擦音を鳴らせた。衝撃で呆然とす。理紗は頬をガラスにこすりつけて、るまま、また右腕を引かれて、次の車両の前へ引きずられる。あっ、お願い、待って、わたしはまだ。非情な自動ドアが開いた。おおおあ、理紗の言葉を無視して、指か理紗へとよがり声を呑みこむ。

チンポキリオトシタ

そのポーズが、あわてて左手で口をふさぎ、らはみでる赤く染まった頬が、また111両目の乗客たちの視線を、誘った。ああ、集まってくる視線が、うう、痛いわ…。尻打ちの直接の痛みと変わらない、精神的苦痛が全身の肌を貫いた。胸で蠢くローターの存在は、外見ではわからないと知っていても、乳首に集中する視線の束を感じてしまう。んっ、ううう…うむ。左手を離した唇から、熱い吐息があふれる。
チンポは少し固く

調教師だから

誰が見ても、わたしはおかしく映っているはずだわ…。それでも誰一人として声をかけてこないのは、日本人の特質だろうか。理紗は好奇の目を集めながら、通路を歩みつづけ、またドアから連結部へ出た。背後でドアが閉まるのと、理紗が床に両脚を折り、両手を床に着けてうずくまるのは同時だった。もう、もう無理だわ、はああ、これ以上は、我慢できない、うんんっ!

広げたタオルで股間を隠した
オマンコは奥までハマッた極太ディルドゥをくわえたまま離そうとしませんでした

膣上壁を巧みにえぐられた睦美さんは

芙蓉子にはこのような子供がセックスを求めること自体が理解できなかったのだ我慢できないというのは、理紗先生はまた乳首を責められただけで、あさましくイクということかな小刻みに震える丸い背中に、喜四郎の下卑た笑いをはらんだ声が降ってくる。ぼくの巧みな痴漢の指の技じゃなくて、ただ震えているだけの機械に責められて、イッてしまうんだ。ら、違うわーはああっ、んつぅぅ。理紗は首を背後にひねり、言い返そうとする。だが胸から湧き上がる快楽の大波に呑まれて、まともな言葉を失った。恥知らずな乳房絶頂へと駆け昇る肉体を、押しとどめることで精いっぱいだ。
たちまち乳首がツンと尖ってきます妻が本格的に感じてきた合図です

これによりまた石黒の勃起は復活

すばらしい。真面目で意志が強いくせに、ものすごく淫乱な身体の理紗先生が、ますます大好きになるな。本当に、ぼくの理想の女教師だ。称賛の言葉が、理紗の様々な負の感情をかきたてる。それすらも燃料にして、胸が駆け足で熱量を増やしていく。残念ながら、全車両を縦断するのは、無理のようだな。しかたがない。そろそろ最初の停車駅だ。次の一両を通り抜けたら、駅へ降りるから、感謝するんだな恩着せがましい不条理な言葉を聞かされて、理紗は安堵するしかなかっそれでも自分から立ち上がれない。

投稿日:

オマンコを被せていくわよ

下着に包まれた淫らで豊満なカラダを隠していようとは

太い腕が、見事なパワーを発揮していた。電流に合わせてケイレンする不気味な振動が、手にした姿見越しに伝わってくる。ほら、よっ。どさりと、家元の身体が転がる。家元の手から、黒ずんだ血が噴き出している。もちろん、リキが知るはずもないが、家元が着ているのは辻が花だ。その、超高級な着物の袖を、遠慮無く破くと、血まみれの両にグルリと巻き付けてやった。

  • 同時にまるで男の愛撫を受け入れるかのような色っぽい反応を示す
  • ペニスの快感が研ぎすまされていく
  • 下着も脱げ

それよりも何かの弾みでクリが刺激されて気持ちいい事を発見してオナニーするようになおそらくは、世界で最も高価な。を巻き付けられた、家元は、感謝をするどころか、苦痛にのたうつだけだった。さてと、どうせ、客のリストは、オマエしか持ってないんだろ。出してもらおうか。…あら、やだ、私が、リストなんてものを管理するわけ無いじゃない。総ちゃんがやっているわ。いや、それはウソだ。オマエは、自分しか信用してないはずだ。ホームページの写真なら部下にやらせるかも知れないが、客の情報は、オマエにとって大事らしいからな。アキのアソコに指を二

 

人差し指と中指の付け根で乳首をつまむようにしながら

知らないわ。ふん、あの釘、まだ、電気が流れているみたいだな。え、きゃ、やめなさいよ、ちょっと。さ、あそこに投げ落とされたいか?それとも、足を持って、顔から落としてやろうか?ちょっと、あんた、刑事でしょ。刑事が拷問をするつもりなの。刑事?なんのことだ?女房を、散々オモチャにされた、哀れな亭主なら、ここにいるがね。さ次は、電流が流れ放題だ。オマエが死ぬか、電源がショートしていかれるか。
白い下着を扱き降ろすと
三人は同時に芙蓉子の下半身をのぞきこんだ
ま、設備がチャチだと良いな。きゃあ!いやーやめて、話すから!話せばいいでしょ!いや、話してくれない方がおもしろいぞ。どうせ、ブツはここにあるんだ。オカマに電気とは相性が良い。オマエが電気ガマになっている間、ゆっくりと探させてもらうよ。リキは、軽々と、家元の背中と腰を支えて、頭の上に持ち上げている。ヘタに身をよじれば絨毯の上に落ちてしまう恐怖が、家元の身体を硬直させている。

