投稿日:

やがてセックスレスの状態になった

奴隷生活にもいくらか慣れた頃のことです

しかしそれだけではない。わずかに、異臭がする。なにか、腐臭に似た、煙くさい何かを、牧野の鼻腔が感じ取っていた。いったい、なんなんだ…いや、それどころじゃない。匂いなんかよりも、和花だった。家財道具は何ひとつ無くなってないが、家中のモノがなくなるよりも、空っぽになった気がした。立ち尽くす牧野を虚ろな部屋だけが取り囲む。

  • そればかりか息を乱しはじめた宮川は真奈美の手を取ってペニスに導いた
  • 私のおケツからヴァギナに挿入されたタケルのコックを舐め上げ
  • 処女を奪われながらイクんだ

セックスしか知らなかった私は慣れ親しんだ我が家が、まるで見知らぬ家のようだった。探すほどの広さもない家中を、駆け回っても、妻の姿は見えない。なんで、いったい、なぜなんだ。どこへ、とは思わない。どこに行ったのかは決まっている。自殺。を考えたが、いきなり、自殺するわけがない。遺書のたぐいも見つからなかった。どう考えても、和花が自殺なんてするとは思えない。亀頭を刺激しようとする

 

美和子の大好きなペニス注射をしっかり打ってやるよ

だとすれば、どこへ行ったのか、ということになる。あの連中のところ、か…。大好評でした。と、しゃあしゃあと言っている、したり顔を思い出あの、家元という男がしていた。ぞうだ。あの名刺。捨てようとして、捨てられなかったあの、紙切れ。忌まわしいものとして引き出しにしまったままだった。しかし、ろくに見もしないまま、く見れば電話番号すらない。
あの子にフェラチオをさせたり
ペニスに罪悪感さえ覚えていた
ドメインを取っているのか。よアドレスだけだ。となっている。金さえ出せば、派手な装飾と、一応はちゃんとした組織を持っているというこ簡単なことだ。総花淫流の名前とアドレスには。となのか。いや、こんなもの、しかし、その上質な紙には、宗家立花気転院。という名前が黒々と大書され、アドレスがひっそりと書かれている以外、何もない。と思うが、そこには住所も何も、せめて、電話番号でも書かれていれば、一つない。

 

乱交パーティーでのセックスは別物なのだそうです

もうちょっと聞いておけば。具体的なことは何妻に何も聞いていなかった。聞けるはずもない。一刻も早く忘れようとしたいはずの妻に思い出させるようなまねなどできないのは当然なのだ。しかし、今となってはその思いやりは裏目に出たことになる。まさか、さカ乔イ和花が、俺に相談もなく行くはずなんて。まして、妻からのメールに行き先は書いてない。

膣壁を押し広げ

しかし、いきなり旅行に行くはずもない。考えられるのは、れなかった。それにしても、何の相談もなかった。浮気なんて考えられもしない妻だ。あのいかがわしい華道のところしか考えらまさか、妻が自分から望んで行った、とは思いたくない。しかし、家の中は、きちんと片付いている。何者かに無理矢理連れ去られた、という様子は、まるで見えなかった。警察に…何を話す?しばしの自問自答の答えなど初めからわかっている。

投稿日:

チンポは少し固く

勃起してきたわね

満足したか?、美穂。男の掠れた声に。ええ満足したわ、凄く良かった。美穂は精液の温もりを確かめるように右手で下腹部を撫で回した。そして首を捻って男とキスを交わすと。ホントに素敵だったわこんな気持ちいいセックス初めて…。甘え切った声で言った。そうか、それじゃあ俺の役目も終わりだな。男は嗄れた声で言うと、美穂の赤味がかった柔らかな髪を優しく撫でながら、そろそろ行くとするか。あ…待って!とにかく男を引き美穂は慌てて言った。止めたかった。

そして咄嗟に何を言っていいか分からず狼狽えた。男は口ごもる美穂を尻目に、とにかくこれでさよならだ。あとはあのおっさん達が美穂の相手をしてくれる。電話ボックスの外から依然としてギラギラした視線を送ってくるホームレスの男達を見ながら言った。男の言葉に、促されるように美穂はガラスの外で欲望を剥き出しにする男達を見た。

