投稿日:

美乳だが

アナルです

ああもう、どうにでもして!早く犯してちょうだいそれはやはり恐ろしい薬の作用だったでしょう。自分の指でくつろげてしまった恥ずかしい部分からはまるで失禁したかのようにジュクジュクととめどなく熱湯のような液体が溢れ、何度でもぶり返してしまう猛烈な欲情がますます苛烈に私を責め苛んでいたのです。今度はビデオ撮影してやるからな。カメラに向かってオナニーして見せ。そんなの絶対嫌ですっ!ああんっし。女の嫌よ嫌よは好きのうちとは良く言ったもんだな。口声が出てんじゃねえか、笑わせるな。乳を触っただけでエ自由が利かず自分のものでなくなったような手指は、すぐさま胸と股間に当てがわれて嫌らしく動き始めてしまいました。

  • 下半身丸出しで
  • バイブの刺激が凄まじく
  • この好色淫乱女子高生が

男根を根本から軽く乳首に触れただけで甘美な電流に撃たれたような心地良い戦慄が迸り、声も我慢出来ません。せんせぇ、親指でクリちゃんムキムキしてみようよ。ウヒイッツ!!人差し指と中指はオマンコに入れてくちゅくちゅするの。ああつつ。小指はお尻に入れちゃえ。ハオウツツー!せんせえ、すっご-い!ホントに処女なの?澄ました顔してたくせに、一皮剥いたらこのザマかよ。尻も動いているところを見ると

 

お尻の穴がめくれあがっていくような感じ

イク時は大声でそう言えよ!ビデオカメラを向けられた事で強い抵抗を覚え、絶対恥ずかしい姿を晒してはならぬと思った私の決意は、石のように屹立した乳首を摘み欲情でパンパンに張りつめた乳房を掴んだ途端にアッサリ砕け散りました。エッチな声が次々にせくりしげ、菜穂さんに教えられるままにお尻の穴まで弄ってしまう嫌らしいオナニーを始めてしまうと、もう無我夢中でした。ビデオを撮られていると言う意識はあるのですが、それはむしろ私の興奮を増すばかりのスパイスに過ぎません。あっと言う間に昇り詰めた私ははずかしい液体をくじらのように吹き上げて。とわめいていました。こりゃスゲェ。Aっ女優も真っ青、千寿先生の潮吹きオナニーショウだぜ。
エッチを楽しもうな
それが射精だと分かる前に
もっと近くから撮ってやるから、後2回イッテ見せな。そしたらいよいよ本番だ。千寿せんせぇ、イキ顔最高!ホント、かわいいんだぁ。からかわれ、カメラを持ってやって来た町田先生に覗き込むようにレズを近付けられても、私は狂ったようなオナニーをやめる事が出来ません。操られる手は勝手に動き、ドロドロに白熱した体は素直に浅ましく反応して、大声で絶頂を叫んではカメラのレンズまで汚してしまう有様でした。よし、おしまいだ。両手を頭の後ろで組め。さっきと正反対で、オナニーをやめたくなくて。と口走ってしまいそうでしたが、私の手は町田先生に言われた通り動きます。

 

ペニスをひくつかせる

先生はカメラを菜穂さんに渡して言いました。千寿先生のロストバージンを撮影してくれ。せんせえが女の子になるトコ、撮ってあげますね。…やめて…ひど過ぎます。オナニーショウで壮絶な絶頂を3回も晒してしまった直後の私は、かす。れる声でそう呟くのがやっとでした。でも男の人を迎え入れる態勢は少しも崩せず、床にはもう大きな水たまりが出来ています。体の方はそう言ってねえみたいだぜ。ほうら。

お尻の中をキレイに掃除して差し上げましょう

ああっ!あ、あふうんっっ!!町田先生が男性自身を手で握り締め、開いたキノコの傘の部分で剥け上がった股間の肉豆をグリグリと擦って来ると、嫌らし過ぎる鼻声が洩れてしまう私の体は強烈な興奮でざわめいて、淫らな血が沸騰するような思いになりました。もう降参です。私はまだ処女なのに、狂ってしまった体が猛烈に町田先生を欲しがってしまっているのでした。正ちゃんにあげるつもりだったのに。もう、死んでしまいたい。彼の顔を思い浮かべて自制しようとしても無駄でした。ビデオカメラの前だと言うのに、私は町田先生に進んで体を開き、バージンを捧げてしまうんです。

投稿日:

