投稿日:

アキのアソコに指を二

男根を押さえていた手を掴み背中に捻り上げると同時に

和花和花は、たゆたうような悦楽の中にいた。誰かの叫ぶような声が聞こえた気がするが、和花の唯一の関心は、己が跨っている男が、喜かどうか、というだけのこと。かといって、街の風俗嬢でもあるまいし、技巧だけ尽くせばいいのでもない。オンナが本気で快感にのたうつ姿を見ねば満足しないのだと思い知らされていた。感じてみせねばならないのだ。ゆっくりとローリングする。男は、だ。

  • フィニッシュを促してくる
  • 人妻の和花だ
  • 心を鬼にして戌彦を尻に敷いてきたのであるともあれ

柔らかな尻タボをからこそ、和花は身も心も捧げて、山崎の男根をくわえ込んだ腰が、豊かで柔らかな尻が、ネットリとした動きとなっている。ああ!和花の乳房を、山崎は絞り出すように握り締めていた。その絞り出された先端は、人差し指で、クリクリと責めているのだ。なかなか、手応えがある乳首だな、どうだ、こうしてやる。ああ!あん!恥ずかしいい、あう、だ、だめぇ。オナニーし続けた思春期

 

ペニスが出てきます

もっと、腰を使え感じてるクセに、恥ずかしがるな、スケベな和花、ホレ、もっと、大きく。ああ!あん、ああうう。乳首から痛烈な快感が響く上に、深く届いた怒張が、いつにない場所を刺激していた。言われるがままに、腰を大きく遣う。ローリングする動きは、クリトリスをこすりつける動きでもある。普通なら、オンナの悦びを1方的に噴き上げさせ、男を長持ちさせる動き方だ。これは、すごいな。このオンナ、とんだ拾いモンってわけだ。
膣の入り口を少しずつ押し広げながら
民主国家なんだから平等の精神を忘れちゃいかんわな肉棒を引っぱりだした
若いときから女漁りをしてきた山崎にしても、こんなにもピッチリと、ヌラヌラ絡みつき、男を吸い取るように肉が蠢く名器は初めてだった。ピッチリと肉が詰まった牝芯は、絡み合うヒダのひとつ一つが、まとわりつくようにうごめいている。こんな牝芯に包まれれば、たとえ、ピストン運動ではなくとも、うごめくヒダはカリを撫で上げてくるし、男根全体を締め付けてくる肉そのものの動きが絶妙となる。包み込んだ肉ヒダが、オトコを絞り上げるようにうごめいてくる刺戟は、当たり前に、ピストン運動する場合と遜色ない。いや、次々と違う部分の肉ヒダがこすりあげてくるのだから、その複雑な快感は、山崎をして、こらえるのが大変なほど、大きなモノであるのに違いなかった。

 

ペニスは屹立していた

亀頭をクルクルと包むようにヒダがうごめいているのだ。おまけに、その先端は、ぷりぷりした、弾力のある入り口に半ば包ほれている。山崎の20センチはあろうかという男根を、目一杯奥に受け入れているのだ。だけでは足らず、子宮口が半ば広がって被さり、男の悦楽を深めていた。ああーあん、あ、あう!ああーまた!延びきった膣またもや、大きなオーガズムが子宮から生まれた。

オマンコに入れて貰えるわ

立て続けのオーガズムは子宮の痙攣を誘い出し、そのケイレンが、新たなオーガズムを生み出して、何度も連続した波濤が身体を駆け抜けて、引く気配を見せてくれない。いくうう、あううー白い背中を仰け反らしながら、人妻が、白い頤をさらけ出して、オーガズムを叫んでいるの締め付け、絡みつく美肉に、男の自制心を蕩かすような、淫靡な淫声。ともすれば、一気に出してしまいたくなりそうだ。だが、肉体を犯しているだけでは満足できない。心の奥まで、人妻を征服しなくては、が済まない山崎だ。

投稿日:

