投稿日:

乳首をコリコリと転がす

調教の回を重ねるに連れ

素人くさい動きの男が脚立を堀に渡そうとしているのを見て浮かんだのはもう一度、しない?ここでやろう。終わりのはじまり哲次は軽いシェリーを持ち上げて抱きつくと、股間を触れあわせたまま、熱烈なキスをはじめたのです。恋人同士というよりも、快楽に熱中する新婚です。嫉妬します。心が痛くて、気が遠くなります。ここでしてもいいの?いいさ。わたしの回りを二人はキスしながら移動します。ぐぐう!そしてとうとう、ソファに彼女を押しつけ彼女がわたしの上に乗っかってきたのです。息ができません。そこに彼も乗ってきて、わたしなどいないかのように、二人はセックスをはじめました。
亀頭を覆っていた温もりが肉棒すべてを包みこんだ

オマンコの温かみと柔らかさを感じた

わたしに背中を押しつけた彼女。彼女の片足を上に持ち上げて挿入する彼哲次をこんな風にしてしまったのも、わたしなのでしょう。まじめで、ユーモアのセンスがあって、知性的だった彼の姿はありません。驚くほど金男に似ています。粗野で淫らで欲望を隠さない男。それが哲次の本質だったのかもしれません。彼女が体を反転させます。そのとき、クスコを掴み、体重をかけました。深夜に寝入った患者をレイプするなどということが

ミオのマムコもヌルヌルに濡れてきたこともあり俺はミオの両足を開いてティムポを挿入


がぐぐぐぐ。あら、ごめんなさい。笑っています。把手かとおもっちやった。後背位になって、哲次はさらに激しく動きます。早く終わってほしい。もう、こんなことはしないでほしい。ほうがいいぐらいです。ねえ、最後はお口で受けたいの。いいよ。こうなったら、離婚してくれた。信じられません。わたしは哲次とは体位をいくつか変えてセックスしたことはありますが、オーラルはほとんどなく、ましてそこでフィニッシュするなんて、一度もありません。
そんなものだ猛烈に激しいセックスをすればいいというモノでもない

勃起してしまった

あわてて洋子の口からペニスを抜いた
彼も要求しませんでした。シェリーはわたしに抱きつくように体を合わせてきて、頬をくっつけてきました。哲次がこれみよがしに彼女の口の中にペニスを入れていくのです。そして耳元でいやらしい音をさせます。彼女がこれほど巧みに、楽しそうにセックスするとは想像できませんでした。奔放な女性と見られがちですが、わたしの知る限り、とてもストイックでマジメな子だったのです。いくぞ。目をつぶりました。彼がシェリーの口に射精していくのが、精液の香りではっきりわかりました。
亀頭を圧迫した

愛撫されたら

彼女はすぐには口を離さず、丁寧にしゃぶりつくしています。そして、彼と離れて立ち上がると、わたしの頬を軽く叩きました。目を開けろというのです。見ると、彼女は口をクスコで開かれたわたしの股間に持っていき、笑いながらいま吸い出した精液と唾液をだらだらと、中に注ぎ込んでいました。妊娠しますよーに。クスコを揺すります。そのまま、彼のもので熱くなっている股間を、顔に押しつけてきました。陰毛をキレイに手入れしていて、柔らかな陰唇がきれいに見えるようになっている彼女が、濡れたその部分をわたしの鼻や目に押しつけてきました。
彼の股間で斜め45度以上の仰角でぷるんぷるんと揺れている欲望の器官をうやうゃこういう熟女の風俗嬢は

挿入する際に抵抗が少ないという利点があります

ペニスを抜かれた優子は指で万里の
あっ、あっ、あっ。カワイイ声をあげて、シェリーはわたしの顔でオナニーをしています。奥さん、かわいそう。縄奴隷なんて…。そして笑いながら、快楽をむさぼっています。そのぐらいでいいだろう。と哲次が言います。そうね。なわみさんの鼻が潰れたらいけないわね。やっとおりてくれました。顔中に彼女のニオイが残りました。ボールギャグがようやく外されました。

投稿日:

チンポはもういい

乳首にはご主人様の

榎本先生、出さんでくださいね。この女、今日は結構危険日だ。素知らぬ顔で向井が言う。も、もっと、もっとして下さい。こ愉しまれて下さい。もっとおちんぼ様で紗友里のおまん急激にその力を失っていく男根を逃すまいとするが、それは逆効果で、手術によって改造された自分の性器は、むしろその動きによって力のないものは外へと押し出してしまうということを、この時紗友里は初めて知っ。ああ、抜かないでぇ。本心から嘆きの声が出てしまう紗友里だった。遙香のフェラに紗友里先生のおまんこのタッグの勝利ね。