そんなものだ猛烈に激しいセックスをすればいいというモノでもない

膣のなかに人差し指を入れてみた

それは子宮を貫かれるかと思うほど
守は真子のなかに肉棒を突き入れたくちゅっという粘気のある淫らな音が響く

ビデオ画面や恭子さんから目を反らしてはいけないと言う命令に従って、二人ともカッと目を見開きこちらを凝視しているようだった。心配いりませんよ、皆さんが大人しく私達の言う事を聞いて下さればね。暴力なんか使わず、話し合いでいきましょう。後で、ゆっくりと、ね。お、お願いです!もう、やめて下さい。ああ、もう、何をやめるのですか?ハッキリおっしゃって下さい。
そして立ち上がると手早く自分も下半身裸になり

普段は下着のモデルなどやったことがないのだ

もうっ!お、お乳を弄らないで下さいまし…。もしかして、気をおやりになりたいのですか?そんな!ああ…ダメ。モリオ君、耳を吸ってあげなさいよ。恭子さん、そこが弱いんだから。はぁあくっつー!女性なのに身長170センチある私より背が高い恭子さんには不釣り合いな程豊かな胸の膨らみをゆっくり揉みしだいていると、プリプリの弾力がどんどん強靱になっていくのが嬉しく、キュッと指股に挟んだ乳首をクリックリッと捻る度に、ヒッ!ヒッ!と感じ入った嬌声が洩れる。

亀頭に卑猥な感触を与えた

ビデオの中でもたんまりレズって彼女の性感帯を知ってしまった姉さんのアドバイスで、私が恭子さんの貝殻のような形良い耳を口で吸うと、もう長くは保ちそうにない感極まったよがり声が上がった。11カれかわいらしいけど嫌らしい声だな。姉さんはもっと凄いけど私はつい、実の姉である久美姉さんが夜に聞かせる大音量のよがり声と比較してしまう。この頃は肌を合わせる事もほとんどなくなってしまった。が、幼い頃から実質的な母親代わりとして私の世話をしてくれた姉さんは私の初めての女性であり、つい最近形だけの結婚をすませた妻と、それしか女性経験は私にはない。その、地元企業の社長令嬢との結婚を強く勧めて来た父親も、母とは子孫を残すためだけのような関係で、他に多くの女性と通じていたようだが、細川家の嫡男として正妻以外に多くの女性を囲い情を通じて養ってやるのは当然だと、私も教えられて来た。
クリトリスが熱を持っているようで

大陰唇にはほとんど恥毛が生えていない鮮紅色の亀裂はザックリと裂傷を負ったような印

父からすれば、そんな妾腹の娘をわざわざ専用の。として当てがわれながら、彼女以外の女性に手を出そうとしない私が、むしろ不満なようだ。父の誤算は、私と久美姉さんがあまりにも仲が良く、結婚出来る筈がない姉さんをいつしか私は一人の女として愛してしまっていた事。正直な所、自分が高校時代に当時大学生だった姉さんに男にして貰ってから、他の女性を抱くなんて不道徳だと思い、父の江戸時代の大名のような古い感覚にはとてもついていけないと、反発を覚えたものだ。だが、形式だけ家柄の釣り合う女性と入籍し、本当に愛する女性は姉さんだけでいい、と思っていた私に大きな転機が訪れたのは、恭子さんとの出会いだった。細川病院に新人ナースとして配属されて来た恭子さんを初めて見た瞬間、私の頭に電流が流れたような気がして、この世にこんな美しい女性がいたのか、と本気で思った。

あれほど猛り狂っていた肉棒も萎みつつある
乳首を撫でまわしてくる

乳首が羞ずかしいくらいにピーンと上を向いてそそり立って行きました

肉棒がグッと上を向く反応を見せた小柄でぼっちゃりした姉さんしか女性を好きになった事がなかったのに、神様の悪戯だろうか、長身でモデとはル体型と言う正反対の容姿をした恭子さんに、完璧な一目惚れをしてしまったのである。ナースとしての仕事ぶりも有能で、明るく性格も申し分ない恭子さんへの想いは、その後も募るばかり。そして私の気持ちを決定付けたのは、看護師長として恭子さんと一緒に働いていた姉さんの態度であった。その頃既に親から結婚相手を押し付けられようとしていた私は、恭子さんへの想いを正直に姉さんに伝え、彼女と結婚したいと訴えて意見を求めたのだ。自惚れかも知れないが、一生愛人として私に尽くす覚悟を打ち明けてくれていた姉さんだから、私が恋愛感情を持った女性と結婚する事にきっと難色を示すだろうと思っていたのだが、姉さんは少しだけ躊躇ってから賛成してくれた。
佐伯との倒錯したプレイを想像しただけで膣の奥からどんどん蜜が湧いてくる

がり勉だけどねちねちしたエッチをしそうな雅之くん

その時姉さんに言われた言葉はまだ良く覚えている。モリオ君だって、自由に女の人を好きになっていいんだよ。自由。と言う言葉に、私は強い憧れを持っていた事を否定出来ない。物心付いた頃から何不自由のない贅沢な暮らしだった私だが、世間一般の子供達と違い、だけは全くなかった。小学校時代から学校に行っても放課後はすぐに送迎のリムジンで帰宅させられ、勉学に励むのが学生の本分だと厳しく躾けられて普通の子供達との交友関係は皆無だった。