 

M字開脚に緊縛されて愛液を垂れ流し

やめて、お願い。お願いよ、話します、話させてくださいね、女達の催眠を解く、キーワドも話しますから、お願い!催眠を解く?そう、女達には、催眠を施してあるの、ね、それを解くから。ね、だから、降ろしてよね、お願い、女達の催眠を解きますから。鼻で拒絶したリキではあるが、しかし、家元を頭上に持ち上げたまま、その腕は、ピタリと止まったまま、思案の顔になる。天守閣の窓から見える、塀の向こうの世界。リキにとっては見慣れた赤色灯の点滅が、見たこともないほど無数に、門の外を埋め尽くしているのが目に入っていたのだ。山鹿逮捕カンカンに怒った山鹿が、次々と連れ出される男達をかき分けるように入ってきた。

クリトリスから生まれる愉悦だけでなく

実は、次々と。から連れ出される男達を見て、一瞬、山鹿もひるんだのだのだ。だが、内心ビクビクしながら、しばらく見つめていたが、家元も、緒方も、松本も、誰一人知った顔は出てこない。なるほど。さすがだな。ちゃんと、上の連中は逃げたと見える。ということは、証拠は、ちゃんと隠してあるに違いない。ま、今からでも、握りつぶしてやれば、また、連中に顔が利くぞ。

投稿日:

股間の付け根や太ももなど

下手をすれば怒り出しかねないととあきらニヤリと口元をゆがめてからピストンを一気に

乳首がある自制のきかない力でつぶされた胸全体が、官能の凝集体と化して、理紗を頂点へ押し上げる。んんむぅぅっ!理紗は亀頭を吐き出した。大きく開いた口から精液をまきちらして、を後ろへのけぞらせる。んんんんんおおおああっー頭狭い室内に、絶頂の叫びが反響する。ああ…肺から空気をすべて絞り出し、声を消失させて、理紗は前へ倒れた。の前にあるものがなにかも忘れ、喜四郎の丸い腹に顔を埋めた。
おそらく金を払ってもこれだけの奴隷は簡単に見つからないだろう

順平は股間を両手で隠し

目膝立ちの尻が痙攣して、股間から透明な愛液がしぶく。つも散乱し、艶めかしい芳香を昇らせる。はああうっし床に水滴がいく絶頂の余韻にたゆたう理紗の身体が持ち上げられた。汗と愛液と精液をばらまいて、背中からベッドの上に落とされる。見上げる視界を、喜四郎の裸身が占めた。その中心では、淫欲と精力をみなぎらせた肉棒がそびえている。大量の射精を同僚女教師の口に注ぎこんだばかりだというのに、衰えるどころかさらに膨張しているようだ。調教を進める事が出来た

挿入させて楽しもうって寸法ね


あ、な、なにを?フェラチオだけですむなんて、思っているのか。これからが本番だ。やっ、いやああつし喜四郎の手で左右に割られた太腿の間に、理紗の唾液にまみれた亀頭が侵入してくる。官能を極め、愛液をまだたれ流している膣口へ、男の肉塊が強引に押しこまれた。あひぃぃぃぃっし理紗は背中を弓なりにそらせて、何度も声を放った。裸体をからませる二人は、知らなかった。理紗が喜四郎に手を引かれて、グリーン車に乗ったときに、二人をよく知る人物が同じホームにやってきたことをドアが閉まり、今しも動きだそうとするグリーン車の中を、白いワンピースを着た少女が窓から見つめた。
フェラをしてしまう姿だ

股間が膨らんだのを見逃さなかった

須賀が舌を入れようとすると下腹部にグイグイとペニスを押しつける須賀に興奮を煽られ
少女の頭の中を、車体に跳びっいて発車を無理やりに妨害するという考えもよぎったが、躊躇している間に列車が動いてしまった。スピードを増し、離れていく列車を見送って、少女はホームに立ちつくす。愛らしい顔を、怒りに引きつらせ、疑念に青ざめさせて。許さない。絶対に問いただしてやるわ。桐野泉美は決意を口にした。女生徒も乗車する。桐野泉美は携帯に表示した地図で確認して、目的の家の前に立った。
股間からは白いものがどくりという音がするかのように溢れ出した