うそぶ女秘書が嘯く。いやあ。もっとしてぇ。おまんこ、オマンコしてください、もっと。紗友里がお尻を震わせて言うのを見て、女秘書が大声で笑った。一一二0一0年九月三田村隼人私邸。どノーマルと言ってもいいくらい普通でしたわ。まあやたらと色々なところを舐めたがるので、あのお顔じゃありませんか、少々気持ち悪いという気もいたしましたけど、でも挿入の時は自らゴムもおつけになられました。し、特に大きくも小さくもなく、興奮なさっていたのか数分と持たずに発射されてしまわれました。

本当の奴隷女になってしまったのね……しゃがみながら高く掲げた尻は股間の奥がすっ


股間に手指を伸ばされました

もちづきあやの隼人の男根に舌をからめながら、そう報告する。女優の望月彩乃が、背中では、あの会談の時も同席していた牧野リサが、ゆるゆると円を描とがくようにローションまみれにした裸の双の乳房を押し付けている。尖った。乳首をその動作によって豊かな乳房の中に僅かに埋もれさせ、乳房全体を背中で押しつぶすようにしてくるかと思えば、少し離れてふたつの乳首のくすぐ先端だけで背中を擽るようにしてくる。それがなんとも心地よかった。女優の方ももちろん全裸である。今年の1月で四十歳になったという彩乃は、五年前にSM大河映画への主演という衝撃的な復帰以来、テレビドラマなどへの出演は全て断り、大作映画だけに、それも一部の友情出演を除いては年に1本か11本の主演だ。

下半身の状態は見えなくても

けをこなし、今や押しも押されぬ大女優の道を歩いていた。しゃがみこんで男根奉仕をする彩乃のすぐ後ろには、やはり女優で若い頃からはひと皮もふた皮も剥けて、名女優という域に入ってきていると世間では賞賛されているらしい葵依という女が、天井高くからの滑車に両足首をまとめて逆さに吊られ、マネージャーで葵依の実の弟でもある川越そらに、鞭をその背中やら乳房やらに容赦なく浴びせられていた。あおいかわごえくう赤い色の一本鞭が空を切り裂き、室全体に反響する。女優の体を激しく打ち据える音が、浴たわ鞭が当たる度にGカップあるという乳房が撓むのが、与えてくれる。隼人の目に刺激を天井の高さは三メートル近くあり、実の弟の鞭に打たれている葵依の両手は、括られることもなく、かといって床につけて自分の体重を支えることが出来るでもない状態で、鞭が身体を一閃する度に、上半身の揺れとともに、宙をつかむような動きをして苦痛に耐えていた。


調教師諸君にもたっぷりとボーナスはずむとするよ

ザーメンを待ち構える

いっせん弁護士の君塚の助言もあり、収監されていた刑務所の獄中で謎の自殺を遂げた、広域暴力団筆頭若頭だった梅田敏雄の秘密の私邸を買い取ったのは一昨年のことだった。無類のソープランド好きだったらしい、前家主の梅田敏雄自慢の浴室に、自動巻き上げ装置の付いた天井からの滑車を取り付けることを業者に指示したのは、リサだった。くつろ無論、裸の女を吊り、めにだった。ここで寛ぐ会長にこういったショーを見せるた。元はソープマットを三つ並べて敷けるようにしてあった広い空間のほぼど真ん中に、臭気防止のための天井までの仕切りの役割をしている透明なアクリルの円筒を設けており、女は全てこの中に入って用を足さねばならないというルールになっている。人が一人入れるだけの細い筒の中は、まわりの床より一段高くなっており、和式の便器を含めその全てが透明で何もかもが円筒の外の見学者に丸見えな。