投稿日:

アナルストッパーが

エレクトしているペニスを疼かせた

亀頭から逃れようと身体をよじるオトコは誠実そうな態度のまま、硬い表情になった。あ、申し遅れました。私、ラブ·マタニティ·クリニックの検査技師、木です。桜自分の通うクリニックの名前を出されて、のだ。あら、病院の方だったの。ごめんなさい。香奈は、あっけなく了解した。自宅にいつの間にか、人が入っている。それなりに不安を感じていた香奈も、一気に安心だ。
右指で股間の鋭敏な尖りをそっと撫であげる心地いい甘美な電流が背筋を走り抜けた瞬間

下半身には目もくれず

だって、悪い人じゃなさそうだったけど、病院の人なら、安心よね、安心?あれ?何で病院の人が?ひげ面でもなければ、バールのようなモノも持ってない。おまけに黒い鞄は持っていても、唐草模様の風呂敷も持ってないんだかそれなりに不安はあっら、泥棒さんじゃない、たのだ。と決めつけていた香奈も、ところが相手がかかりつけの病院の人だってこと。それならもう安心だ。と香奈は思ったのだ。言われてみれば、いかにも医者が持っていそうな大きなバッグだ。膣口表面に覗けてギザギザして見える

ペニスも睾丸もね


あら?でも、今日はいったい何か?定期検診なら昨日行ったはずだったのに。ひょっとして、忘れ物でも届けてくれたのかと、自分がしてそうな忘れ物を、思い出そうとしてしまう。あら?でも、この人、事務の人じゃないし。改めて男を見ると、見覚えがない。香奈は、のんびり屋ではあるが、こう見えても、記憶力は確かなのだ。しかし、この男を見た記憶がなかった。ひとつ、首をかしげる香奈。
アナルストッパーが

さらに武志はバストを口で愛撫しながら

お尻の穴が
あれ?お医者様じゃないし、事務の人でも見たことないし…。医師でもなく、桜木と名乗る男は。ケンサギシ。ケンサギシ。と名乗っていた。香奈が、自問を続ける前に、桜木は、ひょいっと、言葉を出してくる。先日、来院なさいましたよね。え、ええ。そちらで、お小水を検査なさいましたね。何で、そんなことを知っているのか、と一瞬思ったが、ここで、ケンサなんとか。と名乗ったことを思い出したのだ。ああ、ケ。
いまにも達しそうな声をあげて身悶える須賀は片方の手で乳房を揉むと同時に指先で硬く

ローションを取り上げます

サなんとかって、あの、検査する人のコトね。相手が相手がさっき言ったこともハッキリ覚えていられないボケようであるが頭は悪くないのである。ケンサという言葉が、ようやく頭の中で。と変換された。大変申し訳ないのですが、その時の手落ちがございまして。桜木が頭を下げつつ、すまなそうに切り出してきた。
子宮がしきりに訴えていたのだ

イラマチオで口を塞いでやっているのだが

セックスしてますよ
え?な、なにか?!えぇっと、その時、お小水のことは医師から何も?順調ですって。やっぱり。相手が深刻そうな顔をするから、何かあったんですか。思わず、香奈は引き込まれた。検診で異常を言われたことはない。いくら香奈でも、自分のことならともかく、お腹の子どものことは、なによりも心配して当然だった。いえね、実は、インフルエンザがですね。あら、怖い。インフルエンザが、どうしたんですか?えっと、お小水を調べた結果、奥様は、と言うか、お子さんがインフルエンザに感染している疑いがあるのを、見逃しておりまして。今度の、フルエンザは、特異的に妊婦の死亡リスクがハイである。

投稿日:

フェラをしてしまう姿だ

美冴緒のCカップの美乳をむんずとつかむと

肉棒は先へ向けて充血の度合いを高めるしかない
チンチンを舐めるなんてこともできて

の常識外れの金額に驚いた。一仕事を終えた報酬金と遜色がないではないか。これはよほど都合の悪い依頼をするつもりやなボンは絶対に俺が同意しそうにない類の女を調教させるつもりなのだろうと、すぐにピンと来た。麻里にたぶらかされて娘の中学生ありささんをレイプしてしまったものの、未成年の少女や人妻と言った人道にもとる女性には一切手を付けないのが俺の主義であり、先代も同じ感覚を共有する。同士だった。守男は父親からそういう女に関する一種の帝王学も教育されている筈だ。俺がこんな大金を受け取ってしまったら、主義に反する仕事でも受けざるを得ないだろうと、ボンは考えたのだろう。
ペニスの形をしたストッパーを

