投稿日:

クリトリス包皮をめくられる真澄が激しく

そっとペニスを握った

ずよ、この女セックス狂いには調教してやったが、性。しょう。の悪さはどうもならへんで。ホンマにこんなババアを囲う気なんか~俺には妾にする以外中年のシングルマザーを調教する目的が思い当たらず、依頼人である細川の跡取り息子守男は、こんな性悪女を差し出された。らどう思うだろうか、と心配だった。実は久美もボンの愛妾となるべく調教してやったのだが、彼女と比べると雲泥の差なので、大金を積まれている以上俺としても困るのだ。久美の調教は守男自身でなく父親である先代からの依頼だったが。父が息子に愛人を付けてやるなど世間の常識からはかけ離れているようだが、世が世なら俺など顔を上げる事も叶わなかったであろう旧家細川家であれば納得がいく。は三十ちょっと過ぎで、当然のごとく母親以外に大勢の女性を囲い腹違いの子供まで作らせている父親を見て育っているものの、今だ独身。

  • 大きめの浮き輪を借りて穴にお尻をねじ込み
  • 騎乗位でまたがった彼女も腰を下ろす
  • 肛門形成手術をして

熟女が相手でも俺との3Pはいやか先代と大奥様はすでに彼の結婚相手として同じような大資産家の娘を当てがおうとしているが、当の本人は乗り気でなくどうやら他に想う相手がいるらしい。結婚と恋愛は別物で、そんな女は愛人として囲えば良い、と先代なら考えるだろうが、さすがに生きている時代が違うと言う事だろう。そんな守男に業を煮やした先代は、細川家の長男常識では考え辛い女を俺に調教させボの愛人に当てがった。それが久美なのだが、細川病院で看護師長をやっている彼女は何と、先代が妾に孕ませた娘で守男より5歳上の姉に当たる。と言うのだから俺も大いに驚いた。腹違いとは言え、近親相姦ではないか。首筋が引浩介は双方の乳首を交互にしゃぶりたてていく

 

愛撫でイカせてしまう女蕩らしのテクニックだ

だが細川のような旧家では、妾腹の娘が本家の血筋の男に性的家政婦のような形で仕えるのは良くある事らしく、幼い頃は普通の姉弟と変わる事なく育てられ守男をかわいがっていたらしい久美は、結婚出来る筈のない弟の愛人となって一生仕える事を喜んで承諾したと言う。経済的には何不自由ない生活が保障されるのだから賢明なのかも知れないが、久美の感覚もとしてのあり方を教えるつもりで、一般人には理解し難い。すでに守男の愛妾になる事を承諾しているのだから俺の出る幕はなさそうだったが、俺と同じく女好きでは人後に落ちない先代に頼まれて久美の性調教を請け負い、女性器だけでなく口やアナルでも存分に男を歓ばせる。事が出来るようみっちり仕込んでから、さほど女性経験があるとは思えないボンに引き渡してやったのだ。莫大な金と権力がある男はいろんな融通が利き、先代の差し金で久美はわざわざ俺の住む町内に引っ越して来たた。
彼は膣内の指を動かし
エレクトしているペニスを手にして顔を埋めてきた
め、通って来てくれて楽に調教を進める事が出来た。おまけに麻里の場合と違い、守男にハッキリ姉弟以上の好意を抱いている久美が少しでも彼の気に入られるよう、花嫁ならぬ愛人修行みたいなつもりで調教して下さいと頭を下げて来たのだから、俺にとってはこれ以上ないようなオイシイ話で、全てを仕組んだ先代に相当額の謝金まで貰うのが申し訳なく思われた。くらいだ。久美は先代が自分の息子の愛人に選んだだけあって、とても気立ての良い女で麻里とは大違い。何しろ毎回必ず俺に手土産を持って来るし、玄関先で三つ指を突いて。どうか、よろしくお願いします。と挨拶するような女性で、調教なんか不必要なんじゃねえか、と思ったほどだ。

 

身体がおかしくなりそうはちきれんばかりに勃起している男のペニス濡れそぼっ秘唇が

だがいざ性調教を始めて見ると、久美はほとんど男性経験がない事がわかった。三十代後半だしさすがに処女ではなかったが、性行為自体をとても恥ずかしがってしまう。久美は美人と言う程ではないが愛嬌のあるかわいらしい顔立ちで、男好きする感じの小柄でポッチャリした肉感的な外見だ。セックスパートナーとして見ても魅力的だが、バージン同然のまま。お姉さん。を愛人として当てがわれても、ボンも困るだろう。