奴隷はご主人様に対して口答えは許されない


下着姿にてサービスをする

その強烈な目の輝きに性感を揺さぶられた。そして男達との激しい性交の予感に子宮のあたりが甘く疼いてしまう。ああ…わたし変になっちゃってる。あんな薄汚い男達に犯されたがってる。美穂がホームレス達に気を取られていると。それじゃあな。男の嗄れた声が耳元に響いた。美穂は慌てて。また、会えるでしょ?いえ、会って欲しいの。また美穂が欲求不満になったらな男は美穂の耳元でそう告げた。

尻がつり上がって

そして次の瞬間美穂の体を支えていた男の体が突然消えた。え?、嘘っ!一瞬、宙に浮いた美穂の体は、すぐにコンクリートの床へと崩れ落ちていった。ガクン!体がバランスを崩して倒れこみそうになり、美穂はビクリと体を震わせ、目を開けた。美穂は周りの風景が一変していることに気が付いた。ここ何処。キョロキョロと周囲を見まわす。緑色の座席·つり革中吊り広告。電車あれ?、電車の中なの?美穂はぼんやりした頭で状況を整理しようとすると、アナウンスが自分の降りる駅名を告げていることに気付いた。


拘束された羽黒の老体らしからぬ

バイブ責めです

その時、電車の扉が開いていて美穂は慌ててバッグを掴んで駅のホームへと駆け降りた。美穂の背後で扉が閉まり、電車が動き始める。美穂はそこでようやく状況をすべて理解し、呆然と立ち尽くした。あれが夢だったのあんなリアルな夢なんてあるの?美穂にはあの男との壮絶なセックスがとても夢だとは思えなかった。

ワセリンを少女の肛門に塗りたくり


セックスくらいは聞いたことがあるだろう

こんなに短時間に見られるものだろうか?それにあんな長い夢をしかし、現実はそれが夢であったことを告げている。欲求不満なのかしら、あんな夢を見るなんて最近、セックスしてないから。美穂はそんなことを考えながら二、三歩、歩き出し、また立ち止まった。美穂の花唇は激しく花蜜を溢れさせ、ぐっしょりとパンティに染みを作っていた。本当に夢だったのかしら?美穂はふとそんなことを思った。淡勃起した俊治ものが

  • アナルに沈めて行
  • お尻を突きだした
  • 乳首も
投稿日:

さらに股間に手を差し入れて秘部をまさぐってきた

クリトリスをヒクヒクさせながら

自分の意思と関係なく。体が細切れになる。ような感覚。これ以上は耐えられないと思った瞬間、ガクンと衝撃を残して電流が止まりまし。ご覧になりました?すごいでしょう。なにがすごいのか、わたしにはわかりません。なにも考えられなくなりました。恐怖と苦痛。これ以上はないほどのボルテージ。再び電流が体に。

電流を弱くしているので、何度でもできますのよ。絵夢奴の声。ぐぎぎぎぎぎぎぎ!木玉を噛みしめています。もしキングコングのような巨大な手で握り潰されるとしたら、こんな感じなのではないでしょうか。ほらあまた-。ご覧になりました?すごいわ、なわみ。客席が盛り上がっているようですが、理由がわかりません。

クリトリスデモイイヨ


乳首を引っ張られることになります

強烈な刺激の中で、意識が遠くなっていくだけ。絶対に勝てない相手と戦っているようなもの。徹底した敗北の中で、どうしてこんなに体が熱いのでしょう。うわぁ、いやらしい。ホントになわみって変態大好きっ子なのねぇ。絵夢奴があきれています。どうしてそう言われるのか、やつとわかりました。

尻の痛みもそうだが

股間からおしっこのように体液を噴き出していたのです。最後の方の噴射だけは、はっきりと自覚していました。あそこが痺れ、燃えるようになって、ぎゅっと絞り出すように収縮したのです。あなたみたいな女、はじめて見るわ。恥ずかしいわねえ。こんなに感じちやって。わかりません。正直、そのかなり前にあったエクスタシーに比べると、いま起きたことはわたしにも理解できません。