尻を襲った

金にモノを言わせるとは、やはり人格者だった先代に比べて守男の器の小ささを物語っていると思われたが、こんな大金をみすみす断ってしまう程、俺も道徳家ではない。そして、微妙な空気を読んだ久美が高額の。お車代。を俺がすんなり受け取った事に安心した様子で、ソファの前にしゃがみ込み股を開いて艶めかしいムチムチの太股を晒しながらステテコをずらし始めると、俺のムスコは年甲斐もなく強烈に勃起して少し痛みすら覚えた。プルンと勢いよく飛び出した肉棒に、久美の生白く柔らかい手がソッと被せられる。凄く固くて、熱い…ご奉仕させて頂いて。ああ、素敵ですわ、羽黒様。もよろしゅうございますか?

バイブもグッと良くなって私はもう夢見心地でしたが

ついでにオメェの大好きなオナニーをしながら、しゃぶっ。好きにせえてみい。そんな、恥ずかしいですわ。それに…モリオ君。なあボン。姉ちゃんに自分の指でマンコを弄らせたっても構へんやろ~本番させろとは言わんさかい。ご自由に。そうだ、麻里さんもオナニーしてみましょう。お乳を揉みアソコを弄って、気をやるのです。
右指で股間の鋭敏な尖りをそっと撫であげる心地いい甘美な電流が背筋を走り抜けた瞬間

乳首をツンと硬くとがらせている

そしたら、一緒に出してあげましょう。ボンらに負けんように、やってえな。よっしゃ久美。嬉しい!で、では、久美はオナニーしながら、ご奉仕させて頂きます。どうかよろしくお願い致します。馬鹿丁寧な久美の言葉遣いは滑稽に思われるかも知れないが、彼女は調教する前からとても礼儀正しく、すっかり淫乱な体に開発してやった後でも、その上品な態度は変わる事がなかったのだ。妾腹とは言え、世が世なら俺など面会も叶わないであろう、上流階級の旧家の血筋を引く女は違うのだろうかと、俺は感心している。同じ中年女でも麻里とはえらい違いであるが、共通するのは男好きでひどく貪欲な嫌らしい肉体を持っている事だ。

美少女のやわらかな唇を奪う
裸の尻が露出した

脱いだ下着は

乳首はもうこんなにでかくなってるんだ一応守男の前で操を立てるつもりかマンコ弄りにためらいを見せたのが久美らしい所だが、よほど体を悶々と疼かせていたのか、満面の笑顔でオナニーしながらの口唇奉仕を喜んで見せる中年女は何とも愛おしく思えた。俺は調子に乗ってフェティッシュな要求まで繰り出す。ええか久美、下着を着けたままオナるんや。み付いた下着を後で貰うたるさかいなオメエの嫌らしい匂いが染汚いです。構へん。遠慮せんと、そんな、構へん、べっちよりマン汁を出したらええんや。それとも、オメエのパンツはもうビチョビチョなんか?
膣痙攣よ

熟女の花弁へと貪りついていった

ああ、はい…恥ずかしいです!ではわての言う通りにせえ。パンツの中に手ぇ入れて、前の穴に指二本入れぇ。ああつー気持ちいいです。弟の前で、そないに感じるんか。はしたない女やな。イジワルウ!おケツの穴にも指入れや。そ、それは…。何をためろうとるんや。第二関節までズッポリとやで。

投稿日:

右指で股間の鋭敏な尖りをそっと撫であげる心地いい甘美な電流が背筋を走り抜けた瞬間

お尻も使っていいのかい

愛撫のプロローグで
孝太郎も子宮の結合部から卑猥な粘着音が轟き

取材がいくつも重なっ節電対策に関する広報活動について資料をまとめてもらいたいと広報課にも要めずらしく、ているようで、請がきていた。朝吹さん、記者クラブに行く用事あったよね。で届けてあげて。ついでにこれ日東新報の高坂さんのところま。え…、はいわかりました。同僚からまとめた資料を受け取ると記者クラブのある三階へと急ぐ。どういう顔をして会えばいいのかわからないままクラブの部屋に足を踏み入れた。
チンポはもういい

奴隷なわみとして仕事をすることになってしまうのです

部屋には数人の記者がいてなにやら雑談をしていたが、高坂は一人、奥の自分の席に座っていた。黒のジャケットが椅子の背にかかっていて、高坂は白いシャツ姿でほかの部署からもらった資料を熱心に読んでいるよう六--六。高坂さん。節電関連の資料できあがりました。緊張しながらなるべく目をあわせないよう話しかけると、高坂はチラリと見て。ありがとうございます。助かります。と一言言って受け取っただけで、すぐに読んでいた資料にもどってしまった。