股間をさらけ出している


股間にある赤い花びらの縁取りスリット

奴隷用トイレ。事実、女が和式トイレで排泄するポーズそのものに、いやそれよりはさらに脚を開いた状態になってしまうのだが、足首と膝を固定する枷もついており、しゃがんだ状態で手首も万歳の形に固定することも出来る。かせやはりリサが、ソープマット三つ分というあまりに広いスペースが勿体無いと、提案して設置させたものだ。ただし、これが完成した際、そこで浣腸排便を見せるこけら落しの役割を会長の見ている前で命じられたのは、ほかならぬそのリサで、自分自身が指示したこの円筒型という形状が、透明で外から同じように丸見えであっても、何故か四角いスペースよりもさらに羞恥を感じることを自らの身をもつて確認している。また、この場所では隼人の元妻である美樹が、十代の頃に今隼人が座っているのと同じような、女が身体をその下に入れて、座っている男の玉や尻の穴を舐めることが出来る。くぐり椅子。と呼ばれる椅子に、実際に入って梅田に奉仕していたこともある、とリサが教えてくれた。調教師稼業で培ったテクニックを駆使し

  • エッチには貪欲な恭子さんは
  • 処女喪失時の血が残っていた奈々の陰部は
  • オッパイと顔だけか
投稿日:

男のペニスが大きく膨らみ

男根に手を添えて

おチンポすてき、成虫に成り掛かった。を根元の方から挿入してくれました。あ、あ、あ、すてき。おチンポ様。はまだ完全に成虫に成り切っていなくても、その胴体の凸凹でしっかり私の膣壁を擦り上げて素晴らしい快楽を与えてくれました。そして半分くらいが没してマユミさんの手から離れた。おチンポ様。はまるで私の体と化学反応でも起こしたかのように見る見る膨張していった。のです。正に私の体に興奮した男性器が勃起していくようなもので、とても誇らしい気持ちになった私の股間に、おチンポ様。

は肉ヒモを伸ばしてクリトリスに巻き付け、アナルまで入り込んで素敵な刺激を開始してくれました。先生、赤ちゃんをかわいがってあげてね。私の体に種付けしてくれたマユミさんがセーラー服を身に着けながら言うのを、私も白衣を着ながら聞きました。下着なんか着けられないわね股間にも胸部にも、素晴らしく心地良い。おチンポ様が寄生している。のです。ノーパンノーブラで過ごすのが当然だと思いました。私またご主人様に種付けしてもらって来ます。

フェラチオでいき


だがいまはレイプされているのだ激しい屈辱感と嫌悪感しかなかった

きゃ、物足りませんものね。おっぱい吸ってもらわなそれは寄生虫の赤ちゃんに乳首を吸われて、絶大な心地良さに包まれている私には十分納得のいくことでした。おチンポ様。に寄生して頂いて、体中がどこもかしこも歓びで弾けそうなのです。私、チアの先輩に種付けしてもらったんです。チアの子たちはもうほとんど…だから先輩がご主人様。強い衝動に駆られてマユミその時もう白衣の着用を完了していた私は、さんに頭を下げていました。

その快感に荘太は股間を震わせる

ご主人様!別れる前に、ご奉仕させて下さいませ…。ふふふ、わかったわ。そこに正座しなさい、かわいい先生。ああ、嬉しい…おチンポさまぁ保健室の床に正座した私の前に立ったマユミさんが、セーラー服のを差し出して下さると、私は感激でスカをめくって立派な。おチンポ様。目がウ»ウルしてしまいました。オクチを使いながら、余った手で自分のおチンポ様をシコシコするの。


セックスはしていなくても

荘太もすでに限界を超えていたひとまわりも年上の人妻の真っ白な尻を見ながら

はい、ありがとうございます、ご主人様。私はさっそくご主人様のモノを口一杯に頬張りネットリと舌を使いながら、手を白衣の下に忍ばせていきました。ご主人様は私の後頭部に手を回して優しく髪を撫でながらおっしゃいます。よしよし、先生って本当にお上手ねえもうチアの子たちはほとんどみんな、おチンポ様に寄生してもらってるの。先生も、子供が大きくなったら新しい宿主を捜してやってね。保健室ならいくらでもいい子が来る。んじゃない?--わかりました、ご主人様。

オッパイしてるね


ユリカはまだ処女である

この学校の女の子たちみんなを幸せにす。るように、頑張ります!あ、いくうっ!私はご主人様がお情けをオクチに出して下さると同時に、白衣の下で放出した液体で床をビショビショにし、途方もない幸福感を味わいながら、この学校を。おチンポ様。の楽園にすることを誓っていたのでした。メールで不倫え?もう来ちゃつた。愛と大樹を小学校へと送り出してホッと一息付き、テレビを付けたまま居間のフローリングにモップを掛けていた私は、いつになく早い時間に掛かって来たメールの呼び出しに驚き、ビクッとしていました。もちろん他の友達や親からかも知れません。ですが、朝8時台なんて時間にメールしてくるなんて非常識です。きっと、あの人からに違いありません。そう思って慄える手でケイタイを確認すると、やっぱりあの人、今や私のご主人様となったタクヤ様からのメールでした。ララの股間を見る