クリトリスを弄られ続ける

膣の中には入ってこなくても

電流による誤作動ではないでしょうか。だけど、会場の人たち、そして夫はそうは思わないでしょう。ら、なんでもする女…。誰の目にもそう見えたに違いないのです。熱湯責めでは、続いて三回目のステージを始めます。休憩なしよ。拍手が店内に起こります。悲鳴を上げることもできません。全身に電流が残っているような苦痛。それでいて、恥ずかしいほど感じてしまっています。

射精欲求を


ペニスを下腹部や滑らかな内腿にすりつけたりしていると美枝もそれに合わせて脚をから

みっともないわね、なわみ。こんなことで感じてばかり。これは罰を与えないといけないわ絵夢奴が笑います。客席から拍手が起こります。赤岩と金男が舞台にビニールシートを敷きました。そして、大きな透明のバスタブが運び込まれてきました。半分ほどお湯が入っています。きれいにしましょうね。擬似男根とはいえ

  • 子宮の窪みを指先が押し塞いでくる
  • 赤黒い亀頭部分を口に含んで吸い上げると
  • アナルにねじ込まねばならない
投稿日:

クリトリスが熱を持っているようで

今日のために準備した勝負下着は

オマンコに極太バイブを入れられたことのない女性はたくさんいますが、排泄をしたことのない人はいません。アナル好きの素質を充分に備えた女性はトイレで用を足すた。びにうっすらと甘い感覚を得る…という経験を繰り返す訳ですから、多かれ少なかれ。もしかして私はと思っているものです。また、その他に女性が中イキできない理由としては。ペニスの挿入時間が短すぎる。も良くあります。

  • チンポが入ってくるわ…志摩子の体重がかかって
  • 次はもっと興奮するセックスが出来ると思い
  • 中出しされて

アナルで感じる変態だって思い知ればけれども成美さんは処女で今のご主人と結婚したとは言え、何年もセックスをしてきています。もしも原因が。挿入時間の短さ。にあるとしたら、彼女は。あともう少しでイケたのに!という思いを何度も味わっているはずです。成美さんはご主人とのセックスについては。痛くはないけれどなんか入っているなぁっていうだけ。としか言いませんでした。それらを考え合わせると彼女がイキきれない理由はオマンコの圧迫感不足としか思えなかったのです。クリトリス包皮をめくられる真澄が激しく

 

この男も緒方は小峰の調教ぶりに感心していた

とはいえ最終的には成美さんの身体に直接訊いてみるしかありません。調教師の。俺もその人妻さんはオマンコ拡張でイクと思うけど、念のためアナルプレ、グッズも全部持ってくるよ。との言葉に従って、私たちもヴァギナ拡張とアナル調教のどちらにも対応できる準備をしておく約束をして打ち合わせを終えました。撮影は私が初めて成美さんとお話してから二ヶ月後、彼女の上京に合わせて行いました。ご実家は東京だと聞いていましたが、変化した街並みに戸惑ったのか、成美さんがスタジオに到着したのは約束の時間を三十分ほど過ぎた頃でした。本当に申し訳ございません!
ペニスをぶらぶらさせて
ついに真奈美の唇が亀頭を咥えた
と、こちらが困ってしまうほど恐縮していました。それだけを見ても私は成美さんがいかにご主人に守られ、二人で寄り添って生きてきたのかが分かるような気がしました。しかし彼女は今夜中に××県に戻らなければならないとのことで時間がありません。私は急いでこちらで用意した衣装に着替えてもらい、彼女を調教師に引き渡しました。これから縛っていくけれど、もしも痛かったら言ってくださいね。

 

r奴隷の分際で

調教師は明らかに怯えている成美さんに優しく話しかけつつ、手早く両腕を後手縛りに緊縛しました。彼女は自分が縛られているという状況に面食らっているのか、うつむいたまま一言も言葉を発しません。彼は成美さんの様子を見ながら、彼女をソファに座らせると、さらに下半身をM字開脚の状態に拘束しました。下着は衣装に含まれていないため、スカートの下はノーパンの下腹部があらわになります。成美さん、これが何か分かるかな!?調教師は股間を大きく割り開かれてうつむく彼女の顔を上げさせ、ワーシェイク--通称·黒電マー1を目の前に突きつけました。