首筋が引浩介は双方の乳首を交互にしゃぶりたてていく

バイブレーションが沁みこむ乳房と反響して

乳首を舐めさせれば
そろそろチンポ入れてやりなよ

よーし、だんだん上手になってきたね。赤岩の指が口の中に入り、先端をつまむと、今日はちょっと変えましょう。あすーっと縄を通されはす。長く引っ張り出されて、縛られました。こっちを引っ張ると。ああ先端を乳首に巻き付けます。細い縄で乳首が絞首刑のようにくびれ鼻の粘膜が擦れ、乳首が引っ張られる…。お客様たちが笑うのが悲しいのです。こっちも。左右の鼻に別の縄が通されて、それぞれに乳首に縛り付けるのです。
表情を観察しつつ挿入を加減している局所麻酔もしていないので

ペニスを舐めまわしたり咥えてしごいたりしているとますます興奮し欲情してきたらしく

こうしたらどうなるかな?しぼ鼻のところで二本の縄を交差させ、絞り上げます。ふぃぃぃぃ。乳首がちぎれそうになります。みっともないでしょう。読者モデルまでしたことのある人妻が、になっていますね。こんな荒れ地で、すごいことすぐに緩めてくれましたが、悲しすぎます。風もあるので、みなさんがいつシャッターを切っているのかわかりません。

それをペニスをくわえた美和子はせつなげな鼻声を洩らして顔を振りながら

次はこっちです。金男と赤岩に体を倒されて、スニーカーを脱がされ、足に縄をかけられます。股間が剥き出しになります。十一のレンズがあちらこちらから、わたしに向けられています。草原の上で、なにも下には敷いてくれません。肌で枯れ草を感じながら、すねもも脛と腿を折りたたみ、きっちりと編み上げるように縛られました。縛られるのです。金男がわたしの背中から抱えるようにして、体を起こしました。
男のペニスが大きく膨らみ

瞼の裏に男のものを勃起させた筋肉質の裸体が浮かんできた

うぐううう!足は自由にならないのですが、すもうそんきょお相撲の蹲踞のように、つま先でしゃがんだかっこうに立たされます。こうしてみましょう。赤岩が鼻の縄を持ち、離れたところに立ちます。縄が徐々にぴーんと張られます。口から出て乳首につながる縄は開口器のせいで、わたしにはコントロールできないのです。あうう。さあ、なわみ。散歩だ。しゃがんだまま、ヨチヨチと歩かせようというのです。ひどいのです。ただのモデルではなく、金男と赤岩に責められているところを自由に撮影さ金男の持っている暗い欲望と赤岩の嗜好は、掛け算のように残酷な方向へ進んでいくのではないでしょうか。

下着を剥ぎ取られて無理やり股を開かされ
西川先生のオナニーの件を

可愛いフェラ顔しているのに

猛った肉棒で恥ずかしい部分をかきまわしてほしいこの荒野でなにをされるのか。まったく聞かされていません。夫の許可が出ている以上、二人はわたしを最低限、子どもが産める体に保ちさえすれば、あとはなにをやってもいいことになるのです。あううぅぅ。粘膜を擦られ、必死に歩きます。タイミングが合わないと、強烈に乳首を引っ張られることになります。右、左と体を方向けながら、裸足で荒れ地を歩く姿は、どんな風に映るのでしょうか。
男のペニスが大きく膨らみ

芙蓉子は眼の前にいる少年の奴隷になる決心をした

もっと、おっぱいを揺すって歩けよ。と金男に言われます。そうだ、股も開いて歩くんだ。赤岩も手を緩めません。風が冷たいのに、あっという間に汗が噴き出てきました。もう一周お願いします!参加者の声に押されて、必死に歩かされました。ポルチオ縄奴隷としての撮影会。それも野外空は曇っていて、薄寒い風が吹いています。ときおり鳥の鳴き声がするぐらいで、あたりは静かすぎるほどです。

投稿日:

ララの股間を見る

美冴緒は微笑しながらフェラチオに集中した

しかも、全く似ていな。いや、兄弟で、腕を組んだりするものか、あれは男の恋人に違いない。ヤクザもビビらす男になびく女がいるとは思えん。ひょっとして、男が女を脅しているんじゃないのか。はたまた、よほどのブスなのか。オレは見た。この間、一日署長に来たあのアイドル歌手が、チビ·デブ·ブスに見えるほど可愛かったぞ。

  • いきリ勃っているペニスに
  • 何か解からないものに遊ばれる自分のクリトリスを感じていた
  • 股間は完全に猛り狂い臨戦態勢となっていた

再び草むらの中で己の肉棒をしこしこと擦りはじめるあれは懲役三十年ものの犯罪に違いない。所属する警視庁F署に、そんな面白、おかしい噂が流れた初夏のこと。それを本人に確かめようとしたお調子者は、片手で胸ぐらを捕まれて、つかの間の空中遊泳の栄に浴した。もちろん、リキはその時もその後も、一言も噂について語ろうとはしなかった。それから三年の時が流れ、受け取った、誰もが驚く、きまじめな結婚の挨拶状が来た。あの黒目がちのクリンとした瞳を持った少女は、真面目に大学生活を送り、真面目な交通指導員に就職を決め、ついでに真面目に結婚を決め、男亜由美となったのだ。淡勃起した俊治ものが

 

奴隷メイドとして

長い長い春だった。それ以来、4年間。子どもができないこと以外、仲睦まじいとはこのことだ、という見本のような結婚生活だった。いや、子どもができないこともあって、いつまでも続く甘い新婚生活と言っても良い。ささやかだが、最大の幸せの中にいたリキは、ある日、人生の2度目の絶望に出会うことになる。亜由美が失踪した。男の目の前で、いかにも素人くさい動きの男が脚立を堀に渡そうとしているのを見て浮かんだのは、感心とか、仲間を見つけた喜びでは決してない。コソ泥にしちゃ、大胆過ぎるよな。こんなに警戒の厳しいヤサは、組事務所にもねーぜ。
肉棒がビクビクと脈動を激しくして
乳首だけならわからんだろう美帆の乳房への鞭責めの後
錦鯉を浮かべてはみても、堀は堀だ。やはり、昔ながらの。という仕掛けは、侵入者を防ぐには絶好なのだ。おまけに。近所の子ども達が堀に落ちないように。とご丁寧にフェンスと鉄条網でそれを囲っている。おそらくは、警備員が、塀の内側を巡回しているはずだった。ヤクザの事務所を何度も手入れした経験から、リキは、この種の屋敷の警戒の仕方は知り尽くしていた。

 

女子高生のように見えてしまうのだ

その目の前で、ヨタヨタと侵入を企てている男が目の前にいた。堀を越えるにはああやって、をかけるのは理にはかなっていても、大げさすぎるし、警備する側の予想の範囲なのだが、男は、そんなことには気が回らないのだろう。トーシロが、あんなに大胆なことをして、見つからねーわけがねえだろがよぉ。リキが心配するそばから、案の定、塀の内側で、気配が動いた。気がついてねえんだろうな、やっぱし。目の前の男は、軽そうな脚立一つ渡すのに手間取っている。

お尻に手を置き嫌らしく撫で回して来ました

堀の中の剣呑な雰囲気にちっとも気が回らない様子で、ようやくかけた。を、今や渡り始めていた。鈍いヤツだ。赤外線に気がついているらしいのは、なかなかどうしてと、思えた。だが、苦労してその仕肝心のフェンス一つよじ登るのに苦労しているのだから掛けを破る工夫を重ねているのに、噴飯モノだった。このまま放っておけば、リキから見れば、しかし、もなく、警察に連絡してくれれば、おそらく塀の向こうで警備が待ち構えているはずだし、間外にも出てきて万事休すだろう。一番だがな、それはねーだろうよ。こういう時の常套手段である、警察への通報を、中の連中は、おそらく、選ばない気がした。