痴漢の指にトチ狂い体をすり寄せよがりまくってイッテしまった私の狂態は

では失礼します。そう言ってその場を離れると、全身の力を抜き、安堵した。やっぱりあのことは夢だったのよ。自分も少しビールを付きあったし酔っていたのかもしれない。自分の気持ちをようやく整理できたと思い安心して部屋をでたところで。ああ、ちょっと。後ろから声がした。高坂が渡したばかりの資料を手にして追いかけてくる。ちょっとここなんですけど手にした資料を指差しながらいくつか質問をしてくる。
チンポは少し固く

チンポの肉快感は悦びではあるが

答えようとするのだが高坂はスタスタと廊下を奥へと歩いて行ってしまう。しかたなく一つ一つ質問に答えながら並んでついていき、いくつか角を曲がると、めったに人の来ることのない薄暗い廊下に出た。大きな会議がぁるときにしか利用しない広い部屋が二つ並んでいて、さらに奥にはトイレがあるのみだった。こっちへ来て。腕をつかまれだれもいないトイレへと連れ込まれた。節電のため電気も点いておらず昼にもかかわらず廊下もトイレもかなり暗い。

太いバイブをあそこに突っこまれて
クリトリスはまだ肉の鞘にしっかりと包まれて

尻じゃないだろ

俺のことを痴漢でも見る目で見たよな抗議する間もなく個室へと入れられる。ちょっとなにを…。言いかけて高坂の顔を見る。腕をつかまれたまま上から見下ろされるかたちで涼子は高坂のまなざしを受けた。暗い中、眼鏡のレンズが光り、その奥から突き刺すような視線が涼子を捉えていた。途端に強ばらせていた体の力が抜けていく。左の耳元に近づいた高坂は小さくつぶ。本当の自分の姿をわからせてあげるよ。ギクリとして左へと顔を向ける。
やがてセックスレスの状態になった

処女だったし

すでに全身汗みどろになっていた。舌を出せ。いきなり命令口調だった。ああこのあいだより強い高坂の口調が涼子を呪縛したかのように、なんの抵抗もせずゆっくりと舌を出してしまう。もっと出さないとだめじゃないか。まだわからないのかい。言われるままに大きく口を開いて目一杯舌を出しきる。指が伸びてきて、前と同じように舌に触れる。

投稿日:

男根奉仕に精を出している

クリトリス包皮をめくられる真澄の顔が引き攣る

ツンと尖った乳首にこそ
ペニスとなっている

またしても拍手が起こり、スポットライトの輪が五つ、らし出した。それでは、というリサの言葉を合図にして、ステージに吊された五つの女体をまばゆく!向かって一番左側、ひとりだけ全裸の女は米倉の妻美樹だった。ほう、と無意識のうちに声を出して米倉は言った。もちろん聞かされてもいなかったが、いちいち企画をしている寒河江にしろ美樹本人にしろ米倉に言ってくるというものでもないのは、まった事ではない。今に始二番目が迷彩色の軍服上下を身につけた麻美。
尻をあげると

オーガズムを求めてうねる

三番目の娘は入って間もない娘で若手のハンターが連れて来たまだ十七だかの現役高校生。米倉はまだヌードも見ていないのでこれも楽しみだ。スポットライトの中で多分学校の制服そのまま、濃紺のブレザーに襞スカートという清楚な服装、それに五人の中で唯一赤色の布で目隠しをされていた。四番目が白のセーラー服に紺色のリボンとスカートをつけた乃里子、最後が上半身裸で股間につけさせられている赤いふんどしがライトアップでやたらと目立つ、例の元人妻加奈だった。くく全員同じように両手を頭上高く括られ、ていた。

淫楽の熱波が子宮の奥へ螺旋状に注ぎ込まれていく

ほとんど爪先立ち状態で吊され数分間の後、スポットライトは突然に消えてステージは暗転し、またリサの声だけが聞こえてくる。それでは最初に入札までの流れをご説明します。これからひとりずつ奴隷たちをみなさまに検分していただくわけですが、女の体は、若いお嬢ちゃんは特にですが、こういった刺激的な環境におりますと変化の激しいものです。ひとりずつ、身長体重はもとより、スリーサイズ、特にバストはトップとアンダーも計ってブラジャーをつけさせた場合にどんなサイズになるのかという計測をして本日の生のプロフィールを、その他の経歴や経験値などとともに皆様にお知らせいたします。その後、ひとりずつ性器検査台にて性器と肛門をお見せします。
ペニスをつまみ