尻の方へと位置を変える

俺は先代に恩義を感じているので、久美が性的にも素晴らしい女性となれるよう腕によりをかけて調教し、守男に引き渡したのである。性格が良く、俺の事を心の底から。ご主人様。と呼んで情熱的な奉仕をしてくれるまでに成長していたので、手放すのが惜しいと思えたくらいだった。さて、こうして気が進まない中調教を続けていた麻里を、守男はやはり自分の女として引き取っていく。俺は内心ホッとしながら、ボンは先代と違って女を見る目がないのではないかと疑ってしまった。

投稿日:

子宮がしきりに訴えていたのだ

あろうことか男たちが下着を下ろしにかかった

勘違いじゃないの?面倒くさいことに巻き込むなと言わんばかりの口調だ。二人で何度も確認した取り決めです。無事なら、絶対に、連絡が来るはずです。お願いです、急いでください。ふくむ。こちらにお願いするように言われているのです。証拠のデータを入れたPCもここにありま。証拠のピーシー?あえっと、パソコンです。これを見ていただければ、ほう、証拠を。男君がねえ。なるほど。お願いします。早くしないと。

必ずわかるはずだと男さんが。証拠の入ったパソコンのことを聞いた途端に、相手の声に、少しだけ熱がともった気がした。さすが、警察。証拠という言葉に敏感だな。やはり、証拠がないと警察はダメなんだ。牧野は、独り合点しながら、ここがチャンスとばかりに頼み込んだ。お願いします。早くしないと、男さんが。お願いします、早く!うん、なるほど。男君は、私に連絡する約束を守ったというべきか、か。

愛撫をくり返す


オーガズムに達してから冷めるまでの時間が男性に比べて長いという特徴があります

なるほどね。で、証拠品のデータは当然、そこにあるんだよね?暴走したと言うべき。持ってきています。もちろんファイルも、相手のアドレスも全部保存してあります。PCという言葉すらわからぬ相手だ、IPアドレス云々の説明は省いた方が賢明だろう。なるほどぉ。しかし、それは危険だ。いいかいこれから、部下を迎えにやる。君の居場所を教えてくれ。絶対に動くんじゃないぞ。

乳首にだ

は、はい、ありがとうございます。待っています。牧野は、ナビのスイッチで、自分がいる場所の住所を表示させる。表示された住所を告げる。ついでに、高速の下だと言うことも伝えた。一刻も早く、証拠を警察に引き渡すべきなのだ。牧野は焦っていたが、逆に、相手にまったく緊迫感がないことに少しだけ苛立ち始めていた。


まさに射精寸前

ペニスの穴からは先走りの少年汁は漏れたものの

その焦りを見透かしたように、電話の向こうが問いかけてくる。よし、じゃあ…あ、そうそう、念のために聞いておくが、ここ以外、どこかに連絡はした。いえ、指示では、まず、こちらに電話するようにとあったので電話口の向こうの声が、満足げな声を返してくる。うん、うん、それが正解だ。素人が余計なことをすると、話がメチャメチャになることがある。よし、いま、私服をそっちに向かわせるから、それまで大人しく、じっとしていいね。えっと、あの、お待ちしております。お願いします、急いでください。電話の向こうから不快の雰囲気が伝わってきた。

あの……わたしの赤貝とマン汁を召しあがってください


愛撫しているのだ

少しだけ待ってくれたまえ。一方的に、言わずもがなことをとでも言いたげに、うん、もちろん、急ぐとも。それじゃ、牧野の。という返事も聞かず、電話が切れた。しばし、携帯を見つめる牧野しきりに、胸騒ぎがした。牧野のカンが、さっきの電話の相手を信用させてくれないのだ。しかし、確かに、相手は警察の偉い人のはずだ。クリトリス包皮をめくられる真澄が激しく

  • スケベなメス奴隷になってしまった奈緒をいっぱい犯してぇ
  • 奴隷を務めろよ
  • 白いサマーニットとその下のブラジャーのカップを透かして乳首の形状と乳暈の輪郭が見
投稿日:

たちまち乳首がツンと尖ってきます妻が本格的に感じてきた合図です

クリトリスを丈夫な釣り糸で縛ると言う淫虐なもので

バイブレーションを送り込んで来る淫蝶の刺激は強烈です
クリトリスの位置より下の部分の剃毛·抜毛も義務づけており

調教師が短くひとまとめにした麻縄でお尻をパー。と叩くと、はそれだけで再び軽く絶頂に達したようでした。優香さん女性はオーガズムに達してから冷めるまでの時間が男性に比べて長いという特徴があります。ということは何度もオマンコイキ出来る女性は、バイブやペニスを抜いた後でも性的興奮がそれほど冷めていないため、適度な刺激を与えるとまたイクことも可能なのです。とはいえそこまでになる。には習慣づけと訓練が必要です。
尻も動いているところを見ると

究極のセックスを体験できるとは思えないけど……これ以上の刺激って何があるのだろう

優香さんのマゾとしての素質と調教の進み具合が良く分かります。調教師はまたもや。やぁん…。とだらしのない声を漏らしている優香さんを置き去りにして、本日の陰の主役と交代しました。ここからはいよいよAV男優、X氏の出番です。X氏はバイブでイカされた余韻に浸っている彼女の身体をてのひらで撫でると。優香ちゃん、これからこれがお尻の穴に入るんだよ。

オナニーしたい

と告げて、すでに勃起したペニスを握らせました。すると優香さんは。はぁんっ!と濡れた溜息を漏らしながら顔を近づけ、ピチャピチャと男根に舌を這わせ始めたのです。なんだ、まずおしゃぶりしたいのか?イイコだね。男優氏がそう褒めると、彼女はフウソと鼻を鳴らしながら彼自身を口に含み、頭を上下させて熱心にフェラチオします。みずから積極的にペニスを愛撫する女性は、優香さんのように繰り返し膣内イキするタイプに多く見られます。
淡勃起した俊治ものが

調教する事に意欲がわいて来た

なぜなら度重なるセックスで。自分を快感の極みへと押し上げてくれる。は愛しいものだ。という記憶が彼女たちの中に強く刻み込まれているからです。さあ、じゃあ優香ちゃんのお尻の穴に挿れるよ。自分で準備できるかな?x氏は優香さんの髪の毛を鷲づかみにし、夢中になってペニスにむしゃぶりついている彼女を男根から引き剥がしました。優香さんは名残惜しそうな目をしながらも、ベッドの上で仰向けになり、自分の胸を両手で抱えるような姿勢で寝転がりました。

勃起させて今から姉さんと楽しむ所です
股間へと伸ばして

下着のチェックも必要ですから

クリトリスを弄り回し膝が胸につくくらいまで脚を折り曲げると、アヌスと直腸の角度がほぼまっすぐになり、ペニスを受け入れやすくなります。自然とこのポーズがとれるのはかなりアナルプレイに慣れている証拠です。よしよし、良く分かってるなx氏は指にローションを取ると、優香さんのアヌスの角度を探りつつ、肛門の中までたっぷりと塗りこみました。そして素早く男根にコンドームをかぶせ、みずからのモノにも多めにローションを塗って、静かにペニスの先端を後穴に沈めていきます。ほうら、入っていくぞ!あ、う、あっ!先刻、立て続けに膣内イキした優香さんの身体は、リラックスしている。
擬似男根とはいえ

オマンコの形をなぞってやると

のと同時に、大量にアドレナリンが出て痛みを感じにくくなっています。そのため痛覚が集中しているお尻の穴でのセックスが容易になるのです。SM肛姦。が主の撮影にもかかわらず、先にバイブレーターで存分にたのは、この効果を狙ってのことでした。単純にプレイのバリエーショ。を増やしたいという、アダルトビデオ的理由だけではないのです。あ、あう、あっ、だめえ。ここにチンポが当たると気持ちいいのか!?x氏は微妙に腰の位置を変えながら短いストロークで肛門をペニスでえくります。

投稿日:

尻も動いているところを見ると

女の股間へ向女の喉から切なげな声がもれる

それに婦長の百戦錬磨のような唇と舌が、縦横無尽に責め立てて来るのだ。実は俺は仮性包茎なのだが婦長の舌が器用に包皮をどけてしまい、カリ首と胴体の間に溜まった恥垢を舐めとるようにしゃぶられた時には、余りの気持ち良さに、ああと女の子みたいな情けない声が出てしまった。そしてそれまでデリケートな口使いで俺を快感で夢中にさせていた婦長が、激しくジュバッジュバッと口をストロークして、とどめとばかりチューッと強烈に吸い上げられた俺は、5分と持たずドバッと劣情の証を放出してしまったのである。ずいぶんとイキがいいじゃないの、守君。こんな濃いザーメンを溜め込んでちゃカラダに毒だよ。これからはアタシがアンタの下の世話をしてぁげるからね。