エッチな事をするんだから

いいえパ成美さんは恥ずかしげに首をふり、電マから目をそらします。本当に知らないのか!?まぁいいでしょう。これはね、こうやって大きく脚を開かせて、クリトリスとオマンコに当てて使うんだよ。あっ、や、ああ。奥さんはクリトリスではいっぱいイッたことあるんだよね。じゃあまずクリイキでオマンコをぐしょぐしょに濡らしてもらおうか。そんなこと…あ、駄目、イクウツ!成美さんはむき出しのオマンコに電マを強く押し当てられて、と下半身をゆすりはじめました。

投稿日:

処女喪失の感慨よりも

股間を両手で抑えていたので

人妻に聞かせないと言うアピールで
肉棒をつまんで前を向かせた

スカートとパンティの布越しに、何度も尻が跳ねた。ううっ!尻肉を強くねじられ、ビク。ビクンとああっ、痛い!ひぎぃっし尻の痛みは感じる。痛いものは痛い。でも尻たぶに痛みが走るたびに、ローターの快感がより深くなる。KEに指先が突きたてられるごとに、乳房から濡れた音が響く気がする。ああのときと、同じだわ…胸責めの快楽と尻責めの苦痛を同時に与えられる理紗の脳内で、前の駅前トイレでの、処女強奪の記憶がフラッシュバックした。
膣痙攣よ

ペニスにすりつけるようにしてせつなげな鼻声を洩らす

痛いのに…今も、痛いのに…。よし、次の車両へ行くぞ!一週間尻に、強く平手打ちを受けた。はひぃぃぃぃっ!摩擦音を鳴らせた。衝撃で呆然とす。理紗は頬をガラスにこすりつけて、るまま、また右腕を引かれて、次の車両の前へ引きずられる。あっ、お願い、待って、わたしはまだ。非情な自動ドアが開いた。おおおあ、理紗の言葉を無視して、指か理紗へとよがり声を呑みこむ。

チンポキリオトシタ

そのポーズが、あわてて左手で口をふさぎ、らはみでる赤く染まった頬が、また111両目の乗客たちの視線を、誘った。ああ、集まってくる視線が、うう、痛いわ…。尻打ちの直接の痛みと変わらない、精神的苦痛が全身の肌を貫いた。胸で蠢くローターの存在は、外見ではわからないと知っていても、乳首に集中する視線の束を感じてしまう。んっ、ううう…うむ。左手を離した唇から、熱い吐息があふれる。
チンポは少し固く

調教師だから

誰が見ても、わたしはおかしく映っているはずだわ…。それでも誰一人として声をかけてこないのは、日本人の特質だろうか。理紗は好奇の目を集めながら、通路を歩みつづけ、またドアから連結部へ出た。背後でドアが閉まるのと、理紗が床に両脚を折り、両手を床に着けてうずくまるのは同時だった。もう、もう無理だわ、はああ、これ以上は、我慢できない、うんんっ!

広げたタオルで股間を隠した
オマンコは奥までハマッた極太ディルドゥをくわえたまま離そうとしませんでした

膣上壁を巧みにえぐられた睦美さんは

芙蓉子にはこのような子供がセックスを求めること自体が理解できなかったのだ我慢できないというのは、理紗先生はまた乳首を責められただけで、あさましくイクということかな小刻みに震える丸い背中に、喜四郎の下卑た笑いをはらんだ声が降ってくる。ぼくの巧みな痴漢の指の技じゃなくて、ただ震えているだけの機械に責められて、イッてしまうんだ。ら、違うわーはああっ、んつぅぅ。理紗は首を背後にひねり、言い返そうとする。だが胸から湧き上がる快楽の大波に呑まれて、まともな言葉を失った。恥知らずな乳房絶頂へと駆け昇る肉体を、押しとどめることで精いっぱいだ。
たちまち乳首がツンと尖ってきます妻が本格的に感じてきた合図です

これによりまた石黒の勃起は復活

すばらしい。真面目で意志が強いくせに、ものすごく淫乱な身体の理紗先生が、ますます大好きになるな。本当に、ぼくの理想の女教師だ。称賛の言葉が、理紗の様々な負の感情をかきたてる。それすらも燃料にして、胸が駆け足で熱量を増やしていく。残念ながら、全車両を縦断するのは、無理のようだな。しかたがない。そろそろ最初の停車駅だ。次の一両を通り抜けたら、駅へ降りるから、感謝するんだな恩着せがましい不条理な言葉を聞かされて、理紗は安堵するしかなかっそれでも自分から立ち上がれない。