  • 動かないでペニスは勃起して筋張りを浮き上がらせ由里子はその場に腰を下ろすと
  • E下の下着を晒すと
  • 建太のペニスを頬張っていたのです
投稿日:

淡勃起した俊治ものが

乳首がさらにキュンと感じて

ちょっと!やり過ぎなんじゃないの?香奈子が、翔太の机の上にわざとらしく飾られた花を見て、俺に向かって口を尖らせる。11よく言うわ、この女。オメェが一番翔太の包茎チンポをバカにして最後はケリまで入れやがったくせに…翔太は香奈子にホレてたから、相当精神的ダメージが大きかったに違いない。だから、学校に来られなくなったんだ。それなのに…俺は、まる。でクラスのいじめっ子男子をたしなめる、真面目で美形の学級委員みたいな彼女の猫かぶりを見て、女は怖い、と心に刻み付けていた。俺じゃねえよ。まっくんじゃなかったら、誰があんな悪ふざけをするのよ!

アイツアイツ-俺が教えてやると、香奈子はヘラヘラ笑いを浮かべている、お調子者のデブまで文句を言いに行った。よっち!ああ言うのはやめてよ!いーじゃん、ピッタリだぜ。すると香奈子は一応ヒソヒソ話風によっちに言ってたけど、声がでかいので俺にも聞こえた。でも翔太がひどいいじめに遭っていることは、クラスでは公然の事実だから誰に聞かれたって、どうってことはないのだ。アッコTに知られたら、何かと面倒でしょ!アッコ。

週に1度くらいはセックスもする


ペニスが媚肉の凹部に結合し

ティー。と言うのは、クラス担任だ。新任の若い女の先生だ。から、皆結構ナメて掛かっている。翔太のいじめにも勘付いてるか知れないが、さすがに公然と刺激はしない方が懸命だろう。今のままなら、いくらでもいじめ放題に近い状態なのだから。この見た目は天使、中身は小悪魔と言うクラス1のカワイコちゃんにた。しなめられたよっちは、しょーがねえな、と頭をかきながら花瓶を取り除いた。

射精するまで動かし続けてしまう浅ましさ

すると、俺たちのいじめを見て見ぬフリをしているその他大勢の連中にも、ホッと安堵の雰囲気が漂う。いじめが先生に発覚して面倒なことに巻き込まれるのはまっぴらごめん、という気分がアリアリで、俺は心の中で毒突いた。オメェらみたいなのが一番タチが悪いんだぞ先頭に立って翔太をいじめている俺が言うのも気が引けるが、いじめに無関心な連中は加担しているのに等しい。俺たちいじめグループは男女ともごく普通の面々で、決して皆に恐がられる不良などではないのだ。あんなに露骨にいじめてるんだから、1人くらい翔太をかばって俺たちに注意の1つもすれば良いだろう。


カテーテルを尿道に挿入したらどんなに素晴らしいエクスタシーが得られることだろう

ペニスに立ち癖がついて

--腐ってるよな、このクラス翔太は昔から常にいじめの対象とされていたようで、小学校でも中学校でも長く休んでいたことがあると聞く。かわいそうだが、いじめられても仕方のない男だと思う。いつもむっつりと押し黙って、友達を作ろうと言う気がないようだ。背が低く肥満体で、動作はトロい。そのくせ頭は良くて、成績がトップクラスだと言うのも皆の不興を買う一因だ。が、何と言っても翔太がいじめの格好の標的になってしまうのは、コイツが何をされても決して抵抗せず、されるがままになっているからだ。

奴隷をひとり買った


奴隷志願の少女ネット上のハンドルネームだが

これは致命傷だろう何の抵抗もしない人間をいじめて面白いのか、って?そんなキレイ事を言うやつが俺は大嫌いだ。面白いに決まってるじゃないか。小さな頃虫を集めて羽をむしったり体を千切ったり、残虐な行為を加えて遊ばなかったか?人間は無抵抗な生命を弄んでやりたいという、邪悪な本能を持っているのだと思う。だから翔太はいじめられるのだ。お早う。よっちが花を片付け終わった頃を見計らったかのように、その声が聞こえて俺は少しギョッとした。翔太だ!もちろん誰1人その挨拶に答えようという人間はいない。翔太に挨拶することで、いじめの火の粉が自分に降りかかって来ることを恐れているのか?そんなのは言い訳だ。そして立ち上がると手早く自分も下半身裸になり