奴隷としての適当な罪が押しつけられ

お見せしますと申しますか、ご希望される方はステージ上で指などで検分していただくことも可能です。もちろんおっぱいの弾力などを調べたりしていただいても結構ですが、時間の都合もございますので、ステージに上がれるのはおひとり1回までとさせていただきます。なお、当クラブを普段ご利用いただく時と同様、奴隷全員の身分証明書もお見せいたしますし、デジタルカメラであれば写真も撮っていただいてかまいません。ただ、その場合必ずお帰りになる前に撮影されたデータのコピーを頂戴いたします。万一撮影された写真が一枚でも流出した場合は、会員資格は即抹消、かつ違約金を頂戴することはご入会時の契約だも書いてある通りですのでご留意下さい。

亀頭が子宮口に揺さぶりをかけていた
真菜の股間にしゃがみ込み

膣に中指を全て入れて第二関節を曲げてあたる膣のE部周辺に存在するコイン程度の範囲

ローションの意味がなくなる程でしたさら奴隷たちは、会員には本名はもとよりあらゆるデータを晒され、フラッシュを焚かれ目をそらす事さえ許されない状況であらゆる恥ずかしくて参めな記録をも残される。ただしそういった本人情報やその撮影された写真が会員から漏れた時にはリサが今言ったような、違約金程度で済まないことは言うをまたないが、現在までのところこういったショーや普段のプレーの時に会員が撮影した写真が外部に漏れたという事実はない。デジタルカメラが急速に普及してきたおかげで、簡単に撮影したデータそのものをパソコンのハードディスクにコピーしてデータベース化することができるようになり、万一流出があった時にはその元データを誰が撮影して持ち帰ったのかはすぐにわかる。またこういったデータベースや会員の個人情報などは、USB指紋認証装置のついたスタ。ドアローンのワークステーショ。で管理しており、組織の側からの機密漏洩の危険性もない。
乳首ギリギ切なさと

ペニスをギュッと握りしめた

五名の生の体を充分検査していただいたところで、最後に競りにかけるわけですが、ひとりずつ競っていくわけではなく、後ほどお配りする用紙に奴隷全員の金額を入れて提出していただきます。食指が動かない子にはゼロ円で出していただいて構いませんし、参加される意志のない方は全員にゼロと書いて出していただいて構いません。なお参考までに後ほど過去二回の落札価格などもお知らせいたします。それでは早速はじめさせていた。だきます。リサの言葉を合図にステージ全体に灯りがいきわたり、吊された五人の前ど真ん中にリサが性器検査台と呼んだ赤い開脚椅子、右はじの加奈の横には身長と体重を計るための台が置かれ、その前にメジャーを持った赤いチャイナドレスのリサが進み出る。ステージ上は赤い色をアクセントとして統一しているといえる。

投稿日:

オマンコを被せていくわよ

下着に包まれた淫らで豊満なカラダを隠していようとは

太い腕が、見事なパワーを発揮していた。電流に合わせてケイレンする不気味な振動が、手にした姿見越しに伝わってくる。ほら、よっ。どさりと、家元の身体が転がる。家元の手から、黒ずんだ血が噴き出している。もちろん、リキが知るはずもないが、家元が着ているのは辻が花だ。その、超高級な着物の袖を、遠慮無く破くと、血まみれの両にグルリと巻き付けてやった。

  • 同時にまるで男の愛撫を受け入れるかのような色っぽい反応を示す
  • ペニスの快感が研ぎすまされていく
  • 下着も脱げ

それよりも何かの弾みでクリが刺激されて気持ちいい事を発見してオナニーするようになおそらくは、世界で最も高価な。を巻き付けられた、家元は、感謝をするどころか、苦痛にのたうつだけだった。さてと、どうせ、客のリストは、オマエしか持ってないんだろ。出してもらおうか。…あら、やだ、私が、リストなんてものを管理するわけ無いじゃない。総ちゃんがやっているわ。いや、それはウソだ。オマエは、自分しか信用してないはずだ。ホームページの写真なら部下にやらせるかも知れないが、客の情報は、オマエにとって大事らしいからな。アキのアソコに指を二

 

人差し指と中指の付け根で乳首をつまむようにしながら

知らないわ。ふん、あの釘、まだ、電気が流れているみたいだな。え、きゃ、やめなさいよ、ちょっと。さ、あそこに投げ落とされたいか?それとも、足を持って、顔から落としてやろうか?ちょっと、あんた、刑事でしょ。刑事が拷問をするつもりなの。刑事?なんのことだ?女房を、散々オモチャにされた、哀れな亭主なら、ここにいるがね。さ次は、電流が流れ放題だ。オマエが死ぬか、電源がショートしていかれるか。
白い下着を扱き降ろすと
三人は同時に芙蓉子の下半身をのぞきこんだ
ま、設備がチャチだと良いな。きゃあ!いやーやめて、話すから!話せばいいでしょ!いや、話してくれない方がおもしろいぞ。どうせ、ブツはここにあるんだ。オカマに電気とは相性が良い。オマエが電気ガマになっている間、ゆっくりと探させてもらうよ。リキは、軽々と、家元の背中と腰を支えて、頭の上に持ち上げている。ヘタに身をよじれば絨毯の上に落ちてしまう恐怖が、家元の身体を硬直させている。