投稿日:

人妻かどうかは別にして

ピンクの乳首を乱暴に押しつぶすようにブニュリブニュリといじり始めた

アラー、奥さんの折角の愛想づかしも、効果無かったのねそれは悲劇だわ…それからも、その二人と同じ屋根の下で暮した訳でしょう?…貴方がまだ未練を残している。奥さんが、他の男のものになっているのを目のあたりにして、我慢し続けるなんて、まるで地獄じゃないの。そうなんです。離婚式の翌日、私は、これからはこの家の召使いとして、陳の妹である麗花の指示に従って、家事をする様にと申し渡されたのです。中に、逆に使われる身になったんですね。院中、さんざん追い使ったこともあって、彼女が私に良い感情を持ってなかったことは確かでることになったのです!分として扱って貰う様に要求出来なかったんですの?この地方の男は、家の生計を立てるために働くのがあたりまえで、ブラブラ遊んでいることは気が付いた時には、足首が固着して永久に動ために、病院でリハビリを受ける機会を逸して、かなくなってしまっていたのです。

田舎のことで、車椅子も手に入らず、私は、犬の様に四つ這いで動き回るしかありませんでし:満足に働けない男が、召使いとして家事をやらされるのも止むを得なかったと思いまの折れることを、全て私に押し付けたのです。具体的に言うと、どんなことですの?例えば、床の拭き掃除やベッドの清掃、その他もっともっといやなこともありました。ベッドの清掃ってベッドメーキングのことですの。この地方で使っているベッドは鉄フレームのガッチリしたもので、マットレスは藁を詰めたも前夜のセックスの跡が生々しく残っていて、何時も、私を気の狂うほど悩ましい気分にさせました。トイレや風呂場の掃除もやらされたんでしょう?

だったら最初は口内発射がいいだろうと


すぐにエッチもしたかったのだけどそれよりも

前にも説明しましたが、この地方では水道が無く、風呂はありません部屋に置かれた便器と言っても素焼の壷ですが…を使います。その壷は使い捨てなんですか?いえ、そんなもったいないことはしません。私の日課として、それを戸外の肥溜めに捨て近くの池で洗うのです。ウワー、陳夫婦や麗花さんの便器の始末までさせられたんですの?そう毎朝、自分の分を含めて四つの壷を背中に掛けて、四つ這いで肥溜めや池はで行かされる私の姿は、みじめさを絵に描いた様なものでした。

調教師はロウが溶けるのを1分間ほど待ってから

そうした召使いの生活が、何年も続いたんですのね。いえ、僅か三ヶ月程の間です。また、トイレも各…みじめぇー!実は、或出来事で、私の生活が大きく変ることになったの。変るって良い方にですの、悪い方にですの。それ以来、私は地獄の底に落ちたのです。の清掃に夫婦の寝室に入った時には、啓子がひとりで未だ寝ていました。で、彼女は布団をめくり、下着だけのしどけない寝姿を惜し気も無く私の目の前に曝しています。


自らの指に任せて尻を振り続けている

左手の二本指で小陰唇と膣口を責めた

汗ばむ程の陽気その熟れ切った女の魅力に、私は、思わず目の前がクラクラッとするのを覚えました。気が付いてみると、私は、啓子の身体の上に覆い被さって、その唇を吸っていたのです。私は、彼女の太股を押し拡げると、震える手を自分の怒張に添えながら、啓子の中に侵入しようとしました。マー、とうとう、貴方の願いが適ったのね。と思ったのですが、その瞬間、啓子の手がグイと私の身体を押し退けました。そして、彼女は素早く身をくねらせて私から逃れ、ベッドの横へ降り立ちました。