  • 奴隷という存在が重いということがわかったような気がした
  • アソコが中から熱くなっていく美穂の花唇は男の指が花弁を擦り返すたびに物欲しげに痙
  • 股間を指でつまんで少し引っ張り

乳首を捻りあげてきた婦長のフェラチオテクニックの凄さに抵抗を諦めて目を閉じ、恭子ちゃんにされているのだと想像していた俺は、婦長の低いダミ声が耳障りで、目を開けると醜く太った婦長の姿に現実に引き戻されゾッとした。が、婦長は相変わらず俺のペニスをくわえ込むとクチュクチュ口を動かして精液を一滴も残さず搾り取って来る。それが又イッタばかりの俺には刺激になってしまい、おぞましい快感が込み上げて来てペニスが萎えてくれなかった。それどころか一発抜いてますます硬度が増してしまったような感さえあった。だから俺が情けなく慄える小声で。下の世話。人妻かどうかは別にして

 

下着等を売ってくれる女の子の確保が難しくなり

を断ろうとしても豪快に笑い飛ばされてしまった。まだまだ元気なままじゃないか…。と婦長の。ははは、何言ってるんだい。そして婦長は今度は肉厚の手でペニスを握り締めると、ゆっくりシゴき始めたのだが、相撲取りみたいな肉付きのよい手の感触が又絶妙なのだった。さらに婦長は巨体を丸めて再び俺の股間に顔を埋めると、ペニスをシコッコとしごきながら、睾丸を口に含んだり、舌を竿の下部に這わせたりと性テクニックの限りを尽くして来た。これではたまらないが、何と言つても婦長にアナルを舐められた時の衝撃と言ったらなかった。
ザーメンを出してしまうのは
下半身のすべてもが露わになる
スルスルと滑らかに婦長の舌がアナルを出入りする度に異次元のアブナイ快感が突き抜けて、俺はあっと言う間に2発目の射精に導かれてしまったのである。アナルが感じるとはイケない子だね。この薄汚い豚野郎!豚はお前の方だろうと一瞬思ったが、射精したザーメ。を手に絡めてなおもペニスをシゴきながら罵声を浴びせて来る婦長の猛攻の前に俺はもう完全にKOされていた。そして2回射精してなお萎えないペニスを掴まれてビクビクさせている俺の顔の前に、婦長はピンクの白衣をはだけてパソツを脱ぎ捨て、むせるような剛毛の股間を押しつけて来た。こうしてバラ色だった俺の入院生活は、担当を替わってしまった婦長との、強烈な性プレイで塗りつぶされていった。

 

乳首を弄りながら豊かになった乳房を揉み濡れパンツの下に潜らせた手で彼女の好きな包

脚の怪我は解放に向かっていたが、俺はギブスが取れるのが怖かった。毎日2、3発精液を搾り取られていた婦長にセックスの約束をさせられていたからである。自分の母親より年上で相撲取りのように太った醜い婦長に今でも猛烈な嫌悪感は覚えるのだが、俺のカラダは彼女の肉のタップリついた手と軟体動物のように蠢く口唇や舌にならされて、どうしたってペニスが反応してしまう。今婦長からは、退院したら一緒に暮らさないかと誘われている。離婚して独り身の婦長は、俺に就職なんかしないでいいと言うのだ。

お尻を手で触りながらダメージを確認している

カらいそれも1つの生き方かも知れない。婦長のヒモになり、何不自由のない安楽な生活を送りながら、彼女の。性奴隷。として、素晴らしい性の快感まで味わわせてもらえるのだから。俺はたまに申し訳のように姿を現す恭子ちゃんより、醜く太った初老の女性に激しく欲情し、婦長が近付いて来ただけで痛いくらいに勃起してしまうペニスを感じながら、そう思うのだった。不感症私はキョーコ。高校2年生。今私、タカシ君って言う同じ高校で1学年上の先輩と付き合ってるんだ。タカシ君と私はブラスバ。ド部の先輩後輩で私が1年の時先輩からコクられてお付き合いが始まり、もう半年以上続いてるの。