射精したのに変わリはな.それなのに

驚いた。柳沢先生の家って、こんなに立派なのね。泉美の前に建つのは、歴史を感じさせる日本家屋だ。黒い板塀で敷地の四方をかこまれているので、はっきりと見えるのは玄関周辺だけだがどっしりとした重厚な造りは、かなりの年月と建築費を想像させる。泉美の父親も会社を経営する資産家で、自宅も大きな屋敷だ。しかし泉美が生まれる直前に建てた洋風の家で、柳沢家が持つ時間に磨かれた風格にはとてもおよばないと思わせる。
男根奉仕に精を出している

男には見えた彼女はフェラチオをやめようとしなかった

乳首出しのブラで興奮してるのね
柳沢先生は独身で、一人暮らしだと聞いてるけど、怖い使用人が出てきそうな雰囲気ね。たとえ使用人や用心棒や大きな番犬に出迎えられても、泉美の堅固な使命感に裏打ちされた決意は変わらない。塀からつづく敷石を踏んで玄関に着くと、呼び鈴を押した。インターホンはないが、庇から監視カメラが下がっているから、訪問者が生徒だとわかるだろう。ひさし今は、月曜日の午後七時過ぎ泉美は昨日の日曜日の朝に、用事で出かけた酉岡駅の構内で、白木先生と柳沢先生がなかよくグリーン車に乗るところを目撃した。

投稿日:

佐伯との倒錯したプレイを想像しただけで膣の奥からどんどん蜜が湧いてくる

股間にフィットした貞操帯の内側の

セックスができて
ペニスの扱い方が上手であった

あんたの後輩の子も気持ちよくくなっちやってすごかったんだから。もう、クリトリスをヒクヒクさせてイキまくってオシッコ噴いてお乳も噴いて。うふふっ。そうなるまでは、めっちゃ抵抗して手こずらせてくれたけどね。そういや、マン毛剃ってやるんじゃなかったか。見覚えのある子分が言った。確か最初に肉棒を突き立ててきた男だ。やっちゃおうか。
やがてセックスレスの状態になった

奴隷人形俺の中で真里菜に対する独占欲はどんどん増す

あんたちょっと保健室にそうだったわね。行ってシェーバー借りて来て。美由紀がクスッと笑った。ああ、よし、丁度いい暇つぶしが出来たとばかりに。下っ端らしき男子生徒が校舎の中に戻って行く。な、何の話なの。不穏な空気に真澄が青ざめた。あんたのマンコの毛をツルツルにしてやろうって話さ。あたしが綺麗にお手入れしてあげるわ。

俺は思わず愛華に挿入しつつも真琴のマムコに指を挿入した

と付け加えた。美由紀は男麻里を振り向いて馬鹿なことを言わないで!叫びながら逃げ出す真澄だが、面白いから見ていけば。ば、そんな動きはお見通しとばかりに先回りした男子生徒にあっさり捕まってしまった。そこに連れ込んで美由紀が玄関脇の植え込みにあごをしゃくる。ひぃぃっ!豊満な女体が二人がかりで抱えられ、がら引きずり込まれていく。また気持ちよくしてあげるね。やめなさいっ!触らないでっ!ムッチリと太い脚をばたつかせなスカートの裾を押さえようと伸ばした腕をつかまれ、引っ張られた。
乳首の陰影が浮かんでいることに気付いた

裸の下半身をすりむいた

大きな乳房がシャツの下で揺れ動く。剥いちゃえ、剥いちゃえ。マンコ出しちゃえ。子分の一人に思い切りスカートを捲り上げられた。駄目っ!駄目っ!ほら、ちゃんと押さえなさいよ。一旦は身を起こしかけたが、倒された。フォールされた体勢だ。すぐに別の男子生徒が覆い被さってきて押。ああっ!やめてぇっ!男子生徒の陰になった下半身の状態は見えなくても、下着に手をかけられたことは分かった。

彼女のオマンコは絶品ですよ
お尻を突き出すようにして立っていました

拘束を解いていく

股間にようやく血が集まり始めムクムクと臨戦態勢が整いつつあったのである真澄が叫びながら力任せに男子生徒の背中を叩く。駄目えっ!破けたバンストを、先を争うようにむしり取られる。どんなに手を伸ばしても、下半身に届かないもどかしさ。男麻里が太腿のお肉を波打たせながら恥部を露出させられていく真澄の様子を、無言で見下ろして立っていた。やめなさいっ!あぁっし不意にきゅっと陰裂が圧迫された感覚美由紀に下着を引っ張られて思い切り食い込まされたのだ。
乳首の陰影が浮かんでいることに気付いた

セックスで悶え狂う実の母親を

そんな事をされたらどう見えるか、分からない真澄ではない。あひつーや、やめてっ!呆れたワレメお化けだな。一斉に笑い声が上がった。これだけでオカズになりそうだぜ。ひいつ、放してっ!脚をジタバタもがかせればその分だけ下着が陰裂に食い込む。女の子だよねぇ。美由紀が意地悪く何度も下着を引っ張る。嫌あっ!