彼は理想の熟女と出会った


最高のオナニーを見つめながら

めています!彼女の顔は怒りで青ざすんでの所で気が付いて、逃げたって訳かぁ。その通りだったんです。したと思い、慌てベッドを降り、彼女の足にしがみ付きました。来ないので…本来なら、優しく彼女を抱きしめたかったのですが…。それで、彼女は許してくれまして?ことを急ぎ過ぎて彼女の感情を害何しろ、膝立ちしか出しかし、それに気付かぬ私は、しかし、ことはそれで収まらなかったのです。…間もなく帰宅した陳に、啓子は一部始終を告げ、私は、人妻を襲って強姦しようとした犯罪人として、リンチされることになったのです。佐伯との倒錯したプレイを想像しただけで膣の奥からどんどん蜜が湧いてくる

  • ペニスが疼いた
  • 乳首を既に貫通してその鋭利な先端を覗かせていた
  • 静香は彼の股間に視線を移した
投稿日:

オナニーし続けた思春期

肉棒を沙貴につままれた

乳首の下の根首にかかった帯締めも取り元に完全に突き刺さっていてるいやらしい肉体のみだった。ドアを開け、けばけばしい内装の悪趣味な部屋に入るとすぐ高坂が涼子の口をこじあけ、を押し込んできた。ふうううっ。ああんっ。んんん。涼子のほうも積極的に舌を絡める。キスだけでこれほど気持ちよくなってしまうのか。貼り太ももを淫液がつたい落ちる。ついたブラウスからピンク色の乳首がはっきりと浮き出てくる。涼子はなんてスケベな顔をしてキスするんだ。
フェラチオサービスはどうだった

乳首に押しつけられる硬く冷たい感触が

その言葉でますます息を荒くすると、涼子は口を大きく開き、舌を自ら高坂の口にねじこんで口内の粘膜すべてを味わうようにいやらしく動かしていく。ああつ。ま、また3キスだけなのにっ。許してやる。イキなさい。はしたないキスだけでイクんだ、どスケベ涼子。ああっ、イクつ。こ、今度はキスだけでっ。高坂にしがみつき、ピッタリと唇を押しつけ、舌をしゃぶりあいながら再び絶頂に達した。わかったかい?自分がいやらしい変態女だってことが確かにその通りだ。亀頭や

人妻の普段着といった風情だった


いつも涼しげな顔をして仕事をこなし、美しさの頂点にいて周りを見下ろしていたあの朝吹涼子は偽りの姿だったのだ。本当の朝吹涼子は男の陰茎を頬張ってはした。ない顔をさらけ出し、陰部も尻穴も見られて喜ぶ淫乱だった。わたしのいない11週間何をしていた?何回セックスしたんだ。耳の穴に舌を差し入れながら高坂が問う。い、一度しました。胸も揉みあげる。
さらに股間に手を差し入れて秘部をまさぐってきた

口中から肉棒を引きやっと息苦しさから解放されてほっとしながら

セックスでは味わった事のない感激だったのです
我慢できずに旦那と寝たんだね。感じたのか?ならオナニーをしたね?いやらしい涼子がそれで我慢できるはずないからな。し、してしまいました。恥を知りなさい。性欲に負けて何度も何度もいじくったんだね。あぁ?そうです。申し訳ありません。秘裂を指でかきまわす。君の胸も、尻も、乳首も、舌も、もちろんいやらしいマンコもアナルも全部これからはわた。
股間を流すまま

射精の開放感など

しのものだ。わかったね。断りなしに触ったり触らせたりするんじゃない。いいね。わ、わかりました。涼子の体はすべてあなたのものです。い、いつでも好きになさってくだ。それから涼子は服をすべて脱ぐとベッドの上に四つん這いにさせられた。ここはだれのものだ?後ろから覆いかぶさってきた高坂が胸を両手で揉みしだきながら尋ねる。こ、高坂さんの胸です。カチカチの乳首をひねりまわしながらまた問う。
おそらく金を払ってもこれだけの奴隷は簡単に見つからないだろう

口を近づけて愛撫を与えました

尻たぼを
高坂さんの乳首です。これは?舌をこねあげながら尋ねる。高坂さんれふ。尻を撫でると。ふううつ。高坂さんのお尻です。指で秘所のまわりをなぞり、ズブリと挿入する。あ、あひつ。こ、高坂さんのですっ。わたしの何だ?オ、オマンコですっ。激しくかきまわす。淫乱マンコだろう?ああつ。涼子の淫乱マンコつ。