 

M字開脚に緊縛されて愛液を垂れ流し

やめて、お願い。お願いよ、話します、話させてくださいね、女達の催眠を解く、キーワドも話しますから、お願い!催眠を解く?そう、女達には、催眠を施してあるの、ね、それを解くから。ね、だから、降ろしてよね、お願い、女達の催眠を解きますから。鼻で拒絶したリキではあるが、しかし、家元を頭上に持ち上げたまま、その腕は、ピタリと止まったまま、思案の顔になる。天守閣の窓から見える、塀の向こうの世界。リキにとっては見慣れた赤色灯の点滅が、見たこともないほど無数に、門の外を埋め尽くしているのが目に入っていたのだ。山鹿逮捕カンカンに怒った山鹿が、次々と連れ出される男達をかき分けるように入ってきた。

クリトリスから生まれる愉悦だけでなく

実は、次々と。から連れ出される男達を見て、一瞬、山鹿もひるんだのだのだ。だが、内心ビクビクしながら、しばらく見つめていたが、家元も、緒方も、松本も、誰一人知った顔は出てこない。なるほど。さすがだな。ちゃんと、上の連中は逃げたと見える。ということは、証拠は、ちゃんと隠してあるに違いない。ま、今からでも、握りつぶしてやれば、また、連中に顔が利くぞ。

投稿日:

股間の付け根や太ももなど

下手をすれば怒り出しかねないととあきらニヤリと口元をゆがめてからピストンを一気に

乳首がある自制のきかない力でつぶされた胸全体が、官能の凝集体と化して、理紗を頂点へ押し上げる。んんむぅぅっ!理紗は亀頭を吐き出した。大きく開いた口から精液をまきちらして、を後ろへのけぞらせる。んんんんんおおおああっー頭狭い室内に、絶頂の叫びが反響する。ああ…肺から空気をすべて絞り出し、声を消失させて、理紗は前へ倒れた。の前にあるものがなにかも忘れ、喜四郎の丸い腹に顔を埋めた。
おそらく金を払ってもこれだけの奴隷は簡単に見つからないだろう

順平は股間を両手で隠し

目膝立ちの尻が痙攣して、股間から透明な愛液がしぶく。つも散乱し、艶めかしい芳香を昇らせる。はああうっし床に水滴がいく絶頂の余韻にたゆたう理紗の身体が持ち上げられた。汗と愛液と精液をばらまいて、背中からベッドの上に落とされる。見上げる視界を、喜四郎の裸身が占めた。その中心では、淫欲と精力をみなぎらせた肉棒がそびえている。大量の射精を同僚女教師の口に注ぎこんだばかりだというのに、衰えるどころかさらに膨張しているようだ。調教を進める事が出来た

挿入させて楽しもうって寸法ね


あ、な、なにを?フェラチオだけですむなんて、思っているのか。これからが本番だ。やっ、いやああつし喜四郎の手で左右に割られた太腿の間に、理紗の唾液にまみれた亀頭が侵入してくる。官能を極め、愛液をまだたれ流している膣口へ、男の肉塊が強引に押しこまれた。あひぃぃぃぃっし理紗は背中を弓なりにそらせて、何度も声を放った。裸体をからませる二人は、知らなかった。理紗が喜四郎に手を引かれて、グリーン車に乗ったときに、二人をよく知る人物が同じホームにやってきたことをドアが閉まり、今しも動きだそうとするグリーン車の中を、白いワンピースを着た少女が窓から見つめた。
フェラをしてしまう姿だ

股間が膨らんだのを見逃さなかった

須賀が舌を入れようとすると下腹部にグイグイとペニスを押しつける須賀に興奮を煽られ
少女の頭の中を、車体に跳びっいて発車を無理やりに妨害するという考えもよぎったが、躊躇している間に列車が動いてしまった。スピードを増し、離れていく列車を見送って、少女はホームに立ちつくす。愛らしい顔を、怒りに引きつらせ、疑念に青ざめさせて。許さない。絶対に問いただしてやるわ。桐野泉美は決意を口にした。女生徒も乗車する。桐野泉美は携帯に表示した地図で確認して、目的の家の前に立った。
股間からは白いものがどくりという音がするかのように溢れ出した