  • バイブを成美さんの
  • その膣壁にあるペニスをくすぐるような感触といい
  • 調教されたくなる
投稿日:

オナニーを禁止されてるのにクスリのヌリヌリで気をやってしまいそうになり

ペニスを握った手をとがめるように動かされた

男子生徒の前で女の子の下半身を丸出しにするよう小川先生の忠告も真実味を事実、自分までとばっちりで乳房を揉みまくられてしまったではないか。輪姦の洗礼…まさか。真澄が困ったようにつぶやいて、窓の外に遠い目を向けた。二·目撃しばらくは何事もなく過ぎた。覚えるべき事が多すぎて、何かが起こる余裕なんかなかったという方が正しい。そしてようやく受け持ちクラスの生徒たちの顔と名前が一致し、師たちとも肩の力を抜いて雑談出来るようになった頃。そろそろ生活指導の事も考えなくちゃ。先輩教小川先生に頼まれた採点作業の手を休めて、真澄はクラスの問題児の顔を思い浮かべた。

  • それでも言いつけに従って黙々とフェラチオをしなければならない
  • 下着を自室に隠していたのだから
  • ペニスへの卑猥な責めがさらにエスカレートしそうで恐くなった

コーチのエッチなオ0コにいっぱい入れて落ち着きのない生徒、素行不良の生徒、そしてかなりの比率を占めるスカート丈が短すぎる女生徒たち小川先生に言われた郷田美由紀はその中に入っていなかった。何を考えているのか分らない不気味さはあるが、観察した限りでは特に問題があるとは思えなかったからである。そうだ、体育館の裏口の鍵…。真澄は朝礼で施錠忘れに注意するよう言われた事を思い出した。今朝は、体育館の裏口ドアが開けっ放しになっていたらしい。時計を見ると、下校時間を二時間ほど過ぎていた。乳首に針刺したい

 

拘束を少しだけ緩めたという訳だ

確認してこなくちゃ。真澄は立ち上がって伸びをすると、職員室を後にした。スーツは胸と尻が目立ちすぎるとの忠告を受けて、深緑のゆったり目のワンピース姿だ。ただ、そのままではずんどう体型をごまかしているように見えてしまう点はどうしても妥協出来ず、ベルトでウエストを絞っていた。その結果、スーツの時と比べて乳房の揺れが目立つようになっただけだったが、本人にとってはいつものことなので、あまり気にとめていな乳房は動けば揺れるもの。それが中学時代から大きな乳房と付き合ってきた真澄の。なのである。
ザーメンと千恵利の体液でヌラヌラと妖しく光る
もちろん熱烈なフェラチオを含め
ありゃ、犯られるわ…。横目で真澄の後ろ姿を見送りながら、小川先生が肩をすくめた。よし、閉まっているわね。真澄は体育館の裏口ドアのノブに手をかけて、施錠を確認した。他の箇所も確認しておこうかなついでに渡り廊下でつながった校舎も回っておくことにする。広い敷地だ。戻ってきた時にはゆうに三十分は経過していた。見ると、確かに閉まっていたはずの体育館の裏口ドアが開けっ放しになっていた。あれから誰が来たのだろうか。こんな時間に。

 

下着が曖昧だが透けて見えている

真澄はドアをくぐって薄暗い内部に足を踏み入れた。電気が点いてる…真澄は狭い階段の上を見上げた。体育館の裏には、倉庫と準備室がある。それと、11階に体育館を見下ろせる小部屋と。悲鳴!?確かに二階からくぐもった女の声が聞こAえた。んーっ。くうつ。とか、口を塞がれた状態で上げる声だ。人気のない場所。

それでも彼女は決してペニスを離そうとしない

悲鳴状況的に誰かが襲われているとしか思えない。緊張で心臓が高鳴り始める。…放っておく事は出来ないわ。私は教師なんだから。尻込みする心を叱りつけ、足音をひそめてゆっくりと階段を上がる。狭い階段は直接小部屋とつながっているので、床ぎりぎりの目線で室内を窺う事が出来た。室内側から見れば、階段から頭を半分出した形だ。