射精したのに変わリはな.それなのに

驚いた。柳沢先生の家って、こんなに立派なのね。泉美の前に建つのは、歴史を感じさせる日本家屋だ。黒い板塀で敷地の四方をかこまれているので、はっきりと見えるのは玄関周辺だけだがどっしりとした重厚な造りは、かなりの年月と建築費を想像させる。泉美の父親も会社を経営する資産家で、自宅も大きな屋敷だ。しかし泉美が生まれる直前に建てた洋風の家で、柳沢家が持つ時間に磨かれた風格にはとてもおよばないと思わせる。
男根奉仕に精を出している

男には見えた彼女はフェラチオをやめようとしなかった

乳首出しのブラで興奮してるのね
柳沢先生は独身で、一人暮らしだと聞いてるけど、怖い使用人が出てきそうな雰囲気ね。たとえ使用人や用心棒や大きな番犬に出迎えられても、泉美の堅固な使命感に裏打ちされた決意は変わらない。塀からつづく敷石を踏んで玄関に着くと、呼び鈴を押した。インターホンはないが、庇から監視カメラが下がっているから、訪問者が生徒だとわかるだろう。ひさし今は、月曜日の午後七時過ぎ泉美は昨日の日曜日の朝に、用事で出かけた酉岡駅の構内で、白木先生と柳沢先生がなかよくグリーン車に乗るところを目撃した。

投稿日:

佐伯との倒錯したプレイを想像しただけで膣の奥からどんどん蜜が湧いてくる

股間にフィットした貞操帯の内側の

セックスができて
ペニスの扱い方が上手であった

あんたの後輩の子も気持ちよくくなっちやってすごかったんだから。もう、クリトリスをヒクヒクさせてイキまくってオシッコ噴いてお乳も噴いて。うふふっ。そうなるまでは、めっちゃ抵抗して手こずらせてくれたけどね。そういや、マン毛剃ってやるんじゃなかったか。見覚えのある子分が言った。確か最初に肉棒を突き立ててきた男だ。やっちゃおうか。
やがてセックスレスの状態になった

奴隷人形俺の中で真里菜に対する独占欲はどんどん増す

あんたちょっと保健室にそうだったわね。行ってシェーバー借りて来て。美由紀がクスッと笑った。ああ、よし、丁度いい暇つぶしが出来たとばかりに。下っ端らしき男子生徒が校舎の中に戻って行く。な、何の話なの。不穏な空気に真澄が青ざめた。あんたのマンコの毛をツルツルにしてやろうって話さ。あたしが綺麗にお手入れしてあげるわ。

俺は思わず愛華に挿入しつつも真琴のマムコに指を挿入した

と付け加えた。美由紀は男麻里を振り向いて馬鹿なことを言わないで!叫びながら逃げ出す真澄だが、面白いから見ていけば。ば、そんな動きはお見通しとばかりに先回りした男子生徒にあっさり捕まってしまった。そこに連れ込んで美由紀が玄関脇の植え込みにあごをしゃくる。ひぃぃっ!豊満な女体が二人がかりで抱えられ、がら引きずり込まれていく。また気持ちよくしてあげるね。やめなさいっ!触らないでっ!ムッチリと太い脚をばたつかせなスカートの裾を押さえようと伸ばした腕をつかまれ、引っ張られた。
乳首の陰影が浮かんでいることに気付いた

裸の下半身をすりむいた

大きな乳房がシャツの下で揺れ動く。剥いちゃえ、剥いちゃえ。マンコ出しちゃえ。子分の一人に思い切りスカートを捲り上げられた。駄目っ!駄目っ!ほら、ちゃんと押さえなさいよ。一旦は身を起こしかけたが、倒された。フォールされた体勢だ。すぐに別の男子生徒が覆い被さってきて押。ああっ!やめてぇっ!男子生徒の陰になった下半身の状態は見えなくても、下着に手をかけられたことは分かった。

彼女のオマンコは絶品ですよ
お尻を突き出すようにして立っていました

拘束を解いていく

股間にようやく血が集まり始めムクムクと臨戦態勢が整いつつあったのである真澄が叫びながら力任せに男子生徒の背中を叩く。駄目えっ!破けたバンストを、先を争うようにむしり取られる。どんなに手を伸ばしても、下半身に届かないもどかしさ。男麻里が太腿のお肉を波打たせながら恥部を露出させられていく真澄の様子を、無言で見下ろして立っていた。やめなさいっ!あぁっし不意にきゅっと陰裂が圧迫された感覚美由紀に下着を引っ張られて思い切り食い込まされたのだ。
乳首の陰影が浮かんでいることに気付いた

セックスで悶え狂う実の母親を

そんな事をされたらどう見えるか、分からない真澄ではない。あひつーや、やめてっ!呆れたワレメお化けだな。一斉に笑い声が上がった。これだけでオカズになりそうだぜ。ひいつ、放してっ!脚をジタバタもがかせればその分だけ下着が陰裂に食い込む。女の子だよねぇ。美由紀が意地悪く何度も下着を引っ張る。嫌あっ!